井戸まさえの記事一覧

まずは日本人の数を勘定しよう 〜 無戸籍推進法ができる?

法務省が親子法制研究会で配布した「推定制度に関する論点について」の内容に驚愕する。今更、300日残すの前提?よくこんな中身を出せるな。マジで無戸籍増えるよ(笑)移民法議論でも数字の杜撰さが話題だが、そもそも日本人の数すらきちんと把握できない国だからね。移民入れる前に自国民勘定してみろよ、と言いたい。法務省と法務大臣には、年明けに出す予定の「無戸籍練習問題」がこの改正によって解けるか、やってもらいた...

2018年12月05日 20:30

差別入試をした医学部と、文科省がやるべきこと 東京医大に組しても差別はなくならない

東京医大からの「入学意向確認書」が届いたと女性受験者・多浪生の男性受験者たちから連絡があった。差別的な点数操作により29年度、30年度の両方で不合格となっていた事実。もし今年、この問題が明らかになって...

2018年11月10日 15:16

意外にある 片山大臣書籍看板類似ケース

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann…片山さつき氏の看板疑惑。実は、政治業界では各種選挙の立候補予定者が選挙の直前に「書籍の宣伝」としての駅のホームか...

2018年11月09日 18:51

「対話」は生まれない 松浦氏の小論

「WiLL 2018年12月号」の松浦大悟氏の小論。民法の成り立ちに対する不見識に驚く。民法は多様な家族のありようを十分に体現するものではない。日本の特異な養子制度に関しても、成人養子制度の有り様も含...

2018年10月29日 07:34

不思議すぎる無戸籍者解消「有識者会議」

10月18日、無戸籍者解消を目指し、民法改正を視野に「有識者会議」の第一回会合が行われた。不思議なのは、ここに、無戸籍当事者の実情を知っている人が誰一人入っていない、ということだ。無戸籍にはさまざまな...

2018年10月20日 11:40

実年齢より若い役を演じる、ということ

「万引き家族」の安藤サクラ氏の演技力の高さに感服した。私と友人は、上映後しばらく、会う度にサクラ氏のマネをした。片手の指の間を広げて涙を拭う、あのシーンだ。私のモノマネは友人の足許にも及ばなかった。全...

2018年10月11日 15:19

「半分、青い。」終了で‘ほっとする’人々

「半分、青い。」が(ようやく)終わる。もはや、痛々しくて見ていられない。いや、だからこそ見続けている、ともいえる。ある意味、最後まで見届けることが自分の使命とさえ思うというのは、まるで「ケア」の視点、...

2018年09月27日 10:32

「半分、青い。」と震災

「半分、青い。」逃げたな、と思う。視聴者の多くはあの震災を経験している。だからこそ、少なくとも、言葉にリアリティが必要だというのに、この臨場感のなさはなんだ。「仙台」と出てくる度に、故郷がこの素っ頓狂...

2018年09月24日 10:23

「新潮45」が二度目の大炎上で大きく失ったもの

「新潮45」が二度目の大炎上で大きく失ったもの と題した小論を現代ビジネスに寄稿しました。新潮社は雑誌が完売するまでなんら対応せず、4日後の金曜日になって声明を出した。3連休前に、というのも姑息さを感...

2018年09月22日 13:17

ナオミとセリーナが示したもの

テニスの全米オープン。大坂なおみ選手の勝利に心からお祝いを申し上げたい。大坂選手は日本人じゃない、という人は、自分を恥じるべきだ。血縁主義を取る日本において、彼女は日本人である。(今後国籍選択を迫られ...

2018年09月10日 18:35

文科省医学部調査「速報」はなぜ全貌を明かさない?

共同代表を務める「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」では、文科省の調査結果を踏まえて、以下のコメントを発表しました。近々、受験当事者、保護者、弁護士、そして支援者で集まり、さらなる対応を検討し...

2018年09月06日 09:13

どんな思いで・・東京医大不正受験 受験料振込票に込めた思い

facebook.com/kaese0802/ご連絡をいただいていた当事者の保護者の方から、お話をうかがいました。受験料の振込用紙をみて、新たに怒りが込み上げます。子どもががんばってきた日々、どんなに...

2018年08月24日 15:01

東京医大等不正入試が差別するもの〜ハリエット・ビーチャー・ストウから読み解く「劣化した優位」もしくは「女性差別」だけではない、マイノリティに対する「区別」について

今、全く別の原稿を書いていて、検索していたら2年程前に自分が書いたハリエット・ビーチャー・ストウの「アンクルトムの小屋」に関してのブログが出て来た。ここで言及しているのは「白人男性」が履いた「下駄」に...

2018年08月19日 13:51

東京医大はMMPI検査で何を調べたかったのか?~LGBTなど性的志向を問う検査を入試に使う理由とは?

東京医大の入試で行われていた「適性検査」、MMPI試験。「縁」とはこういうものなのだろうなと思うのだが、実は私は2012年、衆議院法務委員会にて地方公務員試験でMMPIが採用されていたことについて問題...

2018年08月17日 08:07

文科省 医学部の入学選抜関連調査の緩さ

昨日国会にて、共同代表をつとめる「東京医大等入試差別当事者と支援者の会」から文部科学省へ質問と要望を申し入れた。文科省からは資料として、各医学部学科を置く国公市立大学学長あてに「医学部医学科の入学者選...

2018年08月12日 16:24

女子減点

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180801-OYT1T50116.html…東京医大の「女子減点」。「女性である」というだけで、点数を下げられる。明治150...

2018年08月02日 14:37

同性婚を認めたら、次は親子婚 きょうだい婚容認だ!・・という方に対する答え

「同性婚を認めたら、次は親子婚 きょうだい婚容認を容認するのか」との質問に対する答えを書きました。自民党・杉田水脈衆議院議員が「新潮45」で展開した「多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよというこ...

2018年07月29日 22:13

杉田水脈氏のTwitterに思う

「お気の毒すぎる国会質問」「女としての落ち度〜「杉田水脈(的女性)論序の序の序」「BBC番組「日本の秘められた恥」を批判する愛国女性の正義感」とこれまで幾度か「杉田水脈(的女性)論」を書いて来た。今回...

2018年07月23日 06:54

「納采の儀」が持つ意味〜小室氏がフィアンセではない理由

宮内庁は米国フォーダム大学が「日本のプリンセス・マコのフィアンセが入学へ」とホームページに記載したことに対して、納采の儀が済んでいないためフィアンセではないと伝えることにしているという。https:/...

2018年07月19日 07:00

小説教室で学ぶ「美しい顔」

この春から子どもに付き合い小説教室に通っていることは既に書いた。先週は芥川賞にノミネートされた「美しい顔」(北条裕子著 講談社)が話題になった。小説の一部に既に出版された著作物の一部と酷似する部分があ...

2018年07月07日 16:22

いじめの構造

BBCでは、この映像も使われたのですね。 pic.twitter.com/xawijAuXHA— サチエ (@bettybeat) 2018年6月29日この動画を見るのがつらい。でも見なく...

2018年07月02日 09:55

女としての落ち度〜「杉田水脈(的女性)論」 序の序の序

「本来日本は、女性が大切にされ、世界で一番女性が輝いていた国だった」「男女平等は、絶対に実現しえない反道徳の妄想」「女性が輝けなくなったのは、冷戦後、男女共同参画の名の基、伝統や慣習を破壊するナンセン...

2018年07月01日 14:36

過去のワタクシに言ってやりたいこと

「博士論文を書くのに3年もいらんよなー」と思っていた過去のワタクシに言ってやりたい。「無理っっ!!!!」しかも、働きながらだからかなりつらい〜まず読むのが追いつかん泣 博士課程は授業がそもそも少...

2018年06月12日 00:00

是枝裕和監督の祝意辞退に対する批判への批判〜もはや「invisible」ですらない

「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞(パルムドール)を受賞した是枝裕和監督が、林芳正文部科学相が対面して祝意を伝えたい意向を国会で示したことに対し、「公権力とは距離を保つ」として祝意を辞退する考え...

2018年06月10日 11:24

死なないと問題が可視化しない国

多くの社会問題は「事件」にならなければ、極端に言えば「死ななければ」可視化されない。そうなる前にどんなに声をあげても、なかなか伝わらない。今日、NHKで放送された無戸籍者のケースは、行政の紹介によって...

2018年06月09日 07:04

「補助線」としての日本大学

安倍政権・霞が関・加計学園の三兄弟に共通するのは、ボスや組織の保身のためなら「平気でウソをつき」「それで何とかなると思っている」点である。 昨今、そうした業界にさっそうと登場した期待の新人が「日本大学...

2018年06月02日 10:54

是枝監督 パルムドール賞おめでとうございます!! 〜「巣鴨子ども置き去り事件」から30年に

是枝裕和監督の「万引き家族」がカンヌ映画祭パルムドール賞を受賞!昨年、この映画を作られている最もお忙しい時期にお時間をいただき対談をさせていただきました。「誰も知らない」と「無戸籍の日本人」の接点を語...

2018年05月20日 09:12

「俺様」を支える「男」という根拠

セクハラが顕在化した時に、訴えた人々を「縁遠い方々」つまりは「セクハラすににも値しない、対象外」=「女性としての価値がない」と蔑む態度は、ある種の男性に顕著に見られる行動傾向である。そこには、どう勘違...

2018年04月23日 15:21

シングルマザーの貧困と「裁判資源格差」

昨日、原稿を送ってホッとしていたら、編集者さんから「先ほどいただいたファイルが違うもののようです」(一応削除いたしますね)との返信。・・削除??なにかマズいものでも送ったか?はい、その通り。ぬわんと、...

2018年04月18日 08:23

芦屋市役所で「戸籍事務の民間委託」を実感する

「おはようございます。ただいまより窓口業務を開始いたします」朝9時きっかり。整然と並んだ職員たちは声を揃えてそう言っておじぎをする。まるで百貨店の開店時のようだが、ここは芦屋市役所市民課の窓口である。...

2018年04月10日 09:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。