細野豪志の記事一覧

政治の責任 ~ハンセン病~

本日、「ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律」が全会一致で成立した。法案成立に尽力された与野党議員の皆さんに心より敬意を表したい。長くなるが、法律の前文の一部を引用する。ハンセン病元患者家族等も、偏見と差別の中で、ハンセン病元患者との間で望んでいた家族関係を形成することが困難になる等長年にわたり多大の苦痛と苦難を強いられてきたにもかかわらず、その問題の重大性が認識されず、国会及び...

2019年11月15日 17:09

処理水について、決断の時は迫っている

東京電力福島第一原発に保管されている処理水の処理を巡って議論が活発になっている。処理水に関する責任の一端は、原発事故直後の責任者である私にもある。内閣改造や閣僚の交代などの政治状況を勘案して沈黙してき...

2019年10月29日 19:17

終戦の日に考える

終戦記念日の今日、地元の富士市で行われた戦没者追悼式に出席しました。8月6日から15日の間は、先の戦争について考える時期です。私はある時期から、「戦争責任者」と「国策の誤り」にこだわるようになりました...

2019年08月16日 08:55

れいわ新選組の躍進と有志連合について

■れいわ新選組の躍進について参議院選挙が終わり国会に戻ると、れいわ新選組(以下れいわと略す)を話題にする人が多く、そのインパクトの大きさを実感した。れいわを率いる山本太郎氏については、消費税に対するス...

2019年08月01日 19:16

私が野党共闘から距離を置いた理由

共産党から国民民主党まで揃って、安保法制廃止法案を提出。廃止すると、日米ガイドラインも、即時見直し。日米同盟の根幹が揺らぐ。残念だが、野党の現状が現れている。https://www.sankei.co...

2019年04月23日 16:38

なぜ「安全保障」の議論は一向に進まないのか ~三浦瑠麗さんとの対談②~

2019年1月、国際政治学者・三浦 瑠麗さんによる書籍・『21世紀の戦争と平和: 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』が発売されました。それに関連し、「安全保障」に関する三浦さんとの対談が実現致しま...

2019年03月18日 15:09

安保国会を懺悔する ~三浦瑠麗さんとの対談①~

 2019年1月、国際政治学者・三浦 瑠麗さんによる書籍・『21世紀の戦争と平和: 徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』が発売されました。それに関連し、「安全保障」に関する三浦さんとの対談...

2019年03月13日 17:33

志帥会入会にあたって

本日、志帥会に入会いたしました。この決断に至った経緯をご説明申し上げます。志帥会を束ねる二階俊博先生は、裾野市ご出身で旧静岡2区の代議士であり、狩野川台風発生時に建設大臣を務められた遠藤三郎先生の秘書...

2019年01月31日 18:57

無所属となって半年、政治家としての理念・政策を再確認する

■外国人労働者問題に正面から向き合う臨時国会では、外国人労働者の受け入れを巡る議論が本格化してきた。私自身も、大学や経済団体など、この問題について話す機会が増えてきた。国民の関心は非常に高い。先日、ブ...

2018年11月15日 16:39

『外国人労働者』を『人』として受け入れる~ただし、移民政策をヒューマニズムだけで語るべきでない

前回、前々回と、外国労働者政策の現状と今後について書いてきた。技能実習生の送り出し国に技術を移転することを建て前に掲げながら、労働者不足を補うために利用されてきた技能実習生制度は、明らかに限界が来てい...

2018年08月21日 11:48

技能実習生制度の問題点を克服する ~なぜ、失踪、犯罪が起こるのか~

技能実習生制度を巡っては、国際社会の厳しい目が注がれてきた。最も、具体的な指摘をしてきたのは、米国国務省の人身取引報告書だ。2016年まで繰り返されてきた指摘を引用する。「日本は、強制労働および性的搾...

2018年08月10日 15:24

子どもは親の持ち物ではない  ~強すぎる親権に制限を~

虐待を受けていた5歳の女の子が、「おねがいゆるして・・・」と書き残して亡くなった。うちの二人目の娘が生きていれば、ちょうど5歳になる。言葉がない。事件が明るみになった翌日、超党派の議員連盟でヒアリング...

2018年06月07日 19:38

生活保護家庭に進学の道が開かれた

生活保護法が改正され、遅くなったが、4月から大学や専門学校にいく若者に公的なサポートができるようになる。昨年の予算委員会で私が問題提起をし、それを議員連盟で形にし、政府が実現したもの。私が提案したもの...

2018年06月02日 14:47

国会は終盤戦へ ~働き方改革法案に賛成し、厚労大臣不信任に反対した理由~

国会は、荒れた状態が続いています。今日の本会議では、加藤厚生労働大臣の不信任決議案の採決がありました。私は、熟慮の末に反対票を投じてきました。写真:衆議院tvより政府が出した働き方改革の法案で、初めて...

2018年05月26日 11:25

国会議員として一つ一つの判断に責任を持つ

続発した政府の不祥事と野党の審議拒否で混乱してきた国会は、GWが明けて正常化しました。希望の党の解党が決まった直後、多くの野党が審議拒否をする中で本会議に出席したのは、国会をもう少しまともなところにし...

2018年05月18日 19:04

LGBTをめぐる内外逆差別 ~レインボープライドパレードに参加して~

昨日、東京レインボープライドパレードに参加してきました。  今や渋谷の名物イベントとなり、毎年参加していると、街を歩く人たちのパレードに対する視線が温かくなっていることを実感します。SOGI...

2018年05月08日 14:35

初心に戻り思うこと

希望の党が、実質的に解党することになった。責任の一端は、チャーターメンバーの一人である私にある。希望の党が、誕生して一年に満たない時期に解党に至ったことを国民の皆様に率直にお詫びしたい。「三権の長には...

2018年04月20日 13:59

緊急事態時の国会機能の維持および解散権の制限について

希望の党憲法調査会で改正条文がまとまりました。 ※斜体部分が改正・新設となります。第四十五条 衆議院議員の任期は、四年とする。但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。第四十六条 参議院議...

2018年03月22日 07:44

あえて、移民について考える

今からさかのぼること15年。一年生議員だった私は、同僚議員と一緒に、雑誌(月刊『Voice』2003年9月号)に初めて論文を出した。勉強会を重ねて発表した論文だったが、「1000万人移民受け入れ構想」...

2018年03月06日 20:02

技能実習生の受け入れ現場を歩く

地元富士市で外国人技能実習制度利用している企業を訪問してきた。最初に訪れたのは、金属加工会社。この会社は、10年以上にわたって実習生を受け入れており、現在はベトナム人の男性3名が板金や溶接の現場で働い...

2018年03月04日 09:24

憲法改正による幼児教育から高校までの無償化を提案する

前稿では、憲法制定当時の経緯を振り返りながら、26条を改正して教育の充実を進めることを提案した。私は、最も優先されるべきは幼児教育だと考えている。幼稚園の就園率が分かるのは1948年から。その年、幼稚...

2018年02月27日 19:56

憲法26条(教育を受ける権利)の制定過程を振り返る

今年に入って、各党の憲法改正の条文案が徐々に明らかになってきた。教育を受ける権利を定めた憲法26条については、日本維新の会がいち早く条文案を示したのに続き、自民党も条文案策定の最終段階に入っているよう...

2018年02月26日 20:02

続・国会改革 ~受動喫煙防止法で自由投票を~

昨年の11月末、国会改革の必要性をブログで書いた。年末から、私なりに働きかけをしていたが、残念ながら今のところ、大きな動きにはなっていない。与野党の質問時間のバランスが少し変わったなどという話は枝葉末...

2018年02月15日 16:03

憲法第8章改正による地方自治確立 ~憲法を通じてこの国のかたちを論じる~

希望の党の憲法第8章の改正案がまとまりました。改正案のベースは昨年4月に私がまとめた案ですが、昨年来、党内議論を重ねて、多くの議員の意見を取り入れたものとなりました。憲法制定過程、法制局第一部長であっ...

2018年02月06日 20:55

対話を大切に国政の本質的な問題に向き合う

■地元の代表として2018年が明けました。逆風下で戦った昨秋の総選挙では、7期連続で小選挙区での当選を果たすことが出来ました。18年にわたって地域の代表として国会に送っていただいている責任を全うする所...

2018年01月02日 14:41

国会改革

二日間、衆議院で予算委員会が開かれた。希望の党からは、トップバッターとして長島昭久政調会長が外交と子育て支援について質問した。わが国の抱える最大の懸案について正面から問うたのは、改革保守政党としての姿...

2017年11月29日 16:51

総選挙を終えて

昨日(10月31日)、「細野豪志を叱咤激励する会」を開催し、総選挙を終えて私自身が考えていることを皆様に報告しました。その概要は以下の通りです。8月8日に裸一貫で民進党を離れた時は、捨て石になる覚悟だ...

2017年11月01日 21:54

「人でなし」呼ばわりされたので、私の考えを説明します。

見よ! この「二枚舌」! 国会前で民主党の看板議員として2015年「安保法案反対!」を訴えていた細野豪志氏。今や「希望の党」の幹部として、民進党の元同志に対し、「安全保障・憲法改正賛成」の「踏み絵」を...

2017年10月05日 20:15

希望の党のスタート

昨日、希望の党の第一次公認が決まり、私も記者会見に同席した。希望の党は、ようやくスタートラインに立った。希望の党の門を志を持って叩いた人たちをできる限り候補者にしたい。しかし、かつての仲間である民進党...

2017年10月04日 13:06

民進党を離党して、新たな一歩を踏み出しました。

私、細野豪志は民進党を離党いたしました。○民進党を離れる理由18年前、「地盤・看板・カバン」が全くない28歳の私にチャンスを与えてくれたのが民主党でした。2009年には政権交代を実現し、責任ある立場で...

2017年08月08日 16:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。