星野 毅の記事一覧

「原発ゼロ」から「現実的な提案」へのススメ

「原発ゼロ」。この言葉に賛同すればするほど、原発ゼロのゴールが遠ざかっていると思います。理由は簡単。“原発はゼロにしたいが、化石燃料も使いたくない”これでは、さすがに多くの支持を得ることは困難でしょう。再生可能エネルギーは、発展途上なエネルギー。天候の影響が大きいことは、既に自明です。しかし、「原発ゼロ」から「現実的な提案」へと転換すれば、多くの支持が得られるエネルギー政策が誕生するでしょう。その...

2013年11月20日 13:16

現場の声は政治に届くか?

選挙シーズンで、各党、様々な政策を挙げています。与党が確定した後、具体的な政策実行プランが作成されますが、プランを実行する難しさの本質はどこにあるのかを考えました。「見た目には素晴らしいプランだが、実...

2012年12月10日 01:30

脱原発期限は選挙の争点として不要

エネルギー政策、特に原発政策が選挙の争点になっています。そして、特に注目されるのが、20○○年に原発を無くすという点です。現実的に考えれば、脱原発の期限を決めるのは不可能でしょう。原発を無くすためには...

2012年12月01日 18:36

アジア外交を意識した科学技術戦略を望む

韓国の李明博大統領の竹島上陸等の問題で、改めて日韓関係について考える機会となりました。日本と韓国は距離が近いこともあり、研究者がお互いの研究施設を訪問する機会は少なくありません。そこで、この問題に関し...

2012年08月15日 22:52

再生可能エネルギーで変わる電力需給バランス 最先端・次世代エネルギー研究開発プログラム

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光、風力等による発電量の増加が見込まれます。再生可能エネルギーの問題点は、発電量が安定しないことです。撮影許可を頂き、韓国・済州島のスマートグリッド・イ...

2012年07月07日 00:56

オール電化は悪者ではない

「経済産業省の電気料金審査専門委員会が、オール電化割引の廃止を東京電力に求めた。」との報道がありました。http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0203R_S2A7...

2012年07月04日 17:33

南鳥島沖でのレアアース発見 -外交カードでの利用価値大-

「東京大学等の研究チームが南鳥島沖で国内消費200年超のレアアースを発見」という報道がありました。http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG29005_Z20C12A...

2012年07月01日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。