早川忠孝の記事一覧

今確実に言えるのは、安倍4選はなくなったということだろう

釣瓶落としのように人気がなくなるかどうかは分からないが、安倍総理や官邸の周辺ではご自分たちの運気の衰えを実感するようなことが多くなるはずだ。岸田さんの頑張りどころだろう。ここらあたりで岸田さんが国民の期待に応えるような動きを示すことが出来れば、岸田さんがやはり本命だということになる。現在安倍内閣の閣僚でないということが、どうやら岸田さんの強みになる。自民党の政調会長というポジションもプラスに働きそ...

2019年12月06日 16:04

野党支持層にも人気が高い石破さんの動きにご注目を

石破派という派閥に属している自民党の国会議員はあまり多くないが、自民党の党員レベルで言えば石破さんの人気は高い。大変な勉強家で、一部で博士と言われるくらいにあらゆる方面に豊富な知識を持っていて、しかも...

2019年12月01日 14:36

これは怒って当然。不思議な衆議院憲法審査会の運営

どのくらい怒っておられるのか分からないが、石破さんが今日の憲法審査会の途中で退席されたようだ。発言の機会を求めているのに、いくら待っても指名されないというのは自民党の元幹事長で憲法改正問題について一家...

2019年11月28日 19:33

ほう、シュレッダーの性能点検くらいでも絵になるのか

マスコミの注目を浴びるためにはこういうことでもしなければならないのかなあ、と少々気の毒になる。今はマスコミの皆さんが報道してくれるから、シュレッダーの性能点検のための視察でもそれなりに絵になるのだろう...

2019年11月27日 14:12

野党陣営の中で、今のところ一番伸びそうなのが共産党じゃないかな

高齢化が進んでいるとはいえ、共産党の組織力、行動力は侮りがたい。特に、地方議会ではそうである。自民党系の候補者はどんどん無所属を名乗り始めており、県議選以上の大きな選挙では自民党公認を名乗るが、市町村...

2019年11月26日 14:05

玉木さんも謝ってばかりいないで、時には怒ってみては如何?

ちっとやそっとでは今の国民民主党に国民の支持が集まりそうには見えないのだが、やはり頼りは国民民主党の玉木さんである。玉木さんも私の分類から言えば、いい人になる。岸田さんと同じように、善良な人。どこにも...

2019年11月24日 14:27

運も実力の内、ということかしら

やはり桜を見る会の問題ぐらいでは、安倍総理は身じろぎもしないようである。野党の皆さんは調査チームを拡大して延々とこの問題を追及したいようだが、大方の国民の関心は既に他のことに移っている。あっという間に...

2019年11月23日 17:00

岸田さんは、いい人を卒業することですね

いわゆるいい人には、決定的な弱点がある。如何にも弱そうに見える。戦いが嫌いで、いざという時にへたり込んでしまうのではないかしら、と思わせるところがある。本当はそれなりに強いのかも知れないが、いつまでも...

2019年11月22日 15:21

まだ命運が尽きているわけではないが、明らかに変調を来たし始めている安倍内閣

週刊文春まで特集記事を掲載し始めたので、まだまだこの問題は尾を引きそうだ。奢る平家は久しからず、と言うが、磐石だと言われてきた安倍政権の足元が緩んできていることは否定し難い。公明党や自民党の中から批判...

2019年11月22日 13:55

倒閣に照準を合わせ始めた一部マスコミと、逃げ切りを策している自民党との攻防が本格化しそうである

朝日の攻撃姿勢が突出し始めている。遂に倒閣に照準を合わせたのかな、という気がしてならない。朝日だけ読んでいると事の軽重を見誤るかも知れないので、これからは複数紙に目を通して事態の推移を慎重に見極められ...

2019年11月21日 14:41

さて、音喜多さんという新しい広報担当議員を獲得して東京の維新はどこまで伸びるかな?

維新のスポークスマンという位置づけではなさそうだが、音喜多さんが維新に入ったことで東京方面でもそれなりに維新の活動の中身が知れ渡りそうである。ブロゴスやアゴラが音喜多さんの記事をよく転載するから、ご本...

2019年11月21日 13:30

詰将棋にしては、駒が足りないんじゃないかな?

郷原さんの話がどんどんちっぽけなものになっているのに驚いている。ああ、これでは、「詰み」はないな、というのが私の感想である。安倍内閣が詰むとすれば、桜を見る会ではない。もっともっと大きなスキャンダルが...

2019年11月19日 17:47

山場は過ぎてしまったのかな

ネットでは、件の桜を見る会や前夜祭パーティの件で大分盛り上がっていたようだが、私が目を通した範囲内では、公職選挙法違反等の罪で立件できるような事実なりそれを証明する具体的かつ客観的な証拠は認められなか...

2019年11月17日 15:19

ハンセン病家族補償法の成立を歓迎する

国会は桜を見る会で盛り上がっているだけか、などと半ば呆れながら最近のニュースを見ていたのだが、実はその陰で国会議員の皆さんがしっかり仕事をされていることを確認した。チラチラとニュースに出てはいたのだが...

2019年11月16日 14:40

多分、野党の皆さんは、今の段階では解散せよ、などとは迫らないはずだ

解散の大義名分があろうがなかろうが、時の勢いで解散に雪崩れ込むことがある。わたしは、解散権の発動には一定の制限を付すべし、という立場に立っており、これまで何度か大義なき解散や恣意的解散権の発動に対して...

2019年11月15日 13:28

まさか、野党の追及を躱すために国会を解散する、などというえげつないことを考えていないでしょうね

安倍総理の心中が穏やかならざることは、それとなく伝わってくる。天皇即位に伴う一連の儀式は滞りなく行われたようだが、それ以外の面では安倍総理の周辺には決していいことが起きていない。満を持して行ったはずの...

2019年11月14日 15:21

ほう、来年の桜を見る会は中止だそうだ。これも安倍内閣の危機管理の一つだろう

とても収拾が付きそうにもないから、止めておこう、というのが菅さんの方針のようだ。撤収の仕方が実に早い。桜を見る会自体がなくなってしまえば、野党の皆さんもいつまでもこの問題を追い続けることは出来なくなる...

2019年11月13日 17:34

さて、自民党所属の国会議員一人一人にどの程度世論喚起・世論醸成能力があるだろうか

国会議員一人一人がそれなりに世論喚起・世論醸成力を発揮するようになることは基本的にいいことだと思っているが、一部の議員を除いて自民党の国会議員がシャカリキになっても世論形成には殆ど役に立たないだろうと...

2019年11月12日 14:47

森ゆうこさんは立憲民主党に、山尾志桜里さんは国民民主党にそれぞれ移籍されては如何?

森ゆうこさんが立憲民主党に移ると、枝野氏もさぞ困惑してしまうだろうが、外野席から見ていると、森ゆうこさんのキャラは辻元さんや村田蓮舫さんと同じようで、なんで国民民主党にいるんだろう、と不思議になる。少...

2019年11月12日 14:19

憲法審査会は、国会議員の真価が問われる大事な議論の場

今国会で国民投票法の改正が出来るかどうか何とも言えないところだが、とにかく憲法審査会の審議が始まったことはいいことだ。野党の日程闘争の煽りを受けていつまでも開店休業の状態を続けていたら、与党も野党も大...

2019年11月08日 16:54

立憲民主党に喝を入れた山尾志桜里議員は、今後一切怯むべからず

色々問題はあったが、それでも立憲民主党の国会議員の中ではそれなりに光っている。これで怯まなかったら、いずれは野党合同会派のスターになるかも知れない。若い方々が担ぐとしたら、やはりある程度のスター性があ...

2019年11月08日 15:44

大学入試のための英語民間認定試験の導入延期は、胆力のある政治家にしか出来なかった重大決定

火中の栗を拾うことになったのだな、と見ている。何かと批判の対象になりやすい存在だが、いざという時に頼りになる政治家であることは間違いない。大学入試のための英語民間認定試験は、聞けば聞くほど問題が多い試...

2019年11月07日 21:33

共産党の「2022年までに野党連合政権」構想の実現可能性

共産党が懸命に変身しようとしていることは十分に伝わってくるが、それでも共産党が本気で野党連合政権の樹立を目指している、という話を聞くと驚いてしまう。共産党の調査力や政権批判の舌鋒の鋭さには一目を置いて...

2019年11月06日 15:23

切り替えが早いのは悪いことではない

私も悪いことはどんどん忘れる方なので、小池さんがIOCの決定に同意はしないが、あえて邪魔はしないという趣旨の表明をされたのはよかったと思う。東京都に決定決定権があるわけではないということを踏まえると、...

2019年11月01日 22:09

年内に野党統一新党結成の動き、ありやなしや

小沢さんが言っていること自体は決して間違いではないと思っているが、小沢さんが表に出ると纏まるものも纏まらなくなる可能性が高いのは森さんと同じだろうと思う。アドバルーンを上げておかないと忘れられてしまう...

2019年10月31日 11:54

どうも国会議員だけから閣僚を抜擢するのは止めにした方がいいんじゃないかな

文春砲がまたまた炸裂しそうである。今度はどの大臣が槍玉にあげられるのかな、などとつい考えてしまう。グレーゾーンで辛うじて生き延びていた人たちが大臣に抜擢されると、これまで事実上不問に付されていたことが...

2019年10月30日 18:30

低投票率の中で100万票を超える得票をした上田氏と、最後まで健闘した立花氏。両者とも勝者かな?

とにかく史上最低投票率になることは免れたのだから、埼玉県の選挙管理委員会も両候補者陣営もやることだけはやった、健闘した、と言ってもいいのかも知れない。投票率が20.1パーセント余りと聞けば、この程度の...

2019年10月28日 14:41

ここは、東京都が一丸となって戦う時だろう

森さんのように上が決めたことには従うしかないだろう、と早々と白旗を上げる人もおられるだろうが、大方の人は、ちょっと待て、自分たちに予め話がないのはおかしい、問題があるのは承知しているが、そこは何とか知...

2019年10月26日 17:34

翔べなかった埼玉県民。史上最低の投票率を覚悟しておいた方がよさそうだ

まだ選挙が終わったわけではないので、この記事も一応選挙啓発の一環だと思っていただければ幸いだ。今日の期日前投票所に何人いたか。たった一人だったそうである。7月の行われた参議院本選挙の時の期日前投票の3...

2019年10月26日 17:06

脇が甘いというより、ノーガードだったということかしら

慙愧の念に堪えない、というのはそのとおりだろうと思う。いよいよ本番だ、と気合を入れていたのに、本番に入る前に大臣の椅子を投げ出さざるを得なくなった。大変な努力家の一人だ、ということを知っているので、何...

2019年10月25日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。