畑恵の記事一覧

五輪の意義を考える〜日本は開催の3ヶ月延期をIOCに談判せよ

[画像をブログで見る]オリンピック・パラリンピックは、出場選手のためだけに開催されるものではない。ましてや、五輪大会から生じる様々な利権に絡む組織や個人のため、あるいは国家の面子(メンツ)のために開催されるものでもない。五輪大会とは、人間の限界に挑戦し努力を続け試練を乗り越えるアスリートの姿に、国家や人種、宗教やイデオロギーといったあらゆる違いを超えて世界中の人々が、人類共通の普遍的な価値...

2021年06月05日 16:13

「主体性」という特効薬

ワクチンを遥かに超える真の特効薬を、私たちは持ち合わせている。それは「主体性」である。今コロナ危機は、日本に潜在している様々な危機を露呈させている。ワクチン確保や国産ワクチン開発の遅れをはじめとした感...

2021年04月26日 15:13

新たに誓う、10年目の3.11

(画像:iRONNA)2011年3月11日、あの日から10年。何もかもを一瞬でなぎ倒し呑み込んで行く津波の濁流、爆発しメルトダウンする原子力発電所・・・なぜ?どうして?こんなことに・・・という問いが...

2021年03月11日 10:25

金メダリスト・萩野公介が語る「君子不器」

「君子不器(君子は器にあらず)」。『論語』に記されたこの言葉の如く、トップアスリートとは単に運動能力に長けた器具ではなく、自らの意志を持って行動し社会を正す存在であることを、世に示しているのは大坂なお...

2021年02月24日 21:26

王者・大坂なおみが世界に示した「君子不器」

[画像をブログで見る]昨日、テニスの「全豪オープン」で2度目の優勝を果たし、四大大会で4年連続4度目の制覇を成し遂げた大坂なおみ選手。彼女ほど、覇者ではなく「王者」という称号に相応しいアスリートはいな...

2021年02月21日 18:23

星を継ぐ者〜小柴昌俊先生を悼む

[画像をブログで見る]巨星墜つ-超新星爆発で生まれた素粒子「ニュートリノ」を世界で初めて観測し、2002年にノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊先生が12日、亡くなられました。地下1000mの深さに、...

2020年11月17日 17:52

終戦記念日に思う~戦争遺品の保管・展示を全国の学校で

[画像をブログで見る]今日は戦後75年となる終戦記念日。今、戦争の記憶の風化が水面下で、急速に加速しています。先日もNHKの「クローズアップ現代+」で、各地の戦争資料館が担い手や資金不足により相次いで...

2020年08月16日 10:41

リーダーとは何か〜新型コロナウィルス 政府対策基本方針の発表を受けて

リーダーとは、決断するために存在する。現場の判断では行えない規則や慣行などの変更を決断するためリーダーは存在する。リーダーとは、責任をとるために存在する。現場では負い切れない責任を一身に背負い、いざと...

2020年02月27日 18:25

台風19号、記録破りの大災害から何を学ぶのか

[ブログで画像を見る]昨日掲載した台風19号被害に関する記事に対し、多くの皆様からお見舞いや励ましのメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。またあらためまして、被災され避難を続けている皆様、...

2019年10月14日 16:16

千葉県、停電・断水の現場から〜支援はまったく足りていません!

[画像をブログで見る]台風15号の直撃を受けた千葉県君津市に住む叔父夫妻の安否が心配で、先週金曜日に支援物資を携え現地入りしました。君津市では送電線をつなぐ高さ約57メートルと45メートルの鉄塔2基が...

2019年09月18日 11:03

沖縄慰霊の日

[画像をブログで見る]今日は令和初の「沖縄・慰霊の日」。本土防衛の最前線として、20万人を超える犠牲者を出した壮絶な沖縄戦から74年。当時、沖縄の民間人4~5人に一人が命を落としたと言われています。戦...

2019年06月23日 16:16

日本の科学技術、その復興に向けて 〜「基本問題小委員会」とりまとめ(1)

平成も幕を閉じようとする今月23日、昨秋から取り組んで来た自民党科学技術イノベーション戦略調査会「科学技術基本問題小委員会」(船田元委員長)のとりまとめ文書が、自民党・政審(政務調査会審議会)で正式に...

2019年04月30日 10:57

ノーベル賞受賞者も続々と警鐘 ~危機に直面する日本の基礎科学 [後編]

【ノーベル賞受賞者たちも警鐘】危機に瀕している日本の基盤研究力を再興させることを目的に、自民党政務調査会 科学技術イノベーション戦略調査会のもと設置された「科学技術基本問題小委員会」(船田元小委員長)...

2018年11月18日 15:27

ノーベル賞受賞者も続々と警鐘 ~危機に直面する日本の基礎科学 [前編]

毎年のように発表される日本人研究者のノーベル賞受賞。その一方で、今、日本の科学技術は深刻な危機を迎えている。【凋落する日本の科学基盤力】日本の論文国際力は2002年頃から低下し始め、13年には人口あた...

2018年11月16日 16:58

「有志竟成」に誓う

ノーベル賞を受賞されたお祝いを申し上げに、先週、本庶佑先生を京都大学の研究室にお訪ねしました。レンガ造りの研究棟は日常の静けさを取り戻していたものの、本庶先生への取材目的での訪問者に対する注意書きの看...

2018年10月23日 22:45

本庶先生の手紙 ~“有志竟成”と6つのC

ノーベル生理学・医学賞を受賞された京都大学の本庶佑特別教授は、学生や若手研究者をとても大切になさる先生として知られる方ですが、実は私ども作新学院の生徒も、昨年その恩恵に浴しました。年に一度は本庶先生か...

2018年10月06日 17:54

祝・本庶佑先生ノーベル賞受賞

京都大学特別教授の本庶佑先生が、遂にノーベル生理学・医学賞を受賞されました!本庶先生は、私が国会議員時代から科学技術政策についてずっとご指導をいただいている恩師であり、元京都大学総長の井村裕夫先生、i...

2018年10月05日 12:14

山中伸弥氏 『教育対論』 ~未来を拓くということ~

「作新アカデミア・ラボ」の完成を記念し、ノーベル賞受賞者で京都大学iPS研究所所長の山中伸弥先生と、「未来を拓く教育」をテーマに対談をさせていただきました。山中先生と初めてお会いしたのは10年前。国会...

2017年11月02日 16:56

「忖度」、そして「政治主導」

「忖度」、そして「政治主導」。どちらも昨今、巷を賑わしている言葉です。忖度の意は、他者の気持ちを推し量ること。「以和為貴(和を以て貴しと為す)」を旨とする日本社会においては、尊重されるべき美風のはずで...

2017年06月06日 19:07

森友問題で明らかになった民主教育の危機

東京では桜も満開となり、新しい年度がスタートしました。しかしながら教育現場は、いつになく重苦しく緊張感に満ちた春を迎えています。極右的ポピュリズムが世界を席巻する中、日本でも確実に進行している民主主義...

2017年04月03日 19:15

「森友学園」問題の徹底した全容解明を ~政官民癒着による思想統制教育を許すな

東日本大震災の惨禍から、丸6年の時が流れました。 今なお、避難者は約12万3千人に上り、仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者は3万5千人を数えます。 大震災後も平穏無事に暮...

2017年03月11日 19:53

金メダリスト萩野選手 凱旋帰校 ~秘蔵作文に見る勝利の法則

11月10日、今夏のリオ五輪で金・銀・銅3つのメダルを獲得した萩野公介選手が、中学・高校と6年間を過ごした作新学院に凱旋帰校してくれました。当日は、6000名を超える人々に迎えられた小山市でのパレード...

2016年11月06日 14:47

ドラフト一位 今井達也の“人間力”

“10月20日開催されたドラフト会議。今夏の甲子園優勝投手である作新学院高等学校3年 今井達也が西武ライオンズから一位指名をいただきました。また今ドラフトでは、4年前に春夏連続で作新が甲子園出場した際...

2016年10月25日 18:54

甲子園優勝 小針 崇宏 監督インタビュー [1]

今夏、33歳の若さにして甲子園優勝を果たし、栃木県に54年ぶり深紅の大優勝旗を奪還した作新学院硬式野球部 小針崇宏監督は、同校の卒業生でもあります。自身も2000年の春、2年生ながらチームの主力選手と...

2016年10月02日 19:46

3つの“S”で解く勝利の方程式 ~リオ五輪&甲子園 W金メダル秘話

画像を見る「信念、執念、信頼の絆」―人生を生き抜く上で欠かせない3つの“S”として、常日頃子どもたちに話して聞かせる言葉です。今夏のリオ五輪と甲子園で、作新学院にダブル金メダルをもたらしてくれた卒業生...

2016年09月13日 17:08

甲子園優勝旗に刻まれた言葉 ~“Victoribus Palmae(勝者に栄光あれ)”の真意

「深紅の大優勝旗」―夏の甲子園の優勝旗はそう呼ばれます。甲子園に関わる者にとってその存在は、言わば“御神体”であり、直視することも触れることも憚られる特別のオーラを放っています。ちなみに、春の優勝旗は...

2016年09月05日 14:35

“リオで金、甲子園でも金” ~「人間力」こそ勝利の原動力

「リオで金、甲子園でも金!」そう宣言して始まった2016年夏、作新学院の夢は現実となりました。猛暑の最中、長期間にわたり沢山のご声援を頂戴した皆様に心より御礼申し上げます。7月の終わり、宇都宮の空に現...

2016年08月28日 18:55

現代社会が「アノミー」から脱するために ~アクセルを緩め、徹底議論する勇気を

遂に世界が、“メルトダウン”を起こし始めた―そう認識せざるを得ない事件が、今週も相次ぎました。7月14日の革命記念日(パリ祭)に沸く、フランス・ニースで引き起こされたテロ事件。花火大会で世界中から訪れ...

2016年07月19日 16:48

運動靴は「ボコ・ハラム」に苦しむ子どもたちへ ~アフリカ一万足プロジェクト続報

バングラデシュの首都ダッカでのテロ襲撃事件が、日本からの国際協力や支援活動の今後に深い影を落としている中、勇気づけられるニュースがアフリカから届きました。作新学院の「アフリカ一万足プロジェクト」により...

2016年07月10日 19:59

二者択一ではなく、まずは政策論議を ~胆力ある「中道政治」の復権こそ急務

一週間後に投票日を控えた第24回参議院選挙。国民の関心は、きわめて低調です。それもそのはず、建設的な「政策論争」が行われるような争点が、今回の選挙では、まったくと言っていいほど見当たらないからです。最...

2016年07月03日 18:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。