春山昇華の記事一覧

ハンガリーの極右勢力は、「したたか」らしい

ハンガリーの極右勢力は、珍しく組織拡大維持と統率力に長けているようだ。単なる暴徒にならず、インターネット、SNSも活用して、ジワジワと着実に勢力を拡大している。ベルリンの壁崩壊後の西側金融機関が「資本主義の契約などに関して、何も知らない我々を騙して搾取した」という気持ちは、右翼だけでは無く、ハンガリー国民に共通する潜在的な意識だ。2000年代前半当時、ハンガリーの金利は、スイスやEUの約2倍だった...

2012年02月05日 22:04

国境を超えるドイツ

ついにドイツの堪忍袋の緒が切れそうだ。下記は、FT記事より引用The German government wants Greece to cede sovereignty over tax and s...

2012年01月28日 17:15

「ドイツ VS 英国」の戦いになると・・・

次第に「ドイツ VS UK」の戦いになってきている。下記の記事を読んで、ふと感じた。以下、引用Diplomats are preparing to help Britons abroad throug...

2012年01月28日 16:41

好景気になるアメリカ経済

アメリカの雇用環境が異常事態を脱してきた。新規失業者の数がスルスルと低下して、重要な35万人ラインに近づいてきた。(下チャート上段)4週平均の長期チャートが35万人を下回れば、不景気から好景気に移行す...

2012年01月21日 21:01

木の葉が沈み、石が浮かぶ

昨年10月を起点とする毎度の「季節要因でのブル相場局面」に関して、下のチャートにあるように、GW前後までの一応のターゲットを設定した。 US、HK:+30%日本:+10%割と慎重なスタンスだ...

2012年01月20日 04:14

2012年を考える(最終回):2012年のアメリカを理解するために、事前に読んでおきたい

2012年のアメリカは、政治が重要な地位を占める。大統領選挙の年だから、という理由だけではない。思想が大きく動く可能性があるからだ。そんなアメリカの現在と年末までの将来を理解するために、wikiped...

2012年01月16日 00:42

2012年を考える(15) : おすそ分け

勉強会資料を作成している。沢山作成しているスライドから、すこしだけ抜粋しておすそ分けです。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~昨年10月に、「Sell in M...

2012年01月13日 01:47

2012年を考える(14)Occupy Wall StreetのDNAは先進国の偏狭な民主主義

2012年が始まった。とりあえずは順調なスタートを切った。今年は縮こまっていた資金が恐る恐る動き出すような気がする。昨年11月頃から「委縮疲れ」が出ていると思ったからだ。( 株式もこの辺で季節的な底打...

2012年01月04日 00:02

8年早まった年金資産の消滅 ( 2033年 → 2025年 )

年金の健全化を守るために、2.6兆円の交付国債を年金資産に渡して、つじつま合わせをする。何か狐につままれた感じだ。これまでは、年金資産は国債を購入してきた。これからは、国債を渡される( オリジナル記事...

2011年12月20日 07:15

十分に事前に練られた計画を実行した「金正日の死亡の公表」

一日が終わって数々の過去のニュースと今日の出来事を並べて浮かび上がる「推定事実」は、金正日死亡のニュースは、十分に事前に練られた計画を実行した「金正日の死亡の公表」であったという事だ。朝から、中国に関...

2011年12月19日 19:51

貿易収支の推移は同じように赤字でも、異なった二つの世界

前回の続きです。これで、今シリーズは一旦終了です。輸出を支える製造業の棄損は、国内雇用に大きなダメージを与え、格差の拡大の再生産プロセスが動き出すとも書きました。貿易収支が赤字化した国家では、国家経営...

2011年12月18日 22:09

所得収支の黒字が主役の時代 & 日本国債

前回の続きです。経常収支の黒字の主役が、貿易黒字から所得黒字に変化すると預金保有者の構造が変化します。金融資産の保有状況を、一般層と富裕層に分けて図示すると下図上段のようになります。一般層は、預貯金の...

2011年12月18日 20:23

製造業ベースの貿易黒字と、証券投資ベースの所得黒字は、別世界

前回の続きだ。自動車の輸出、ハイテク製品の輸出、製造用機械の輸出、大型建設機械の輸出などが、日本の貿易黒字を稼いでいる。製造業は下請けの中小企業などを含め、広大なすそ野を持ち、多数の雇用を支えている。...

2011年12月17日 22:57

お金の対外収支の黒字(経常収支黒字は、20〜30年先まで続きそうだ)

お金の外国との「支払い/受け取り」には、(1)衣服、自動車、食品、石油などモノの輸出入代金の支払い/受け取り(2)海外企業へ提供する(または日本企業が海外に委託する)コール・センター業務などのサービス...

2011年12月17日 21:19

2012年を考える(12) 突発大規模リスク・オフ・パニックを防げるか?

先週前半は「Risk ON」期待が大きかった。欧州の首脳会議をきっかけに相場が良くなって、年末ラリーにつながる、という切なる願いが多かった。しかし、期待裏切りの「UKキャメロン首相の拒否権行使」事件が...

2011年12月15日 20:53

円高 VS 人民元高

円高ペースを計算してみました。1971年1月末~2011年11月末年率3.8%の円高です。リンク先を見る次に、人民元の対ドルレートの歴史ですが・・・・(1)文化大革命(=内戦)による経済の荒廃とインフ...

2011年12月14日 17:10

二枚腰&三枚舌は欧州国際政治の真骨だが、株式市場はペナルティ・ボックス入り

先週は劇的だった。しかし、セレモニー・・・現実のPIIGSのデフォルトを防止するための政策を実現するための事務作業は、今週から始まる。それは、(1)「そうは言っても」という変わらぬ現実への帳尻合わせ(...

2011年12月13日 17:15

歴史が作られた「2011年12月9日金曜日」の記録

当初は、大事になるとは予想されていなかった。会議の前に書かれたコメントだが、FTは下記のような記事を掲載していた。なんとかお互いが妥協&協力できるだろうと言うトーンだ。ただし、フランスにとって、ユーロ...

2011年12月12日 23:26

大きな財布を持つ高齢者に優しいパナソニックの株価

Faxが送信できなくなったと言われて、Fax電話を急遽買いに行きました。壊れたのは、1997年末に購入したシャープ製のFax電話なのですが、かれこれ14年も使っていたことに驚きました。かつて愛用してい...

2011年12月12日 22:08

2012年を考える(11)民主主義にはインフレが必要だ

経済政策は政治家が決める。「有権者に選ばれる政治家」は存在するが、「経済家」という制度は存在しない。「経済が上手か下手か」とは関係なく、政治家に経済がゆだねられている。2011年12月の欧州の政治状況...

2011年12月09日 05:57

11月末の予想EPS & PERの状況 +マイクロソフトと日本株はバリュー・トラップが続いている

市場の関心はすっかり2012年に移った。2012年の利益見通しは、5月頃から出始めている。それをグラフ化してみた。右側が、2012年の利益予想の推移だ。中国は、横バイだ。日本と米国は減少しているが、日...

2011年12月08日 01:37

根こそぎが始まった 安川電機ロボット製造工場の中国進出に思う

11月28日のオークマの資料を見て、2012年の貿易収支を考えたに続いて、将来の貿易収支赤字定着を懸念させるニュースが出てきた。ロボット産業がついに中国に生産拠点を作る。産業用の工作機械は、高度産業技...

2011年12月06日 12:20

ミセス・ワタナベは仕組債の手数料をタンマリ払ってくれる上得意客

先週聞いて面白いと思った話 ミセス・ワタナベ(個人投資家の総称)は、世界のリートを通貨選択型投資信託(多くが、ブラジル・レアル)で買った。中にはレバレッジをかけて投資したワタナベもいた。 下のチャ...

2011年12月05日 01:45

リーマンショック前夜の雰囲気になった、、、、ので動きが出た?

今週は野村証券主催の大規模セミナーが開催されている。こんな大変な週に開催されているのだが、大事なスロットに参加して聴いている。今朝コーヒーを飲みながらFinancial Timesを読んでいたら、後ろ...

2011年11月30日 23:19

オークマの資料を見て、2012年の貿易収支を考えた

工作機械の大手優良企業、オークマの受注データを頂戴した。工作機械は、製造業の能力の先行指標だ。工作機械を沢山購入する企業、国、地域は、モノづくり大国に向かう。昭和40年代、ホンダはキャッシュフローに余...

2011年11月28日 23:13

2012年を考える(10)  既得権者が多数になったら、民主主義では、是正は不可能

今回と次回は、過去9回にわたって書いてきた「2012年を考えるシリーズ」で、政治に関して触れた部分を集めて加筆したものです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜...

2011年11月25日 18:04

2012年を考える(9)外部要因に翻弄される日本経済

2011年は、1000年に一度の甚大な震災被害、原発事故、そして50年に一度のタイの洪水被害が、日本経済を襲った。何故こんなに悲惨な目に合わなきゃいけないの、、、と感じてしまう一年だ。だが、GDPのへ...

2011年11月24日 20:33

2012年を考える(8)侵食、または下剋上

2012年に関して、スマホの大競争時代が続くことは明白だ。これは考えておくべき事項だ。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~3年前に聞いた時に驚いた会話がある。IT企業の経営陣...

2011年11月22日 21:52

2012年を考える(7)慢性疾患と正面対峙させられる

欧州危機、21世紀になって以降、この言葉の示す内容は、地理的にも内容的にも、大きく変化をしてきた。当初は、アイスランド危機その後、東欧危機そして、PIIGS危機再び、PIIGSが拡大中にもかかわらず、...

2011年11月21日 05:08

2012年を考える(6) 催促は突然やってくる

貿易の赤字・黒字問題、財政の赤字問題は、時間差の利用(=悪い言い方だと、世代間搾取)と規律の問題だ。時間差利用の善し悪しの議論は、神学論争になるので、私は関与しない。将来世代も使うものだから、借金やツ...

2011年11月18日 02:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。