郷原信郎の記事一覧

案里氏「当選無効」に伴う参議院広島再選挙、被買収者の選挙関与で「公正な選挙」と言えるか

前法務大臣の逮捕・起訴という前代未聞の事件となった河井克行・案里氏の2019年参議院選挙をめぐる多額現金買収事件で公選法違反で起訴された案里氏に対して下された一審有罪判決に対して案里氏は控訴せず、有罪確定により当選無効となった。これに伴い、参議院広島選挙区の再選挙が、4月25日に行われることが予定されている。自民党は、経産省課長補佐だった西田秀範氏を、その再選挙の公認候補として擁立した。2月26日...

2021年03月02日 14:27

菅首相、山田広報官「厳重注意」は全く“意味なし” ~背景としての「特別職公務員」の問題

菅義偉首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、総務省は24日、利害関係者からの違法接待であったことを認め、次官級の谷脇康彦、吉田真人両総務審議官を減給とするなど、計11人を...

2021年03月01日 12:08

「菅首相長男・『旧郵政省系官僚』違法接待の背景~「コンプライアンス顧問」の重要性 

放送事業会社に勤める菅首相の長男の菅正剛氏が、許認可権を握る総務省の幹部4人に違法な接待を重ねていた疑惑が週刊文春で報じられ、国会で厳しく追及されている。中央省庁の中核を担う存在であるはずの総務省の局...

2021年02月19日 11:46

政治家受領の「ヤミ献金」は不処罰、「ザル法」の“大穴”を塞ぐための方策

平成から令和に時代が変わっても、政治家、とりわけ国会議員の「政治とカネ」の問題は後を絶たない。「桜を見る会問題」では、安倍首相側の地元有権者を集めた前夜祭の費用補填問題で、安倍氏の公設第一秘書が政治資...

2021年02月15日 09:00

参院広島選挙区再選挙、自民党は、広島県民を舐めてはならない

2019年参院選で、広島選挙区で初当選して参議院議員になった河井案里氏は、同年秋に車上運動員の買収事件、翌20年には、夫の元法務大臣の河井克行衆議院議員が中心となった大規模買収事件が発覚、その共犯とし...

2021年02月09日 10:10

菅内閣の感染症法改正の「迷走」、入院措置を“ブチ壊し”かねない

1月22日に閣議決定された感染症法改正案をめぐって大混乱が生じている。 閣議決定された当初の法案では、入院を拒否したり、入院先からの逃亡をしたりした感染者に「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」...

2021年01月29日 11:44

「罰金」でも“逮捕”は十分可能、感染症法改正「罰則軽減」では解決しない

22日に閣議決定された感染症法改正案で、入院拒否や入院先から逃亡した場合に「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」とする罰則導入の規定が設けられていることに対して、野党やマスコミから批判が高まり、...

2021年01月27日 11:55

感染症法改正「罰則導入」修正協議、「入院者逃亡」と「入院拒否」との区別を

与党は新型コロナウイルス対策の感染症法改正案に盛り込まれた罰則に関し、懲役刑の削除を視野に入れて野党側との修正協議に臨む方針を固めたと報じられている【(共同)与党、感染症法改正案で懲役刑の削除視野】。...

2021年01月26日 18:25

感染症法改正「入院拒否罰則導入」への重大な疑問

政府は22日、新型コロナウイルス対策を強化するため「新型インフルエンザ対策特別措置法」「感染症法」「検疫法」の改正案を閣議決定した。この中には、入院を拒否した新型コロナ患者への刑事罰の導入も含まれてい...

2021年01月25日 12:55

河井案里氏有罪判決、極限まで追い詰められた克行氏、公判での真相供述で“大逆転”を!

2019年7月の参院選広島選挙区をめぐる公職選挙法違反(買収)の罪で起訴されていた参院議員・河井案里氏に対して、昨日1月21日、東京地裁で、判決が言い渡された。検察の求刑「懲役1年6月」に対して、「懲...

2021年01月22日 09:43

緊急事態宣言拡大、菅首相発言が「絶対にアカン」理由

毎年恒例の正月番組に「芸能人格付けチェック!」という人気番組がある。著名芸能人の出演者が、味覚や音感などの「格付けチェック」に挑み、間違える度に、一流→二流→三流→そっくりさん、そして、最後には「映す...

2021年01月16日 11:12

安倍前首相「説明」に残る“重大な疑問”、限りなく「意図的虚偽答弁」に近い

コロナに明け、コロナに暮れたように思える昨年は、一方で、首相の国会での「虚偽答弁」に始まり、その「虚偽答弁」についての「国会説明」で終わった年でもあった。 新型コロナ感染対策や東京五輪開催をめぐって、...

2021年01月13日 14:43

一層巧妙化する安倍前首相の「ウソ」~「桜」虚偽答弁問題、第三者による事実解明を

「桜を見る会」前夜祭における費用補填をめぐる問題で、東京地検特捜部は、12月21日に安倍晋三前首相本人の事情聴取を行い、同月24日に不起訴処分とし、地元山口の実務を取り仕切っていた配川博之公設第一秘書...

2020年12月27日 08:37

刑事裁判での「証拠開示のデジタル化」は喫緊の課題

政府は、社会全体の効率化とコスト抑制を図ると共に、一人ひとりに対しても公平かつ迅速に、最適なサービスの提供を可能にする「行政のデジタル化」を進めることで、官民一体となったデータ流通の促進を促す方針を打...

2020年12月24日 11:58

安倍氏公設秘書は、虚偽説明をして首相に「虚偽答弁」をさせた「大罪」を負うのか?

「桜を見る会」前夜祭における費用補填をめぐる問題で、東京地検特捜部が安倍晋三前首相本人から事情聴取する方向で「調整している」と報じられ、安倍氏が、衆院議員会館の事務所前で記者団に「聞いていない」と語っ...

2020年12月23日 14:10

菅内閣に代わる“救国内閣”の実現を

今年2月に新型コロナ感染が始まって以降、想定外のことが多発してきたこの世の中だが、それにしても、これだけ「唖然とするような出来事」が連続的に起こるとは、思わなかった。 先週土曜日に、ニコニコ生放送のネ...

2020年12月16日 10:11

安倍前首相“被疑者取調べ”、秘書事件“公判審理”で、国会議員「投了」か

安倍晋三前首相側が「桜を見る会」前日に主催した夕食会をめぐり、参加費で賄えなかった費用計900万円余りを補填したとされる問題で、東京地検特捜部は臨時国会が5日の会期末で閉会した後、安倍氏本人から事情聴...

2020年12月06日 17:38

「桜を見る会」前夜祭問題、2020年版“盤面解説” 安倍前首相「詰み」の結末

昨年の今頃、安倍晋三前首相が、「桜を見る会」の前日に都内のホテルで開催された「前夜祭」に関する公選法違反、政治資金規正法違反の疑いについて、官邸での「ぶら下がり会見」等で対応したが、その説明には重大な...

2020年11月26日 10:13

国内外の感染拡大で絶望的な東京五輪、「開催中止」前提の対応をすべき

今年7月末に出した記事【”東京五輪協賛金追加拠出の是非”を、企業コンプライアンスの観点から考える】で、スポンサー企業が東京五輪に対して協賛金を拠出することに関する企業コンプライアンスの問題について以下...

2020年11月22日 16:35

日本で唯一の「ゴーン事件」裁判、原告日産の不可解な対応は何を意味するのか

日産自動車(以下、「日産」)が、元会長のカルロス・ゴーン氏に対して提起していた約100億円の損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論期日が、昨日(11月13日)横浜地裁で開かれた。この訴訟は、ゴーン氏がレバノ...

2020年11月14日 15:00

松井市長による「捏造」指摘と大阪市財政局長の謝罪会見

大阪市を廃止して特別区に再編する、いわゆる「大阪都構想」をめぐる住民投票を11月1日に控えた10月26日に、毎日新聞が「大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算」と報...

2020年11月01日 14:11

日本学術会議任命問題、“甘利氏のブログ記述対応”で感じる「空恐ろしさ」

「任命見送り問題」に端を発した、日本学術会議をめぐる問題について、【「日本学術会議任命見送り問題」と「黒川検事長定年延長問題」に共通する構図】で、黒川氏の定年後勤務延長問題の事後的正当化のための検察庁...

2020年10月18日 11:11

学術会議問題、菅首相「決裁文書」に注目。甘利氏ブログ記事修正の“姑息さ”

日本学術会議の「6人の任命見送り」について、先週末、【(朝日)学術会議問題「会長が会いたいなら会う」菅首相】で首相が任命を決裁したのは9月28日で、6人はその時点ですでに除外され、99人だったとも説明...

2020年10月14日 19:35

日本学術会議任命問題、「改ざん」指摘の当否、首相決裁「虚偽公文書作成」の可能性

日本学術会議の会員任命見送り問題に関して、菅義偉首相が、任命を決裁した時点で、6人がすでに除外され、99人だったと先週土曜日(10月10日)に報じられた。その直後にアップした記事【日本学術会議問題は、...

2020年10月12日 09:22

これが「刑事裁判」と言えるのか、“青梅談合事件控訴審逆転有罪判決”

9月16日午後1時15分、東京高裁410号法廷、刑事第三部中里智美裁判長が、青梅談合事件の被告人酒井政修氏に対する控訴審判決を言い渡した。一審では、検察官の立証は崩壊、求刑を罰金に落とすなど、事実上「...

2020年10月10日 20:30

「菅首相・推薦者名簿見ず任命決裁」と「甘利氏ブログ発言」で、日本学術会議問題は“重大局面”に!

10月7日にアップした【「日本学術会議任命見送り問題」と「黒川検事長定年延長問題」に共通する構図】で、「日本学術会議任命見送り問題」について、「黒川検事長定年延長問題」と対比しつつ詳述した。2つの重要...

2020年10月10日 11:44

「日本学術会議任命見送り問題」、「黒川検事長定年延長問題」と同じ構図で“政権の重大リスク”になるか

菅義偉総理大臣が、日本学術会議の新たな会員候補の一部の任命を見送ったことについて、野党側は学問の自由への介入だとして追及姿勢を強めているが、菅首相を始め政府側は「法に基づき適切に対応してきた」としてお...

2020年10月07日 17:48

「尖閣船長釈放問題」、検察に責任を押し付けた菅政権、総括なくして野党の復活なし

本日(9月8日)付けで、産経新聞が、前原誠司元外相が、2010年9月7日に尖閣諸島沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明ら...

2020年09月08日 18:11

河井前法相現金供与事件の真相は、「安倍政権継承」新総裁にとって重大なリスク

8月28日の記事【“崖っぷち”河井前法相「逆転の一打」と“安倍首相の体調”の微妙な関係】で、河井克行前法相、案里参議院議員の公選法違反事件の初公判での検察側、弁護側の冒頭陳述等に基づき、安倍首相が厳し...

2020年09月07日 20:10

すてきナイス金商法違反事件、ゴーン事件と共通する「強引な刑事立件」「人質司法」の構図

9月4日午後2時から、横浜地裁で、すてきナイスグループ株式会社(現ナイス株式会社、東証1部)の金融商品取引法違反事件の第1回公判が開かれた。被告人の平田恒一郎元会長、元社長、被告人会社は、いずれも全面...

2020年09月05日 12:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。