認定NPO法人 言論NPOの記事一覧

コロナ時代の世論 国際世論調査で際立つコロナ対応への日本国民の厳しい評価

言論NPOが7月13日に公表した、有識者アンケートでは、有識者の65.8%が日本政府の危機管理対応を評価していないという厳しい結果が出た。世界の様々な世論調査機関も同様に、新型コロナのパンデミックの中、各国の国民が政府の対応をどのように評価しているのか、国民は何に不安を持ち、今後をどのように見ているのか、多国間での調査を行い、比較・分析を発表している。コロナ禍の中、日本、また主要国の国民は、これま...

2020年07月28日 17:05

「責任ある決定」の仕組みという点で、日本の統治機構改革はまだ途上 ~言論NPOは、日本の民主主義の総点検を再開

言論NPOは、日本の民主主義の仕組みの総点検作業を再開し、第1弾として7月17日、「政府の信頼はなぜ低下したのか」と題してWeb座談会を実施しました。 議論には、言論NPOが昨秋発足させた「日本に強い...

2020年07月28日 16:30

柱となる基本方針や哲学が見えなかった「補正予算」

言論NPOは、日本政府のコロナ対策を危機管理や統治の仕組みという視点で点検を開始しています。今回は、6月12日に成立した第二次補正予算を中心に、その意味や作成のプロセスなどについて、言論NPOが定期的...

2020年07月20日 16:44

「コロナ以前」にはもう戻れない中、新たな発想が求められる ~座談会「コロナ禍の世界や日本の経済について、我々は何を心配しているのか」~

言論NPOは7月3日、活動再開後第二弾の議論として、「コロナ禍の世界や日本の経済について、我々は何を心配しているのか」と題しWeb座談会を開催しました。三菱UFJ銀行顧問の内田和人氏、経済協力開発機構...

2020年07月20日 16:21

「危機管理の文化」の不在が初動の遅れを招いた -尾身茂氏・石原信雄氏が政府のコロナ対応を総括

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で副座長を務めた尾身茂氏(地域医療機能推進機構理事長)と、1987年から95年まで官房副長官を務め、阪神大震災などの危機管理対応に当たった石原信雄氏が、それ...

2020年07月17日 09:54

「国際協調は必要だ」との認識で一致 ~座談会「コロナ危機の世界史的な意味と世界の今後をどう見るか」~

コロナ禍によって活動の自粛を余儀なくされてきた言論NPOは7月2日、活動の再開として「コロナ後の国際秩序をどう見ればいいのか」と題し、Web座談会を開催しました。公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研...

2020年07月17日 09:24

政府挨拶「東京会議2020」は未来宣言を採択し閉幕―未来宣言を受け取った米国のヒル首席公使代理が挨拶

言論NPOが2月28日から3日間にわたって開催してきた「東京会議2020」は、3日間の議論を踏まえ、世界10カ国の参加シンクタンク間で合意した「未来宣言」を採択し、主催者であり議長国でもある言論NPO...

2020年03月03日 18:44

10年後の世界秩序に悲観や楽観をするのではなく、「何ができるか」を考えていく局面に

基調講演に引き続き、カナダ・国際ガバナンス・イノベーションセンター総裁のロヒントン・メドーラ氏による司会進行の下、「民主主義各国に求められる責任とは」をテーマとしたパネルディスカッションが行われました...

2020年03月03日 18:38

世界の民主主義国は自由秩序をどう守るか―「東京会議2020」で世界の賢人3氏が基調講演

言論NPOが主催する「東京会議2020」は3月1日、東京プリンスホテルにて2日目の公開フォーラムを行いました。フォーラムの前半では、ドイツのクリスティアン・ヴルフ元大統領ら世界の首脳・外相経験者3氏が...

2020年03月03日 11:04

リベラルな国際秩序再興のためには、各国の「国内を強く」すると同時に、多様性をどこまで受け入れられるかが重要に

引き続き行われたセッション2では、「米大統領選の意義と目指すべき国際秩序」をテーマとした議論が展開されました。国益を最大化するためには、国際協力こそが最も効果的である セッションの冒頭、今年1月までア...

2020年03月02日 22:05

コロナウイルス流行が多国間連携や民主主義の強靭さを試す局面で、リベラル秩序のもと米中や世界が共存する道筋を議論

言論NPOが主催し、世界10カ国の有力シンクタンクのトップや世界の要人が参加する「東京会議2020」は2月29日、東京・大手町の日経ホールにて1日目の公開フォーラムを開催しました。 第1セッションでは...

2020年03月02日 11:47

地球規模課題10分野への国際協力評価 Report Card on International Cooperation to Top Ten Global Challenges2019-2020

地球規模課題10分野への国際協力評価2019年全体評価はD(やや後退)総論 2019年の地球規模課題への国際社会の取り組みには、米中対立の深刻化と自国第一主義の動きが、様々な形でマイナスの影響を与えて...

2020年01月30日 17:59

北東アジアの平和を脅かす10のリスク

有識者・専門家が選ぶ北東アジアの平和への最大の不安は「北朝鮮問題」 言論NPOは2020年1月21日の「アジア平和会議」の立ち上げに合わせて、北東アジアの平和を脅かす10のリスクに関する評価を行いまし...

2020年01月22日 22:10

新年こそが "ウェイクアップコール"を鳴らす最後のタイミング

2020年の幕開け。私は新しい年を、これまでとは異なる高揚した、強い覚悟を持って迎えています。 私が、こうした強い気持ちで新しい年を迎えたのは、この新しい年こそ、私たち自身が目を覚ますべき最後のタイミ...

2020年01月06日 14:15

日本は国際秩序の行方が不透明化する中でも、多国間主義や民主主義を世界で主導する努力を続けるべき ―言論NPOは「東京会議2020」に向け、国際秩序の議論を開始

2019年11月25日(水)出演者:古城佳子(東京大学大学院総合文化研究科教授)納家政嗣(上智大学国際関係研究所特任教授)下斗米伸夫(神奈川大学特別招聘教授)司会者:工藤泰志(言論NPO代表) 言論N...

2019年12月04日 22:14

個人の自己決定に基づく民主社会を守るため、 デジタル社会のルールづくりを議論する局面

2019年11月14日(木)出演者:山本龍彦(慶應義塾大学法務研究科教授)水谷瑛嗣郎(関西大学社会学部准教授)藤代裕之(法政大学社会学部准教授)司会者:工藤泰志(言論NPO代表) 言論NPOは11月1...

2019年12月04日 21:39

市民の課題解決への意思を信頼し、 政治参加の仕組みをアップデートしていくことが民主主義修復の鍵 ―言論NPO創立18周年フォーラム 第1セッション報告

言論NPO創立18周年フォーラムの第1セッションは、「今、代表制民主主義に必要な改革とは」と題し、世界で市民の信頼を失っている代表制民主主義を修復するために何が必要か、議論しました。 議論には、世界で...

2019年11月21日 22:58

民主主義とは自己決定する仕組みだが、AI技術の急速な発展は民主主義にとって転換点となる ~第2セッション「危機感なき日本-国際課題の解決と民主主義の再建に問われた責任とは」~報告

引き続き行われた第2セッションでは、西村陽一氏(朝日新聞社常務取締役)による司会進行の下、「危機感なき日本-国際課題の解決と民主主義の再建に問われた責任とは」をテーマに議論が行われました。混乱する仏独...

2019年11月21日 22:56

日本は、民主主義の強さを世界に示すことができる言論NPO18周年フォーラムでラスムセン氏(元デンマーク首相、前NATO事務総長)が講演

デンマーク首相や前NATO事務総長を務め、バイデン前米大統領やブレア元英首相らとともに「コペンハーゲン民主主義サミット」を立ち上げたアナス・フォー・ラスムセン氏が11月19日、言論NPOの創立18周年...

2019年11月21日 22:35

日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面

2019年10月16日(水)出演者:内山融(東京大学大学院総合文化研究科教授)中北浩爾(一橋大学大学院社会学研究科教授)吉田徹(北海道大学大学院法学研究科教授)司会者:工藤泰志(言論NPO代表) 言論...

2019年11月14日 22:01

目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理

言論NPOが進める民主主義改革の議論で中核を担う政治学者3氏が10月4日、都内の言論NPO事務所に集まり、11月19日の創立18周年特別フォーラムで行う日本の民主主義に対する問題提起に向け、議論を開始...

2019年11月14日 19:45

国会・政党が国民の信頼を取り戻す鍵は「可視化」 ―山下前法相ら与野党3国会議員

公開フォーラムの第二部では、「日本の政治家は日本の民主主義の現状をどう見ているのか」をテーマに議論を行い、現役の政治家に日本の民主主義の現状を問いました。 自民党の衆院議員で前法務大臣の山下貴司氏、国...

2019年11月14日 18:14

政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている。

2019年第2回目の「日本の民主主義に関する世論調査結果」公表 言論NPOは11月13日、日本の民主主義の様々なシステムを診断し、そのシステムをどのように立て直せばいいのか、の作業を行うため参議院選挙...

2019年11月14日 16:52

日本国民の対中認識が改善しない中、世界やアジアの将来を見据えた日中協力の具体的な姿について議論を開始する必要がある ―「第15回日中共同世論調査」結果を受け専門家3氏が一致

2019年10月17日(木)出演者:園田茂人(東京大学東洋文化研究所教授)坂東賢治(毎日新聞専門編集委員)加茂具樹(慶應義塾大学総合政策学部教授)司会者:工藤泰志(言論NPO代表)⇒ 【言論スタジオ】...

2019年10月25日 16:00

「第15回日中共同世論調査」結果

⇒ 【言論スタジオ】第15回日中共同世論調査をどう読み解くか⇒ 記者会見の内容を読む⇒ 工藤の分析「なぜ日本人に中国へのマイナス印象が大きいのか」を読む【調査協力】日本:輿論科学協会 中国:零点研究コ...

2019年10月25日 15:09

なぜ、日本人に中国へのマイナス印象が大きいのか 15回目の日中の共同世論調査結果をどう読むか

⇒ 【言論スタジオ】第15回日中共同世論調査をどう読み解くか⇒ 記者会見の内容を読む⇒ 「第15回日中共同世論調査」結果工藤泰志・言論NPO代表 私たち言論NPOが、中国と共同で日中の世論調査を開始し...

2019年10月25日 15:08

調査結果から、日中両国民の認識ギャップが浮き彫りに ~「第15回 日中共同世論調査結果」記者会見報告~

⇒ 【言論スタジオ】第15回日中共同世論調査をどう読み解くか⇒ 工藤の分析「なぜ日本人に中国へのマイナス印象が大きいのか」を読む⇒ 「第15回日中共同世論調査」結果 言論NPOと中国国際出版集団は10...

2019年10月25日 15:01

日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは10月3日、日本の民主主義の改革に向けた提案に取り組むことを決め、第1弾となる公開フォーラムを、東京大学大学院の内山融教授や北海道大学の吉田徹教授ら4人の政治学者の参加で実施しました。議論...

2019年10月10日 22:56

北東アジアの平和のため、日韓の信頼関係修復の努力を始めることが両国の国益につながる ―安全保障専門家3氏が一致

2019年9月11日(水)出演者:香田洋二(元自衛艦隊司令官、元海将)小野田治(元航空自衛隊教育集団司令官、元空将)増田雅之(防衛研究所 地域研究部中国研究室、主任研究官)司会者:工藤泰志(言論NPO...

2019年09月12日 16:01

米社会の分断や米中対立は、誰が大統領になっても変わらない構造的な現象-ピュー・リサーチ・センター前ディレクターのストークス氏

米国の世界的な世論調査機関ピュー・リサーチ・センターでディレクターを務めていたブルース・ストークス氏は9月9日(月)、言論NPOの公開フォーラム「アメリカ大統領選挙の行方と民主主義の現状」に参加し、現...

2019年09月10日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。