文藝春秋SPECIAL 2016夏の記事一覧

【なぜ南シナ海に進出するのか?】南シナ海 対米核戦略の内幕 - 能勢伸之(フジテレビ解説委員)

国際法を無視し、米国や周辺諸国からの批判にも耳を傾けず、領有化を進める背景には、核戦略があった 中国は2007年より、自らが引いた「九段線」内の南シナ海を自国の領海とみなし、2014年より、その領域内の島嶼や埋立てで造った人工島に滑走路や港湾施設、レーダー施設を着々と建設している。当然、米国はこの行動に憂慮を示し、再三、やめるように警告を発している。また、中国との間で南沙(スプラトリー)諸島や西沙...

2016年06月16日 19:25

【どんな悩みを抱えているのか?】社会調査でここまでわかった中国最新結婚事情 - 園田茂人(東京大学教授)

親の干渉、増える離婚率、期待する生活水準の高まり……。結婚から見えてくる中国人の悩み 中国の社会現象を眺めていると、時々、既視感と違和感を同時に味わうことがある。 先日も、天津の街中を歩いていると、公...

2016年06月16日 19:08

【中国はどう見られているのか?】アジア発中国ホンネの評判「支那人を叩き出せ!」 - 安田峰俊(ノンフィクション作家)

「資金力がある」、「ビジネスはビジネス、政治は政治」―中国の国力増進は様々な反応を引き起こしてきた。定点観測から見えてきた中国の世界戦略「遠きに交わりて近きを攻むるに如かず」 紀元前3世紀、ある策士が...

2016年06月09日 07:15

【なぜ汚職と手が切れないのか?】雍正帝も手を焼いた腐敗の中国史 - 岡本隆司(京都府立大学教授)

幾度も腐敗退治は試みられたが……腐敗からみえてくる中国社会のしくみ 中国で習近平体制が発足して三年。当初、政策も力量も未知数だった、かれの政権運営は、アメリカとの対立・経済の減速など、目前に少なからぬ...

2016年06月09日 07:13

【起業家が見た日中の違いとは?】百度が注目した中国人留学生社長の起業術 日本は中国よりチャンスに開かれている - 程涛(popIn代表取締役)

たった一人での日本留学、お金も頼りもない若者が起業に挑んだ。東大大学院時代のベンチャー創業、そしてM&A。新世代のメッセージ 昨年六月、中国最大の検索エンジンを運営する百度(バイドゥ)が、東京大学発の...

2016年06月02日 08:17

【中国経済 次の勝負どころは?】シリコンバレーが震撼 グーグルから中国に〝人工知能のエース〟が流出 - 富坂聰(ジャーナリスト)

経済失速と同時に進むニューエコノミーへの移行。「世界を変える新技術」で一発逆転を狙う 今年三月の全国人民代表大会(全人代)を前に、習指導部は全国政治協商会議を通じて、出席する代表たちに「過激な提案をす...

2016年06月02日 08:02

【トンデモ事件の背景に潜むものは? 】 十三億人 欲望と打算の仰天事件簿 - 北村豊(中国鑑測家)

汚職幹部の家から発見されたマル秘コレクション、手術中に料金値上げをもちかける医師。事件の深層を知ると、現代中国の実態が見えてくる 商社マンとして中国を担当して以来44年、中国社会を内と外の目で鑑測し続...

2016年05月26日 08:32

【中国人だからここまで書けた】赤裸々ルポ 上海的神経衰弱 - 楊素行

中国第一の経済都市・上海では、富める者も貧しき者も、ムシャクシャ、モヤモヤ。この得体の知れない不安は何なんだ!? 僕は魔都をさまよい、その正体を探る旅に出た「不安だらけ」の中国を語る前に、「不安だらけ...

2016年05月26日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。