不登校新聞の記事一覧

大量の課題、突然始まったいじめ。今だから話せる一斉休校の影響

コロナ禍で突然に始まった全国一斉休校。大人も揺れるなかで不登校になったイチゴさん(当時小6)。学校で受けたいじめと、その後、自分の夢に向かって中学受験をすることになったきっかけを話してくれました(冒頭の写真はイメージ写真です)。* * * 小学校低学年のころは、友だちと騒いだり、男子と鬼ごっこをして走りまわったりして遊ぶような、どちらかといえば私は活発なタイプでした。4年生~5年生からは、友だちの...

2021年07月17日 12:53

他者との「ちがい」から考える、自尊感情を高める教育とは

オンライン講座「発達障害といじめ、そして不登校~他者の違いをプラスに考える~」(主催/NPO法人あくしゅ)の講演抄録を掲載する。講師は児童精神科医の門眞一郎さん。門さんは長年にわたり自閉症の子どもや不...

2021年07月04日 17:01

中1で不登校になった僕。母の「好きにしなさい」の言葉が救いに

多くの若者から支持を集める俳優・ゆうたろうさん(23歳)に取材しました。「学校へ行く意味がわからなくなった」と言うゆうたろうさんに、不登校になった中学1年生から現在に至るまでのお話をうかがいました。*...

2021年07月03日 10:22

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

4月10日に行なわれたオンラインシンポジウム「不登校からの卒業~あの頃が思い出に変わるとき~」(主催・NPO法人ここ)の講演抄録を掲載する。登壇者は、中学と高校で不登校を経験した現役大学生の安部ひかり...

2021年06月17日 19:44

「握った手がほどけない」不登校の子が登校時に感じた緊張感

群馬県在住の小林直央(なおひろ)さん(19歳)は中学1年生から中学卒業まで不登校だったそうです。不登校の経緯や不登校中のこと、今に至るまでの胸のうちをうかがいました。* * *――小林さんが不登校にな...

2021年06月01日 12:57

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。お子さんの人数は、なんと7人。なぜ生駒家では、ホームスクールを始めたのかをうかがってきました。(聞き手・石井志昂/編集・小山まゆみ...

2021年05月16日 13:29

有名私立中学への受験合格後に不登校、山田ルイ53世に起きたこと

お笑い芸人・山田ルイ53世さんも「長期休み明けの不登校」だったそうです。山田さんに不登校のきっかけや、過去の記憶から解放されていった経緯をうかがいました。* * *――山田ルイ53世さんは、いつから不...

2021年05月15日 15:51

5人に1人は「とても繊細な人」繊細さは幸せにつながる素敵な感性

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」(Highly Sensitive Person とても敏感な人)。HSP専門カウンセラーの武田友紀さんは、親しみを込めてHSPを「繊細さん」と呼びます...

2021年04月29日 15:31

「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

私は学校教員を約20年間勤めている。学校教育とは、子どもたちが学ぶことによって「自由」を獲得するためのものであると考えている。ここでいう「自由」とは、子どもたちが自分の力で考えながら進む道を選択し、人...

2021年04月17日 14:49

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

文科省の調査によると、小学2年生がいじめのピークなんです。小学校低学年のいじめとはどんなものなのか、大人はどんな対応ができるか、いじめ経験者、居場所関係者、教員などの話をもとに紹介していきます。(編集...

2021年04月16日 13:31

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

新学期を直前に控えた今、不登校をしていた子はどんな心境を抱えているのでしょうか。不登校の子とともに歩んできた中村尊さん(フリースクール「クレイン・ハーバー」代表)に、子どもたちの心境と周囲に求められる...

2021年04月04日 11:30

発達障害の「グレーゾーン」をご存じでしょうか

ライター・姫野桂さん 今回お話をうかがったのは、フリーライターの姫野桂さん。姫野さんは自身も発達障害の当事者として、発達障害に関する書籍のほか、当事者が直面する生きづらさを解消するためのライフハックを...

2021年04月03日 10:23

新年度直前でも入学受付可。過去最多を更新した通信制学校の人気とは。

新型コロナウイルスの影響により、2020年度は学習環境が激変した一年だった。そうしたなか、学習が思うように進まず、進路に不安を感じている中学生も多い。はたして、新年度を2か月後に控えた今、このまま全日...

2021年02月14日 12:03

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

僕の不登校は、中学2年生の始業式から始まりました。当時は自分でもわからなかった不登校の理由が、歳を重ねて言葉にできるようになったので、今回は僕の不登校の理由について書いてみたいと思います。 僕は、突然...

2021年02月13日 15:15

不登校になってよかったか否か。究極の2択に経験者277名が回答

不登校当事者・経験者に本紙がツイッター上でアンケートを実施したところ「不登校になってよかった」と答えた人が半数を超えていたことがわりました。しかし、本人の思いは「よかった」「悪かった」と、ひとくくりに...

2020年12月25日 10:47

わが子を信じて腹をくくろう、あなたの子どもは大丈夫です

2020年10月11日、愛知県豊田市にて「フリースペースたまりば」理事長・西野博之さんの講演が行われた(主催・不登校を考える豊田の会まちあいしつ)。講演では昨今の社会状況をふり返りながら、親はどうやっ...

2020年12月15日 15:14

安心してひきこもるために、僕が実践している5つのこと

僕は今でもひきこもり生活を続けている。ひきこもれば学校や仕事のしんどさから離れることはできるが、しんどさから完全に解放されるわけではない。 今は仕方がないと思いつつも、将来への不安や社会への罪悪感で押...

2020年11月17日 18:05

「あなたは不登校を克服しましたか」不登校経験者36名の回答

不登校経験者のインタビューを読んでいると「私は不登校を乗り越えた・克服した」という切り口で「不登校その後」が語られていることがあります。そう感じている人もいると思いますが、「不登校を乗り越えたか否かと...

2020年10月13日 15:55

「治せない弱さが持ち味になった」俳優・佐藤二朗が伝えたいこと

俳優としてテレビや映画で活躍する佐藤二朗さんにインタビュー。かつては劣等感から自分に自信が持てず、「暗黒の20代」をすごしていたという。夢と現実の狭間で葛藤し、苦しみの末に見出した思いをうかがった。*...

2020年10月03日 17:50

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

歌手・加藤登紀子さんは今年で歌手生活55周年を迎えた。戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんに、生きにくさや自由について、また、子育てについてお話をうかがった。* * *――私をふくめて多...

2020年09月17日 16:51

「かたちだけやっても学力はつかない」半年以上の勉強の遅れを取り戻す方法

多くの保護者から「勉強の遅れ」を心配する声を以前より聞いてきました。休校によりその声は、不登校の家庭以外にも広がっています。保護者の安心のために今、この点を紙面化することが必要だと感じました。そこで、...

2020年08月18日 22:25

教育学者・内田良が提唱するwithコロナ時代の教育構想

新型コロナウイルスの影響により、突如、始まった休校は3カ月間にも及んだ。6月より多くの学校では教育活動が本格的に再開されつつある。コロナ禍、そして休校という事態が、子どもたちにどんな影響を与えたのか。...

2020年06月30日 18:16

東大大学院から6年半、ひきこもった僕が今思うこと

東京大学大学院在籍中から6年半ひきこもった経験を持つ、石井英資さんにお話をうかがった。ひきこもり中の生活や、抜け出せた理由などをお話いただいた。* * *――石井さんがひきこもるようになったのはいつか...

2020年06月24日 18:40

「最低限の安心がほしかった」、不登校の私が高認受験した理由

文科省が年2回実施している「高等学校卒業程度認定試験」(以下、高認)。合格すると、高校卒業と同程度の学力があると認められる。高認経験者に当時のようすやその後について、大崎梨加さん (仮名・27歳)にお...

2020年05月29日 16:30

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

今回は、コロナ禍による長期間の休校措置で「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配だ」というご相談にお答えしたいと思います。 学校が休みのあいだ、子どもは、自分が嫌いな勉強にはほとんど手...

2020年05月28日 17:30

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたら不登校当事者から、こんな答えが返ってきました。「俳優・坂上忍さんです。坂上さんみたいな大人になりたいからです」。彼女の思いをベースに...

2020年04月02日 11:27

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

不登校経験者・丸山遥暉(はるき)さんにお話をうかがった。丸山さんは2度の不登校を経験後、現在は大学で心理学を学んでいる。不登校中つらかったことや転機になったことなど、話していただいた。* * *――不...

2020年03月14日 15:20

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

小学校1年生で不登校をし、現在は児童養護施設や学童で支援員として働く久美子さん(31歳/大分県在住)。不登校中、もっとも苦しかったことや、安心できる「居場所」を見つけるまでの経緯などをうかがった。* ...

2020年02月15日 20:50

嫌なことはしないで生きる「レンタルなんもしない人」の覚悟

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で話題になった。ツイートしたのはレンタルなんもしない人さん(36歳)。貸し出し費用は1万円と交通費実費。何もしない仕事(サービス...

2020年02月14日 17:43

外出できる「ひきこもり」は9割、議論されない問題の核心

ひきこもりをめぐる問題とはなんなのか。ひきこもりの研究を続ける社会学者・関水徹平さんに執筆いただいた。関水さんは今号と次号で掲載予定。* * * 学校では、先生や同級生との人間関係に気をつかうし、いじ...

2020年01月29日 17:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。