自由人の記事一覧

「親にも殴られたことのない顔を…」社会の到来

■「虐待の禁止」ではなく「体罰の禁止」 漫画を読む人であれば、以下のような台詞をよく目にすると思う。 「親にも殴られたことのない顔を…」 この台詞は、お上品な上流階級のボンボンが、今までの生涯で親からも殴られたことのない(綺麗な)顔を他人に初めて殴られた時に言う常套句のような台詞である。ちなみに、ここで言う「殴られた」とは「拳骨」ではなく、主に「平手打ち」のことを意味する。 千葉県野田市の小学生の...

2019年03月21日 10:38

行き過ぎ感のある芸能界の「連帯責任」

■薬物使用で連帯責任の是非 有名な俳優が死亡すれば、その俳優が出演した過去のテレビ番組の特集が組まれ、有名なミュージシャンが死亡すれば、そのミュージシャンの過去のヒット曲を集めたCDが発売される。 し...

2019年03月16日 11:12

「黒人ばかりのアカデミー賞」の違和感

■「白人ばかりのアカデミー賞」から「黒人ばかりのアカデミー賞」へ 1年前に『ハリウッドのリベラル化を憂う』という記事を書いて、ハリウッド映画が政治的に利用され、おかしな方向に傾いていることを指摘したこ...

2019年03月11日 12:27

「人質司法」を問題視しない「人権派」の謎

■「人質司法」は「推定有罪司法」 逮捕拘留から108日間が経過して、ようやくゴーン氏が保釈された。 確実な証拠も出揃わないまま、本人が罪を否定しているにも拘らず、3ヶ月間も冷暖房の無い異国の狭い密室に...

2019年03月09日 08:33

3度目の米朝首脳会談がタイムリミット

■平和的提案を反故にしてしまった少年 山賊の貧しい少年が大都会の大富豪の邸宅に招待され、その圧倒的な生活水準の違いに魅せられ目をキラキラと輝かせるかのような温和な雰囲気を醸し出していた前回の米朝首脳会...

2019年03月02日 11:12

安藤優子アナの発言は「不謹慎」だったのか?

■「神様が与えた試練」が否定された訳 最近、誰かが言った「言葉(失言)」についての記事ばかり書いているような気がするのだが、今回も例に漏れず「失言」系の記事になる。 今回のお題は、フジテレビの安藤優子...

2019年02月28日 22:46

政治家は「言葉が命」なのか?

■「詩人」や「俳人」になってしまった政治家 週末の某テレビ番組で桜田義孝五輪相の「がっかり」発言(失言)の話題を伝えていたので、少しだけ横目で観ていると、以下のような言葉が耳に入ってきた。 「政治家は...

2019年02月26日 07:20

映画『クワイエット・プレイス』にみる「言葉狩り社会」の恐怖

■「音を立てたら、即死。」と「失言をすれば、即死。」 昨年、「音を立てたら、即死。」というキャッチフレーズが話題となって大ヒットしたホラー映画があった。その映画のタイトルは『クワイエット・プレイス』。...

2019年02月22日 22:26

「がっかり発言」を素直に考える

■意見が真っ二つに分かれている「がっかり発言」 競泳選手である池江璃花子氏が白血病であることを公表したことで、桜田義孝五輪相が「本当にがっかりしている」と語ったことが大きな問題になっており、識者の間で...

2019年02月18日 07:21

『一人の力で日経平均を動かせる男』のシンプルな成功法則

■「株式相場で230億円稼いだ男」の自伝本 昨年末に書店で見かけて気になっていた書籍『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』を購入し読んでみた。 本書は「一人の力で日経平均を動かせる男」という異名...

2019年02月17日 09:47

「悪夢のような民主党政権」という言葉の是非

■民主党時代は悪夢のような時代だった 衆院予算委員会における安倍総理の「悪夢のような民主党政権」という発言が物議を醸している。 「民主党時代は悪夢だった」というような話は、これまでにもいろんなところで...

2019年02月13日 07:25

官僚の不正行為が無くならない理由

■変わらない「官僚>政治家」の構図 厚生労働省の統計不正の発覚が大きな問題となり騒がれている。先の財務省の決裁文書改竄問題と同様、官僚の不正、隠蔽問題は枚挙に暇がないが、なぜかこの国では、官僚の不正行...

2019年02月11日 07:25

麻生発言は「少子高齢化問題」よりも重要なのか?

■「少子高齢化問題」が置いてきぼりの麻生批判 自民党の麻生氏が講演の場で次のような発言をしたということで、またまた騒ぎになっている。「年寄りが悪いという変な野郎がいっぱいいるけど、間違っていますよ。子...

2019年02月04日 22:43

嘘が真実になる前の「大人の対応」

■賛否両論の「大人の対応」 日本と韓国との間で起こった「レーダー照射事件」は、一向に解決に向かう気配が感じられず、いつまでも駄々をこねる韓国側に対して、ついに日本側は「大人の対応」として、韓国政府との...

2019年01月26日 11:14

「ゴーン・ショック」から「竹田ショック」へ

■「陰謀論だ」を疑うべき事態 フランス司法当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対して捜査を開始したことで話題になっている。タイミングから考えても偶然にしては出来過ぎ感があるため、「ゴ...

2019年01月12日 14:12

「レーダー照射問題」と「煽り運転問題」

■煽り運転事故を起こした大人げない韓国 韓国レーダー照射事件は、想定の範囲内とはいえ、常識的には考えられない展開を迎えてしまったようだ。 この問題は、少し前に話題になった自動車の煽り運転問題とよく似て...

2019年01月05日 12:44

ローラ氏「辺野古埋め立て反対発言」の行方

■ローラ氏にとっては「寝耳に水」 タレントのローラ氏が辺野古埋め立て反対発言および署名活動を行ったことで、テレビCMのスポンサーからCMを降ろされる可能性があると話題になっている。 このことで、またぞ...

2019年01月02日 13:18

豆鉄砲を喰らってしまった韓国

■「日本人いじめ」を報告した日本 最近は「徴用工問題」で世間を騒がせていた韓国が、今度は「レーダー照射問題」で世間を賑わせている。 「慰安婦問題」にせよ「徴用工問題」にせよ、日韓の本当の歴史を少しでも...

2018年12月30日 12:56

「既得権(取得した権利)」と「利権(利益を伴う権利)」

■「○○が日本を滅ぼす」 社会関連の書籍において「日本を滅ぼす」というタイトルは定番中の定番であり、毎年のように発売されている。一例を挙げると、 『憲法が日本を滅ぼす』 『裁判官が日本を滅ぼす』 『財...

2018年12月29日 15:11

『下町ロケット』の次に観るべきドラマ

■2つの『下町ロケット』の比較 TBS日曜劇場の国民的定番ドラマとなった池井戸 潤原作シリーズ。その最新作『下町ロケット(ゴースト/ヤタガラス)』の最終回が放送終了した…と言うか、どうやら本当の最終回...

2018年12月24日 07:16

グローバリズムは「公平」or「平等」?

前回、と言うより、今朝書いたブログ記事では、いろんなコメントを頂いた。「グローバリズム」という言葉には、いろんな定義と解釈が有り得るので、反論や批判は覚悟していたものの、予想していた通りのコメントも散...

2018年12月11日 17:21

大富豪達のお節介から生まれた「グローバリズム」

■「グローバリズム」が齎した「中産階級の没落」 20世紀末から世界の潮流として叫ばれた「グローバリズム」とは、平たく言えば、「世界の貧富の差を無くす」という思想だった。 地球上には先進国と言われる比較...

2018年12月09日 13:37

「推定有罪劇場」の役者達

■いつまでも続く「推定有罪劇場」 11月19日にカルロス・ゴーン氏が逮捕されてから2週間が経過しようとしているが、未だに日産ゴーン氏を巡る報道は一向に衰えを見せる様子がない。最近になって、様々な方面か...

2018年12月02日 09:43

「ホリエモン逮捕」に通じる「ゴーン氏逮捕」

■ライブドア事件を彷彿とさせるゴーン氏逮捕 現在、テレビや新聞を観ていると、連日のように、日産のカルロス・ゴーン氏の逮捕騒ぎになっており、まるで、以前のライブドア事件を彷彿とさせるものがある。 日産と...

2018年11月23日 15:37

消費税の「累進課税」は公平な制度

前回の記事で、消費税の累進課税化について少し書いてみると、いろんなコメントをいただいた(BLOGOSのコメント)。 しかしながら、「累進課税」という言葉に引っかかる人が多かったのか、言わんとしているこ...

2018年11月14日 07:29

消費税には「軽減税率」よりも「累進課税」

■愚策としての「軽減税率制度」 案の定と言うべきか、消費増税における「軽減税率制度」が槍玉に挙がっている。 最も問題視されているのは、システムがややこしく複雑になり過ぎるため、無事に対応していけるのか...

2018年11月12日 09:24

「はじめに消費増税ありき」というデフレ思考

■アップルとドコモの大きな違い 米アップル社が11月1日に発表した決算は、売上高が約20%増、純利益が約30%増となり、それぞれ過去最高となった。 これだけの好業績であっても、毎度のように「アナリスト...

2018年11月04日 10:54

「国家には国民の命を守る義務がある」のなら…

■「自己責任」論は一種のタブー 某ジャーナリストの拘束・解放問題で、またぞろ「自己責任」という言葉が飛び交っている。 専ら、「弱者」というものを題材とした「自己責任」論は、日本では一種のタブーとして煙...

2018年10月30日 07:07

サスペンスドラマ化している「米国中間選挙」

■爆発物を送りつけたのはテロリストなのか? 10月22日にジョージ・ソロス氏宅に爆発物が送りつけられたというニュースが報道されたばかりだが、今度は、ヒラリー・クリントン氏やオバマ元大統領などを含む複数...

2018年10月26日 09:35

「有給休暇取得」の例え話

■「働いても給料が出ない」の意味 昨日書いたブログ記事(「有給休暇」強制取得社会の始まり)で、「働かなくても給料が出る」=「働いても給料が出ない」と書くと、「解らない」とコメントしている人が数人おられ...

2018年10月22日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。