吉田大樹の記事一覧

100人中3人しか取得しない男性育休の現状

2016年度の男性の育児休業取得率が5月30日に厚生労働省より公表された。3.16%と初めて3%台になったものの、メディアの扱いはどこもその事実を伝えるのみで解釈を加えることもなく、ぞんざいな扱われ方されたものだなという印象を強く持った。メディアの伝え方が弱ければ、情報は限定的にしか広がらない。当然筆者も3%になったことを評価するつもりはない。「過去最高の3.16%になった」というよりは、「依然と...

2017年07月02日 15:37

自治体がリリースしている子育てアプリを頻繁に活用している人っていますか?

この手のアプリはいくつかの疑念を持っています。都道府県レベルならまだ理解できるところはありますが、人口が10万人もない自治体が独自?開発して作る理由が正直あまり理解できません。各自治体のHPを拡充すれ...

2017年05月07日 16:21

「単なる育休延長」で男性の育休は置き去りに~パパクオータ制導入は当分見送りに~

導入が見送られたパパクオータ制筆者は11月5日に「いまこそ男性の育児休業の取得に本腰を入れるときだ」http://bylines.news.yahoo.co.jp/yoshidahiroki/2016...

2016年12月30日 15:37

いまこそ男性の育児休業の取得に本腰を入れるときだ

日本人男性の育児休業取得率はいまだたったの2.65%この数字を見て、「高い」と思う人は誰もいないかと思う。共通認識として「高い」と思う人がいないのに、これまで残念ながら抜本的な対策が講じられてこなかっ...

2016年11月06日 07:31

北海道不明男児無事保護!必要以上に親を責めないでほしいとひとりの親として思うわけ

北海道・七飯町で行方不明だった小2男児が1週間ぶりに保護された。まずは、同い年の子どもを持つ親としても、本当に無事で良かったと安堵している。たまたま保護されたニュースをスマホで知ったときに、駅のホーム...

2016年06月03日 22:27

「待機児童」は「働く権利・義務」を奪う憲法違反という考え方

「#保育園落ちたの私だ」の威力いまこのハッシュタグがされたツイートがツイッターを席巻している。「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログをきっかけにして、これまでたまりにたまっていた怒りが表面化したという...

2016年03月07日 11:34

いまこそ冷静になって考えたい『育休』を超えた『育専』社会を

今回の件をきっかけに超党派で実効性のある議論を12月に高々と「育休」を宣言した議員が結局は「育休」を取ることなく、あっけなく議場を去った。非常に残念な結果となったが、筆者が昨年末に書いた記事において「...

2016年02月18日 07:46

「育休」ではなく「育専」へ~「一億総『育専』社会」の実現を~

衆議院議員・宮崎謙介氏の「育休」取得発言を機に国会議員の「育休」取得について「取るべきか」「取るべきではないか」の議論で盛り上がっている。たまたま日本における「育休」の今後の在り方について思うところが...

2015年12月29日 19:41

子どもが産まれる前に夫婦で考えておくべきこと~両親学級で伝えたこととは~

先日、都内の保健センターで両親学級の講師を務めた。最近では、市町村の保健センターや病院で母親学級だけではなく、父親を含めた形の両親学級も増えてきた。しかし、沐浴や妊婦体験などの表面的なワークショップで...

2015年12月16日 00:12

男性の育休はたったの2.30%!?スタートから刷り込まれる「子育ては母親」の価値観

伸び悩む男性の育休取得2014年度雇用均等基本調査(速報)が厚生労働省から公表され、男性の育児休業取得率の割合が2.30%となったことが明らかとなった。前回調査(同2.03%)より0.27 ポイント上...

2015年06月27日 00:41

東京圏選出議員の増加は地方衰退に拍車をかけることにならないか~衆院9増9減案を受けて考える~

[画像をブログで見る](2月10日付朝日新聞朝刊一面より)  今朝の朝日新聞に衆議院選挙の一票の格差是正の記事があった。衆院選挙改革、「9増9減」軸に検討 議長諮問機関http://www.asahi...

2015年02月10日 13:32

【新たな子ども・子育て支援制度が始まります!】公定価格が決定しすべての骨格が決まる

公定価格が了承。制度の骨格固まるいよいよ4月から開始される「子ども・子育て支援新制度」。都市部における待機児童解消に向けた保育の量の確保だけではなく、配置基準の改善や保育者の賃金の引き上げなど質の改善...

2015年02月06日 22:55

「専業主婦」の存在意義とは~このドラマに注目~

安倍政権が発足して丸2年が経過し、議論の方向性はともかくとして「女性」の在り方が積極的に論じられている。なかでも、特に焦点に当たられているのが「専業主婦」であろう。「専業主婦」に対してどのようにアプロ...

2015年01月28日 15:23

昨日の内閣府「子ども・子育て会議」で出された資料です。このイラストに違和感を感じる社会にしなき…

昨日の内閣府「子ども・子育て会議」で出された資料です。このイラストに違和感を感じる社会にしなきゃならんと思います。担当者も悪気はないと思うんだけど、まだまだ意識しないとこうしたイラストを無意識のうちに...

2015年01月23日 17:12

解散総選挙をサッカーの試合に見立てて考えてみると・・・

11月21日、とうとう衆議院が解散となった。多くの人の見方と同様、この唐突な解散には少々戸惑いがあるが、首相の専権事項である解散という決断がなされた以上、日本がどのような道を進むべきかというボールは、...

2014年11月24日 00:53

予定どおり消費税を引き上げ、子育て支援の充実を(第2回点検会合)

11月13日に開催された経済財政諮問会議「今後の経済財政動向等についての点検会合」(第2回)に出席させていただいた。一子育て中の当事者として、そして内閣府の「子ども・子育て会議」の委員という立場から、...

2014年11月14日 07:21

ベビーシッターに対する届け出を義務づけへ

厚生労働省は10月27日、「子どもの預かりサービスの在り方に関する専門委員会」(第5回)を開催し、報告書をとりまとめた。主要メディアでも取り上げられていたが、大きなポイントは2つ。1つは、施設を伴わな...

2014年10月31日 06:14

「女性活躍推進法案」がめざすものとは?

安倍政権になってから、成長戦略の1つの柱ということで、「女性の活躍推進」が血気盛んに叫ばれている。とうとう本日「女性活躍推進法案」(※)が閣議決定され、政府は臨時国会に法案を提出する。※正式名称は、「...

2014年10月16日 16:36

みなさん年休取ってますか?

皆さん、知ってましたか?10月は「年次有給休暇取得促進期間」なんです!http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000059344.htmlここ数年、日本の年次有給休暇(年休...

2014年10月01日 15:33

ママの「家事・育児奮闘CM」を改めて考える

今朝の朝日新聞社会面「ニュースQ3 ママだけ家事・育児に奮闘?CMの表現に議論」の記事が出たので、改めてこの問題について考察してみたい。http://digital.asahi.com/article...

2014年08月08日 13:13

厚労省が「子どもの預かりサービス」で委員会を設置~秋にも取りまとめ~

今年3月に起きたベビーシッターを名乗る男性の自宅から男児が遺体で発見されるという事件をきっかけとして、マッチングサイトなどの実態が浮き彫りとなったが、このたび厚生労働省は「子どもの預かりサービスの在り...

2014年08月04日 18:58

「子育て世代の女性が働いていない県」を紐解くと・・・

今朝のハフィントンポストで「【地図】子育て世代の女性が働いている県・そうでない県」という記事が掲載された。非常に興味深い地図だったので、東京周辺の状況について自分なりに分析してみた。http://ww...

2014年07月30日 12:19

厚労省が「イクメンスピーチ甲子園2014」を開催!

2010年6月に厚生労働省が立ち上げた「イクメンプロジェクト」も、先月で丸4年の月日が経った。イクメンという言葉自体は社会に浸透したものの、自他ともに「イクメン」として、仕事と生活の調和を図り、家事や...

2014年07月18日 11:32

【花王 アタック ウルトラアタックNeo 広がっています篇】を観て感じたこと

【花王アタックウルトラアタックNeo広がっています篇】のCMを観た。https://www.youtube.com/watch?v=hWZkfIJSaFACMを観終わった瞬間に、何とも言えないもやもや...

2014年07月17日 11:08

「残業代ゼロ」だけの問題ではない!

今朝の朝日新聞に、「残業代ゼロ」一般社員も~競争力会議提言へ 本人同意条件~という記事が載っていた。第1次安倍政権のときに検討された、「ホワイトカラーエグゼンプション」(WE)と仕組みは同じ。一定以上...

2014年04月22日 09:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。