中村ゆきつぐの記事一覧

断らない救急 せっかくいい取材したんだから、経済弱者の避難場所が病院になっている、最高の医療にはお金が余分にかかる現実も見せて欲しかった

日曜のMrサンデー、「絶対に断らない」救命救急病院の特集でした。そうその病院は以前ブログで書いた神戸市立医療センター中央市民病院・救命救急センター、日本で一番の救急医療を行う病院でした。>▼「絶対に断らない」救命救急病院患者の救急搬送が増え続け、受け入れ先が見つからず“たらい回し”も問題視されている中、神戸に救急搬送を“絶対断らない”病院があった。密着取材で見えてきたのは、20年前に取り入れた“マ...

2019年09月17日 07:54

リーダーとしての行動 河野太郎大臣の広報さすがです

千葉の災害派遣問題(前回のブログ)。新防衛大臣のツイッターが素晴らしいです。これができる指揮官はそういない素晴らしいやるべきことは住民のため#自衛隊#東京電力 #官民共同 https://t.co/x...

2019年09月16日 07:43

本当に何もなくなった時に何ができるか 減らした人手は戻らない 災害時における人手という自衛隊の意義

前回物流が保たれているからなんとかなるはずと書いた記事。詳しい内容が伝えられるにつれ、一部ニュアンスを変えさせていただきます。お許しください。南房総の被災対処の問題。教科書的に言えば初期対応の遅さが一...

2019年09月14日 13:24

台風被害 停電の怖さ ただ対応において成長していないのは誰? 政府?野党?地方自治?メディア?住民?

千葉の台風被害。なかなか回復しません。でもあれだけの台風、電柱の被害みてると仕方ないかなと感じています。東京電力頑張ってください。そして安全なところから人災だとか不謹慎だとか批判をする人達、本当このタ...

2019年09月12日 11:53

少し難しい夢 真面目な先生は何処にもいる それをかなえるのは行政の力 医療はビジネス?公共の福祉?

ある先生と話をしました。その先生は救急患者を全て受け入れてあげたい。検査もできる限りしっかりやってあげたい。でも全ての患者を入院させるわけにはベッドの問題で不可能。そういう場合どうすればいいのかと今考...

2019年09月11日 08:36

高齢者在宅医療の考え方 病院から在宅医療へ でも病院は必要

在宅医療の専門家、医療法人社団悠翔会佐々木先生のブログです。連続でツイートしましたが、ブログにも記録して置きたいと思います。一部ツイッターのため引用改変しています。>治らない病気や障害とともに、人生の...

2019年09月09日 17:04

高齢者の医療 どこまでならみんな納得する? 国が責任取るしかない

以前から少し記事として上げてきた高齢者の医療。本当現場は混乱しています。いわゆる悪性新生物治療。特に専門家と一般でかなり対応が異なりますが、そこには情報量の違いなどが存在します。ただ80代後半以降では...

2019年09月07日 10:25

豚コレラ対策 結局そうなるよな 今からしっかりやろう

豚コレラ。ついに一部ですがワクチンがうたれます。以前書いた記事ですが、残念ながら見通しが甘かったということです。(関係ないですが引用リンクが2月の記事なのにもう見れない!)>捕獲を強化するほか、ワクチ...

2019年09月05日 06:52

老人の食事 物を詰まらせたら介護の責任? 食べれなければいつか死ぬ

以前も書いたと思います。(「正しい介護」をしていても人間は不死身にはなりません)さらに署名が増えたようです。>長野県安曇野市の特別養護老人ホームに勤める59歳の女性の准看護師は、6年前、入所者のおやつ...

2019年09月03日 08:38

池江璃花子選手が気で治療 標準治療の邪魔をしなければその人の自由です

まあ仕方ないのですが、このような記事が出ていました。本当かどうかはわかりません。それこそ記事にもあるように治療は受けていないのかもしれませんし、彼女の意思ではないかもしれません。でももし本当に民間療法...

2019年09月02日 06:58

医者は金ではなかなか動かない でも働いても赤字という診療報酬も地域医療崩壊の原因

山形の県立病院問題。なかなか面白くなってます。毎日新聞フジテレビ系列>今年5月、経営健全化計画案を公表。非常勤医のみの神経内科、脳神経外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉(いんこう)科と、常勤医が1人の小児科...

2019年08月27日 16:28

花粉症薬は保険適応外へ? けんぽれんからの提言 今の診療報酬制度の限界

ニュースでも話題になっているけんぽれんからの提言。まあツッコミどころ満載です。(説明本文PDF、簡易版PDF)>(1)機能強化加算のあり方についての検討>かかりつけ医機能を強化する観点から2018年度...

2019年08月24日 10:48

やっぱデータがすぐ見れるって素晴らしい ある会社の家族の話

先日ある患者さんが体調不良で来院されました。命に関わる重篤な症状ではなかったのですが、正直鑑別が豊富に上がる症状で、対症療法をしながら時間をかけて対応するしかないなと最初判断したのですが、「今まで健康...

2019年08月20日 07:55

医師の働き方実態調査 正しいデータを 地域のコンパクト化 病院の統廃合を

夏休み明けの久々のブログです。日経の記事になります。(医師14万人の勤務実態を調査 厚労省が長時間労働対策)>厚生労働省は14万人の医師を対象に勤務状況の実態を調査する。9月第1週の1週間について毎日...

2019年08月19日 08:32

抗がん剤が多ければ多いほど治癒する それは大部分幻想なんだろう 長く生きるためにはQOLを保つことができる治療を

最近抗がん剤治療への仮説がどんどん頭の中を巡っています。人はそれを妄想と言いますw 以前の記事です。(抗がん剤は免疫療法 多分いつかそれが証明したい)実は大部分の血液内科医、たくさんの抗がん剤をいれた...

2019年08月14日 07:24

血液内科新患受け入れ中止 地域の医療構想をどうするか 県を跨ぐのは仕方ない

3月27日の昔の記事ですが、青森の八戸赤十字病院で血液内科の新患受け入れが中止されたそうです。(血液内科の新患受け入れ休止/八戸赤十字病院)(血液内科診療規模縮小について)そして今でもそれは続いていま...

2019年08月09日 06:30

日本の医療は労働基準法違反を前提として成り立っている 改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない ダメなら再編・統廃合

日経メディカル記事です。(学会トピック◎第69回日本病院学会 改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない 32%の病院が「医師の労働環境は改善しない」)M3でも同じ学会の特集がされています。(「時間外...

2019年08月07日 07:35

分娩停止 ボランティア医師がギリギリ守っていた地域の「しんどい医療」は担い手がいない

6月3日に報道された兵庫県丹波篠山市の兵庫医科大ささやま医療センターの産婦人科の分娩休止問題。ささやま医療センターの産科充実に向けての検討会の記事がYahoo!ニュースに取り上げられました。第1回検討...

2019年08月05日 06:00

断らない救急 社会的問題との連携 自治体との協力がなければ現実は厳しい

全国で断らない救急をかかげている病院があります。有名な神戸市立医療センター中央市民病院・救命救急センターの紹介記事です。>病院経営的には完全な赤字部門。神戸市立医療センター中央市民病院を、阪神・淡路大...

2019年08月03日 08:21

手術という大きなストレス後のうつ 仕事を休むことは治療で悪いことではありません

名倉さんがうつのためおやすみになるそうです。(ネプチューン名倉、昨年の手術の影響でうつ病発症を公表 リハビリのため2か月間休養へ)以前岡村さんもお休みになりましたが、芸能界のうつ患者そこそこいます。や...

2019年08月02日 10:06

本庶先生を説得し、専門家は戦いをちゃんと着地させて欲しい

あの本庶先生が小野薬品を提訴しました。(オプジーボ特許料で小野薬品提訴へ 本庶氏「良好な産学連携取り戻したい」)小野薬品のプレスリリースを見る限り、会社としては基本何の問題もなさそうです。それこそ専門...

2019年07月31日 08:24

花粉を水に変えるマスク みんなまとめて処分! つめが甘ければ当然こうなる 大正製薬の反撃

花粉を水に変えるとうたった光触媒マスク。消費者庁はこの7月4日、景品表示法に違反するとして、再発防止などを求める措置命令を出しています。まあマスクが花粉を水まで分解できるか!といったところが明らかに誇...

2019年07月29日 15:08

HPVワクチン問題 メディアと役所と専門家 みんなが悪い だから間違った行動を反省し協力を

バズフィードの記事です。(HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?)岩永さんと環境省大臣官房審議官(水・大気環境局担当)の正林督章(しょうばやし・とくあき)さんとの対談です。>予防接...

2019年07月28日 11:02

吉本と医療界 芸人と無給医 もう昔のやりかたじゃどちらも不満を抑えられない

前々回の記事で期待していた岡本社長の5時間会見。いやはや、火に油を注ぎました。藤原副社長が癒しとかの評価もありましたが、吉本の弁護士の力不足を強く感じましたし、むしろこの組織としての危機管理への対応力...

2019年07月25日 07:16

京アニ事件 人権と社会の安全 法律改正含め社会の成熟が必要

警察が京アニ事件の犯人の名前を逮捕前に発表しました。と同時にメディアも全て名前を出すようになっています。このような非人道的、常識でははかりしれない犯罪を犯す人間の精神的不安定性を考慮していましたが、や...

2019年07月20日 10:33

特殊領域の医療 仕方のないことではあるが 超高齢者は診断もしない?

私の血液内科領域。抗がん剤という毒をもって悪性新生物(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等)をやっつける、治癒をめざす疾患があります。その治療は大変な副作用管理、患者状態変化の頻繁さ(あっという間に命...

2019年07月18日 17:13

金の切れ目が命の切れ目 アメリカのようにはなりたくない

ニューズウイーク日本版の記事です。「インスリンと家賃が同じくらい高い」アメリカから、糖尿病患者がカナダに買い出しに行ったら!>国境を超えるだけでインスリンの値段が10分の1以下になる! アメリカの医療...

2019年07月12日 11:22

骨髄バンク 池江璃花子さんのおかげ そしてこのつぶやきのおかげ どんどん進歩していってほしい

池江さんの白血病の報告の後、骨髄バンク登録者は増加しました。数字を見る限り2月以降例年の5倍の登録1万人以上を2月に認め、それ以降も2倍以上を推移しています。本当に皆さんの善意に感謝します。そして池江...

2019年07月11日 12:03

科学的には正しい それは間違いないけど 過剰診断含めて人権と科学追求の難しさ

福島の原発事故と甲状腺がんの関係について検討委員会が被ばくと関連なしと報告しました。福島 子どもの甲状腺がん「被ばくと関連なし」検討委が了承福島)甲状腺がん「被曝と関連なし」検討委も大筋了承甲状腺がん...

2019年07月10日 08:16

60代が風疹? そんなストレス社会? ワクチン含めて予防できるものはしっかり予防を

実は少し変わったニュースです。(銀行総裁が風疹 東京で会議出席)>前田総裁はG20閉幕後の今月1日に発疹が出て医療機関を受診し、3日に風疹と診断されたということです。1957年12月25日生まれの61...

2019年07月07日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。