小笠原誠治の公開コメント一覧

  • 2015年11月25日 09:13

    タイトルに不満なの? タイトルは、blogos が勝手につけたものだから。

    小笠原誠治
    軽減税率論争もこれで打ち止めか?
  • 2015年11月23日 20:13

    米国は常に自分たちの利益を優先する。そして、安倍総理も米国の利益を優先した。だから、米国議会は安倍総理に議会でスピーチする機会を与え、そのうえ、安倍総理の英語は巧いと言った。安倍総理の英語が本当に巧いと思う人手を上げて下さい!

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月23日 20:08

    ちきりんには、どうして鼻がないのか?これじゃ、はなしにならない!

    Chikirin
    GDPは100兆円くらい下げたほうがいいのでは? 
  • 2015年11月23日 20:04

    だったらやってみろ、と言いたい!

    Chikirin
    GDPは100兆円くらい下げたほうがいいのでは? 
  • 2015年11月23日 19:59

    batさんへ。 しつこくて申し訳ない。すまん。 米国にとって両方大事だと貴方は言うが…しかし、それは貴方の考えであって、ピルズベリーはそうは言っていない。中国を支援しても恩を仇で返されずぞ、だから、早く気が付け、と言っているのだ。それでもピルズベリーは中国も大事だと言っていると言うのか?そもそも貴方は彼の書いていることを読んでいないだろう?

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月23日 19:51

    batさんへ。 ピルズベリーは、純粋に日本のことを思っている? この人は、かつて中国を日本より大事にした方がいいと言い張っていた人ですよ。それに、繰り返しますが、慰安婦の問題について、日本は蒸し返すなと言っている人たちのグループに属する人です。もちろん日本が核兵器を保有するなんていうと猛反対する。違う意味で日本のことを考えていると言えば言えないこともないが、常識的に考えると日本のことを思っていると言えません。不都合な事実は、見て見ないふりをするのですね。そうしないと、どうしていいか分からなくなるから。

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月23日 15:56

    米国が国益を追求し、直球を投げてくるのはそのとおりでしょう。でも、全てが道理が取っているというのは、甘い!道理というよりも無理を押し付けてくるのが米国です。それを無理ではなく道理に見せるのが巧いだけ。米国と政府間交渉をした人なら、殆どがそのような意見だと思います。

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月23日 15:53

    本の話をしているのではないのです。本日、日経に掲載されたピルズベリーの主張の話をしているのです。その主張の表題が「対中国、「甘い幻想」捨てよ」ですよ。日本人が読者なのですから、おかしではないですか。今日本人でそんな幻想を抱いている者など殆どいないでしょ?いるとしても、経済界の人くらいでしょう。まあ、そのような表題にしたのは、日経の編集委員の責任ですが。

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月23日 15:48

    否、そういうことではなく、この人はオバマ大統領や国務省及び財務省などのどちらかと言えば中国寄りの人々に対し警告を発している訳です。中国を信じると裏切られるぞ、と。どんなに中国を支援しても、恩を仇で返すようなことをするぞ、と。そこまでは分かるのです。ですが、何故そこから、日本はオバマ政権に対して情報の提供を求めた方がいいぞとお節介をやくのか、ということです。何のためでしょう?米国は表面的には中国よりも日本を大切にしている素振りをしながら、本当は中国の方が大切なんだろう、と聞いてみろということでしょ? 妻が居ながら浮気をしやがって、と。そうして日本が騒ぎ出せば、オバマ政権も中国と距離を置かざるを得なくなるだろう、と。でも、だったらピルズベリーに聞きたいのですが、米国は本当に日本のことを大事に思っているのか、と。否、親中派はどうでもいいのです。そうではなく、少なくても国防総省の人間は、本当に日本を大事に思っているのかということです。安保法制も整備して米国に忠誠を尽くしているのに米国はどう思っているのか、と。しかし、彼らが日本のことをそれほど大切に思っているとは到底思われません。何故なら、アーミテージなんか、靖国参拝は止めとけというし、慰安婦の問題も韓国の側に理解を示しているではないですか。だから、ピルズベリーが何を言いたいのか分からない、と私は言ったのです。それでも貴方はピルズベリーを支持しますか?

    小笠原誠治
    ピルズベリー国防総省顧問の主張に見えた米国の我儘ぶり
  • 2015年11月18日 16:14

    確かに、在庫が減ったことが消費が急拡大したことによるものであれば、甘利氏の言うとおり。しかし、消費は少し伸びたと言っても、急拡大しているとはとても言えません。でも、在庫はガクンと落ちた、と。何故か?要するに在庫調整のために生産を落としたからそうなっだけ。だから、幾ら在庫が減っても消費が回復しているとみることはできないのです。原因と結果を混同してはいけません。

    甘利明
    第322号(2015年11月17日)
  • 2015年11月18日 15:37

    今回のクルーグマン教授のエッセイを読むと、金融政策を見限ったようにも見えるのです。ですから、その意味では、日銀も今の量的・質的緩和政策の中身を見直す必要があるのかもしれません。しかし、同時に、インフレ目標値はむしろ強化しろと言っています。2%では低すぎる、と。では、どうやってインフレにするのか?財政出動をすればいい、と。放漫財政を続けるとインフレになり、同時に、実質的な借金の重みが軽くなる、と。しかし、そうなると金利が急騰し、財政が破綻してしまうでしょう。この人言うことを聞いてはけません。

    abz2010
    クルーグマンの日本論再考(”Rethinking Japan”)は何を再考したのか?
  • 2015年11月18日 15:30

    でも、それだとマルクスと同じ主張ではありませんか。奪われたものを取り戻す。そういえば、○○をとりもろす、とか言っていましたね。

    abz2010
    クルーグマンの日本論再考(”Rethinking Japan”)は何を再考したのか?
  • 2015年11月18日 15:28

    私も、原文を読んでみたのですが、クルーグマン教授は必ずしも反省している訳ではないのです。日本に関する現状認識は間違っていたと認めても、インフレ目標政策を否定した訳ではありません。それどころか、目標値をさらに上げろと言っています。具体的な数値は示していませんが、5-6%にでもなるのでしょうか。 では、それをどうやって実現するのか? 日本の自然利子率は永遠にマイナスが続きそうに見えるので、金融政策は効果はない、と。その代わり、財政の大盤振る舞いをすべしと言っているのです。そんなアドバイスを誰が聞くでしょうか。そして、そのこと自身にクルーグマン教授は気がついているので、日本は臆病の罠に直面するなんて言っているのです。

    abz2010
    クルーグマンの日本論再考(”Rethinking Japan”)は何を再考したのか?
  • 2015年11月15日 22:21

    悪の連鎖だなんて、大げさな。それにスポンサーのことを気にする必要がなくなるなんていっても、無税にしてもらえば、政府がスポンサーになったと同じで、政府に気を使う必要が出てくるではないですか。

    小笠原誠治
    公明党が新聞に軽減税率を適用しようとする本当の理由
  • 2015年11月15日 22:16

    微妙なのは、安倍総理と東芝が今後もガンガン海外セールスに打って出て、もし原発のプラント輸出が次から次に実現すれば、ほらウェスティングハウス社の業績は順調に行っているではないかということにもなり…そうなると、のれん代を償却する必要もないということになることです。だからこそ、益々原発再稼働キャンペーンを大々的に繰り広げることが必要だと彼らは考えるのでしょう。

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月15日 22:11

    米国の会計ルールを知らないなら、私から一言解説しますなんて言わなければいいのに。余計分かりにくくなっています。米国も、2000年までは、一定年数のうちにのれん(goodwill)は償却すべしとされていたのが、2001年から現在のように変わったのです。だから、日本と本質的に違う訳ではないと言っていもいいでしょう。要は保守主義をどこまで貫くか、正当な時価がどうやって評価できるかの問題でしょう。

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月15日 22:00

    あのう、それほど難しい話ではないのです。要するに、今改めてウェスティングハウス社を買収するとしたら、幾らで買いますか、といろんな人に質問したら分かる話なのです。今でも、東芝が実際に出したように約6000億円ものお金を出すのかどうか? もし、同業他社で、それくらいなら出すというところが幾つかあるなら、東芝が言っていることも説得力があると思いますが…東芝自身が、高い買い物だったと今思っているとしたら、やっぱりのれん代を相当償却すべきなのです。

    小笠原誠治
    のれん代の償却は不要という東芝の詭弁
  • 2015年11月15日 21:09

    はいはい、好きなこと言っていて下さい。

    片山 修
    東芝の“ナゾ”に見る“闇”の深さ
  • 2015年11月15日 21:08

    子会社のウェスティングハウス社が、米国の会計ルールの則って減損処理をしているのですよ。子会社自身が、価値が落ちたと言っているのに、親が、いやいやそうではない、もっと頑張れなんて。

    片山 修
    東芝の“ナゾ”に見る“闇”の深さ
  • 2015年11月14日 20:46

    不謹慎ではないのです。メディアが寝とぼけたニュースを流しているから、敢えて面白おかしく私が説明している訳です。それにしても新聞社の報道ぶりには呆れます。これでは、粉飾を推奨しているようなものではないですか?!

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月14日 20:43

    アメリカの会計ルールに則って子会社が減損処理をしているのですよ。だから、アメリカのルールに従えば、親会社が、のれん代を即、償却するのは当たり前でしょ?

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月14日 20:41

    東芝と監査法人がグルなんてレベルではないでしょ?国家ぐるみですよ。

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月14日 20:27

    全くナンセンスなコメントですね。

    小笠原誠治
    東芝が4000億円もの「のれん代」を償却しない理由
  • 2015年11月06日 20:57

    では、貴方にお伺いしますが、今どのような環境で働いていますか? その職場では、本音と建前のかい離はありませんか?逆に、この産業、この仕事なら、装はないというところを教えて頂きたいと思います。

    小笠原誠治
    日本で偽装が横行する理由(杭打ちのデータ流用)
  • 2015年11月06日 15:01

    これは、旧陸軍の員数主義というやつです。例えば、部隊の必要人数が2、3人欠けていても、誰かが、「はい、はい、はい」と返事をして、「全員揃っています」ということにする。誰か欠けていてはダメなのです。だから、上官も全員そろっていないのが分かっていても、そろったことにする。ルールとか規則は、建前重視ですからなかなか反対しずらいのです。例えば出勤簿だって、どうして出勤簿がなくて職員の管理ができるのかと問われると、それで議論終了。会計法で、随意契約は例外で一般競争入札が原則だと言われれば、それ以上の反論は困難。しかし、心の中では、皆に仕事が回るようにしてくれと業者は思う。だから、会計法に違反すると分かっていても、談合をしてしまう、と。役所のなかって、そうやって表面的には規則を守っていても、実際は法令違反を犯していることが多いのです。2000年頃に、霞が関で一斉に1人1台のコンピュータ導入が行われましたが、富士通、東芝、NEC、日立など、見事にバランスよく発注されたのをご存知でしょうか?しかもアップルを導入したところはナシ。何故だか分かりますか?本当に一般競争入札をやったらそんなことにはならないでしょう?

    小笠原誠治
    日本で偽装が横行する理由(杭打ちのデータ流用)
  • 2015年11月06日 14:45

    先日は、鑑定士の制度に関する意見を開陳して頂き、ありがとうございました。もっと鑑定士さんの団体が国土交通省から独立し、世界のどこでも立派な鑑定ができるようになれたらと思います。その一方で、国土交通省は、今回の杭打ちのデータ流用について、全く知らなかった筈はありません。というよりも、似たような体質なのですよね。こういう役所の体質が変わらない限り、経済が高成長することなどあり得ないと思います。

    小笠原誠治
    日本で偽装が横行する理由(杭打ちのデータ流用)
  • 2015年11月05日 16:24

    難民が発生するような状況を作り出したのは誰かを先ず、考えるべきです。同様に、貧困を作り出したのは誰か、と。例えば、森に棲むゴリラは普通飢えるなんてことはないのです。しかし、アフリカでは飢餓が繰り返される。何故?それは欧米の資本が開発途上国に入り込み、人々から土地という生活手段を奪ったことが大きな原因なのです。難民についても似たようなもの。何故日本が欧米並みの責任を負う必要があるのか?受け入れ先がないというのであれば、英国、ドイツ、フランスが大いに頼りにしている中国に頼んでみたら如何でしょう?

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)
    【寄稿】難民危機で日本の果たせる役割−受け入れは社会に恩恵も
  • 2015年11月05日 10:00

    どちらが原因でどちらが結果かという問題もあるので、マネーストックを増やせば必ずインフレになるというものではないでしょう。ただ、98年以降もマネーストックは増えていると言いますが、伸び率は一時期相当に落ちた後、ここ数年また伸び率が上向いてきているのです。

    小笠原誠治
    日銀券の発行残高がこれだけ増えても物価が上がらない理由
  • 2015年11月05日 09:46

    政府が余計なことをしない方がいいというのは、そのとおりでしょう。ところで、全然話は違いますが、日本の不動産鑑定士の制度っておかしいと感じませんか?折角優秀な能力を持っていても、国内でしか通用しない制度でしょ?不動産の鑑定というのは、国内であろうと国外であろうと基本的な原理は同じである筈ですから、もう少し海外でも通用するような資格試験に改めるといいような気がします。余りにも暗記的要素の多い試験問題も疑問ですよね。

    小笠原誠治
    日銀券の発行残高がこれだけ増えても物価が上がらない理由
  • 2015年11月05日 09:39

    日銀当座預金=預金通帳の中身と考えるのであれば、預金通帳の残高は、約50兆円が約250兆円に増えているのですよ。

    小笠原誠治
    日銀券の発行残高がこれだけ増えても物価が上がらない理由

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。