三田次郎の記事一覧

批判まみれのコロナ報道を生産的にするための視点

危機対応というと、脊髄反射的にスピード感をもって使えるものは全部使って、といった論調が支持され、強い口調で主張・批判する勢力がメディアをジャックする傾向が強くなるものだが、現実の対応はそんなに早くもできなければ、使えないものがすぐに使えるようになるものでもない。こういった「早く早く」という世論に押されてか、安倍首相がトランプ大統領にかけあって無償提供にこぎつけた(らしい)レムデシビルだが、肝心の効...

2020年05月09日 20:11

「自粛密告」と活動再開、日本の分岐点の今

人々の活動を法律ではなく、自粛要請という形で縛る日本独自の方法が今後の長期戦でどこまで有効なのか、キチンと評価しなければならないのではないか。新型コロナについてはいろいろと情報がとびかっているが、わか...

2020年05月05日 09:30

新型コロナ恐怖症を乗り越えるための具体的対策について

現代人にとって情報は食物と同様に、身体(脳を含む)を構成する材料になる。日々、我々は自分の興味(フレーム)に従って、様々な場所から情報を摂取し、思考や感情を構成、行動を調整する。情報源が極端に限定され...

2020年04月20日 13:49

コロナ戦争、日本の大勝利は現実となるか

新型コロナへの対応は、しばしば戦争に例えられるが、そうだとすれば、一体何が勝敗を分けるのか、その条件を書き出してみる。①死亡者数感染者数は、検査の対象者層や検査数によって変わってくるので、信頼性は高く...

2020年04月06日 10:19

新型コロナ、休校措置が招く破滅への道

全国一斉休校をはじめ、活動の自粛が日常生活をすっぽり覆い始めている。この問題は感染制御の枠を超え、経済活動・社会生活一般にまで強く波及していると考えて間違いない。現状、この感染症について、わかっている...

2020年03月05日 09:04

新型コロナ、露呈した専門家の頼りなさの理由

日本感染症学会と日本環境感染症学会が2月25日に一般市民向けに出した声明は、テレビなどマスコミに出ている「感染症専門家」が話している内容とほぼ同じようなもので、特に目新しさはない。 いわく、人混みを避...

2020年03月01日 15:39

地方から見る意識低すぎ新型コロナ対策

MBSが新型コロナの風評被害の報道をしてくれていたが、和歌山の湯浅・有田での風評被害はひどい。本来はブランド物のはずの「有田みかん」も全く需要がないらしく、農家に聞くと、農協にもっていっても断られるら...

2020年02月21日 07:34

新型肺炎関連ニュースにみる本当に信頼できる情報とは

去年末に中国当局がWHOへ原因不明の肺炎の発生を報告してから、新型肺炎関連のニュースはあらゆるメディアを席巻している。ニュースのバリエーションとしては、①感染者数・死亡者数②感染地域③感染源(原因)の...

2020年02月02日 11:00

漫画「鬼滅の刃」の奇妙な迫力を解説する

去年の後半あたりから爆発的に売れ始めた漫画「鬼滅の刃」は、一見少年ジャンプ連載にありがちなバトルものの典型に見えるが、通読してみると、紙面から匂いたつ独特の感覚に驚かされる。物語の展開は並一通りで退屈...

2020年01月02日 07:49

超高額薬のせいで風邪薬がもらえなくなるのは妥当か

防衛政策や経済政策など大きな課題について議論するのは、政治活動の要ではあるが、庶民の生活に直結する小さな政治的課題についても、きちんと議論しておかなければならない。庶民の生活に直結する小さな政治的課題...

2019年12月02日 08:01

映画「ジョーカー」に見る無敵の人の時代

ベルリン映画祭で金獅子賞(最高賞)、アカデミー賞有力候補作、ということで早くも傑作との評価も高い映画「ジョーカー」だが、評論家筋の評価にはどこか微妙な戸惑いが感じられる。この悪魔(主人公)に同情するこ...

2019年10月07日 14:36

インフルエンザ報道にみるマスメディアの問題点

インフルエンザウィルスが猛威を振るっている。罹患者の急増とともに、報道の量も増えているが、安易な情報開示がかえって混乱を招くことにもなりかねないので、注意が必要だろう。1/23放送のワールドビジネスサ...

2019年01月25日 07:09

11/25放送 MBS林先生が驚く初耳学が酷い

職業柄、医療情報番組を暇に任せて見ることが多いが、25日の初耳学の内容は酷かった。「風邪のひき初めに葛根湯を飲んでも、風邪は治らない」と題し、2014年の京都大学の論文を根拠に葛根湯、意味ないじゃ~ん...

2018年11月26日 07:50

西野監督は海外の批判に反論すべき

「まさにフェアプレー(ポイント)が突破を決めたことで、フェアプレーに欠けたこの試合は記憶に残されるだろう。」(ガゼッタ・デロ・スポルト/イタリア)「フェアプレー制度は日本に対して優位に働いた。しかし、...

2018年07月01日 07:08

セクハラ事案でテレ朝が明らかにすべきこと

財務省の福田元事務次官によるテレ朝女性記者に対するセクハラ疑惑が話題になっている。アダム・スミス以来、社会の成り立ちは一般的諸法則が正義に適応された法を土台とし、善行/慈善(beneficence)が...

2018年04月23日 07:01

森友文書問題は心理学上の問題に過ぎない理由

2015年、16年に財務省近畿財務局が作成した決裁文書と17年2月の土地払い下げ問題発覚後に財務省が国会議員らに提出した決裁文書に齟齬があったにもかかわらず、この書き換えられた文書をもとに国会審議が行...

2018年03月14日 10:26

芸能人の仮想通貨話は規制を考えるべきではないか

仮想通貨取引をめぐる混乱の中、テレビでの芸能人の発言が報道されていたが、これはアリなのか?たむけん、仮想通貨で「もうかったら引退」目安は「2年後に100億」https://headlines.yaho...

2018年02月11日 10:40

ゲームやりすぎは病気なのか、を考察する。

WHO(世界保健機関)がゲームのやりすぎ(による依存)を疾病指定した、というニュースが年明けにリリースされ、一時期話題になった。すぐに飽きられたのか、あっという間表に出てこなくなったが、これはもう少し...

2018年01月07日 20:46

座間連続殺人事件をめぐる規制のやり方について

座間の連続殺人事件はその残虐性において日本の犯罪史上特異なケースであったが、使われた二つの手段は割合一般的なものだった。一つはアクセスの手段としてのツイッター、もう一つは殺害の手段としての睡眠薬である...

2017年11月12日 21:55

北朝鮮危機への一般人の対策とその限界

昭和44年生まれの筆者はむろん、戦争を知らない。映画や本で知る戦争は大抵が20世紀の戦争で、そこでは前線と銃後が明確に分かたれている。銃後が戦場になるのは前線が破られた後に限られ、そこには時間的なラグ...

2017年09月11日 10:29

ヒカル氏の炎上と満たされない精神

著名youtuberのヒカル氏らが個人の価値を株式に見立て売買する「VALU」で、高騰を煽って実は売り抜けていたことを受けて、ある種のインサイダー取引に当たるのではないかと批判されている。事件の顛末や...

2017年08月27日 18:41

加計問題は首相官邸の問題ではない理由

加計学園の事案での問題点は、首相と近い業者(学校法人)が担当役所の厚遇を得て、権利を手中にしていた、という不当性にある、らしい。首相官邸が役人の人事権を手に入れてから、役所は官邸の顔色伺いを必要以上に...

2017年06月12日 18:46

庶民から見る北朝鮮問題の急所

トランプ政権下のアメリカが空母の北朝鮮近海への派遣、中国への圧力(=北朝鮮への経済制裁の強化)などを通して、北の核兵器開発放棄を求め強硬手段に訴えているが、結果は見えない。アメリカの狙いは北の核放棄が...

2017年05月06日 21:54

庶民から見る森友学園問題の急所

森友学園問題が世間を騒がしているが、一般の冴えないオジサンから見れば、何を今さら的な冷めた感慨を抱かざるを得ない。お客さんともこの件に関する話をすることもあるが、大方はまあこんなものだろうよ的な白眼視...

2017年03月19日 19:18

ためしてガッテンの医療情報がアウトだった理由

2/22のNHK「ためしてガッテン」において、熟睡を促す新しい睡眠薬が血糖値を下げる効果がある、との内容の放送があり、医療業界者たちの間で非難の的になっている。一体、この放送の何がマズかったのか。①新...

2017年02月26日 18:30

尖閣問題はない、という嘘を教える教科書の意義とは

文部科学省が14日公表した学習指導要綱の改定案には、小中学校の社会科に竹島、尖閣諸島が「わが国固有の領土」として初めて明記された。・・・中学の地理的分野では既に記載がある北方領土に加え、竹島と尖閣諸島...

2017年02月19日 16:55

トランプが導く世界終末への道筋

トランプ大統領の登場は、いくつかの点で衝撃的だったが、今後の展開を考えるうえで、その分析は欠かせないだろう。そういう意味で、識者の見解をまとめた「現代思想1月号」はなかなか読みごたえがあった。大方の内...

2017年01月08日 23:22

福島避難民へのいじめに対して学校は対応できる

福島原発避難民の子供に対するいじめは横浜の事件で明るみに出たが、氷山の一角と思われる。首都圏の避難者でつくる「避難生活を守る会」に寄せられた「いじめ」の件数は6件だが、ほかの地域の「つなぐ会」や「あゆ...

2016年11月27日 15:07

ディランはノーベル賞受賞者ではない理由

今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏の受賞決定に沈黙を続けていることについて、同賞の選考委員会であるスウェーデン・アカデミーの一員が21日、ディラン氏は傲慢だと非...

2016年10月23日 16:49

高畑裕太誤報事件に見るメディアの責任

月刊「創」の篠田氏が俳優高畑裕太の「強姦」事件報道の誤りについて記事を掲載している。http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20161007-0...

2016年10月09日 23:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。