津田正太郎の記事一覧

ネット上で社会学者の評判はなぜ悪いのか

こんなタイトルのエントリを書くというのは、正直、悩ましい。 というのも、ぼくは社会学の正規教育は受けておらず、自分が社会学者だとはちょっと名乗れないからだ(制度的な理由で学位は「法学」だ)。 とはいえ、社会学部に勤務しているのは確かだし、社会学的なものに親しみもある。以下の文章は、あくまでそういう中途半端な立ち位置から書かれた「個人の感想」だということをまずは述べておきたい。 ネット上での社会学の...

2020年02月24日 18:12

「人間として扱われること」の希望と絶望

「人間」やりたいよっ! 先日、はてなブックマークでこんなエントリが話題になった。anond.hatelabo.jpかいつまんで言うと、こういう話だ。自分の外見についてずっと嫌な思いをしてきた女性...

2019年12月23日 21:24

表現の差別性を告発すること

いまも昔も、ネットでのコミュニケーションでは諍いが絶えない。昨日はあちらで、今日はこちらで、といった感じで、いろいろなところで火の手が上がる。 それらの「論争」を眺めていると、対立している双方が強い被...

2018年10月07日 16:26

オリンピックとナショナリズム

「羽生選手すごい」と「日本人すごい」 オリンピックでたびたび話題になるのが、ナショナリズムの問題だ。国家の代表同士が競い合うのだから、応援をしているだけでも他国にたいするライバル意識は高まる。「...

2018年02月22日 12:00

『秒速5センチメートル』と『君の名は。』を隔てるもの(改訂)

以下のエントリは、『秒速5センチメートル』、『国境の南、太陽の西』。『君の名は』のネタバレを含みます。『君の名は。』エントリふたたび 2016年の終わりに、「『秒...

2018年01月04日 07:22

ファンの心理、アンチの心理

これを読んでいる方に想像してもらいたい。 みなさんが大好きな誰か、できれば努力家が良いのだけれども、その誰かが学業や仕事で成功したという話を耳にしたとしよう。その時、どんな感想を抱くだろうか?  「あ...

2017年10月15日 10:02

弱者男性問題について考える

ここ数年来、ネットでよく目にするのが「キモくてカネのないおっさん」にまつわる問題である*1。 ぼくなりに解釈すれば、「女性であること」や「外国籍であること」にまつわる問題はマスメディアやネットでもさか...

2017年07月29日 12:41

性犯罪をあえて語らないこと

性犯罪というのは語ることが難しいテーマだとつくづく思う。 さまざまな価値観がぶつかるがゆえに、どのように論じようとも批判を招き寄せてしまう。加えて、そこに政治的な問題がリンクすれば、なおさらである。 ...

2017年06月10日 10:20

イエスの方舟事件から見る「出会い系バー」報道

読売新聞の「出会い系バー」報道 加計学園の獣医学部設置認可をめぐる疑惑に関連して、前川喜平・前文部科学事務次官の言動がメディアの注目を集めている。 ここでは獣医学部の件は措いて、同氏の「出会い系バー」...

2017年06月02日 13:17

悲劇がもたらす命

そろそろDVDも発売になるということで、さすがに『君の名は。』のネタバレをしても許されるだろう。ということで、以下では物語の核心に迫るネタバレがあります。--- 『君の名は。』では、隕石の落下によって...

2017年05月26日 23:46

偽物の愛国心?

ジョンソンによる警句の背景  先日のエントリについて、サミュエル・ジョンソンに関する説明が足りないのではないか、という指摘を受けた。そこで補足を…と思ったのだが、残念ながらぼくは18世紀の英国に...

2017年03月03日 18:43

「愛国教育」の行き着くところ

愛国的な教育を標榜する小学校が大きな話題になっている。 森友学園による元国有地の取得価格が安すぎるのではないかという疑惑に端を発して、さまざまな問題が語られている。言うまでもなく、国有地の取得過程や同...

2017年03月02日 09:43

「ポスト事実」の時代をいかに越えるか

「ポスト真実」は使いづらい  今年も残りわずか…と書こうと思っていたら、年が明けていた。 ということで、2017年最初のエントリは流行語ともなった「ポスト真実(post-truth)」について考...

2017年01月04日 01:10

『何者』が描く「メタ目線王決定戦」

以下は、朝井リョウの小説『何者』に関する文章であり、物語の核心に触れています。なので、小説や映画を未読、未視聴の方で、ネタバレは困るという方は読まないようにして下さい。  昨日、ツイッターを見て...

2016年11月07日 10:14

(書評)「プロパガンダ」史観の限界

素人が挑む「南京事件」  この八月、いわゆる「南京事件」を論じた二冊の書籍が出版された。 一冊は有馬哲夫『歴史問題の正解』(新潮新書)、もう一冊は清水潔『「南京事件」を調査せよ』(文藝春秋)だ。...

2016年09月16日 08:38

犯罪と社会構造

容疑者は「特殊な人間」か  相模原の障害者施設で陰惨な事件が起きた。 事件そのものについてはまだ解明が始まったばかりなので、特に書くことはないし、書くべきでもないだろう。ここで取り上げたいのは、...

2016年07月29日 08:33

大学生はなぜ勉強したほうがよいのか

社会学部の同僚である藤代先生が大学1年生に向けて、大変に熱いエントリを書いておられる。gatonews.hatenablog.com 在学中も、そして卒業したあとも、学び続ければ就職や仕事で可能性が広...

2016年04月22日 23:20

美しさの落とし穴

今回はアニメの話から始めよう。 先日、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の第一期の放送が終了した。火星独立運動のシンボル的存在である少女と、彼女の護衛を請け負った少年少女たち(鉄華団)が強大な敵...

2016年04月03日 01:44

保育園不足問題は「超政治化」できるか?

このエントリが話題である。 はてなの「アノニマス・ダイアリー」(通称、増田)のエントリがここまで話題になるというのは、長年のはてなユーザーからすればある種の感動を禁じ得ない。だって、あの増田ですよ?通...

2016年03月16日 03:42

「意識高い系」はなぜ批判されるのか

こういうブログを読んだ。・何者かになろうともがいている「意識高い系」をバカにしちゃダメだ これに関するブックマークコメントを見ると、「意識高い系が批判されるのは、実力もないくせに他人を見下して馬鹿にす...

2016年03月09日 23:03

「ダブルシンク」としてのミサイル報道

イギリス人作家、ジョージ・オーウェルの『1984年』は、全体主義国家による徹底した管理を描いたディストピア小説としてよく知られている。 この小説に登場する全体主義国家では、「ダブルシンク(二重思考)」...

2016年02月08日 08:20

ぼくの良識

自分で言うのも何なのだが、ネット上でのぼくはわりと良識的なのではないかと思う。 ツイッターやブログでも攻撃的だったり差別的だったりすることはなるべく書かないようにしているし、ぼくが書いたものを読んで傷...

2015年11月25日 16:19

「命の軽さ」が与えてくれるもの

ずっと以前、「人口の多い中国では、命の重さが日本とは違う」という趣旨の文章を読んだことがある。いまでもネットで検索すれば、そういう文章をすぐに見つけることができる。 しかし、本当にそうなのだろうか、と...

2015年11月16日 00:24

「政治の季節」の過ごし方 【追記あり】

【注】趣旨がうまく伝わっていない箇所と誤った箇所とがあったため、追記しました(2015/8/7) 「事実」による印象操作  『朝日新聞』の富永格特別編集委員のツイートが炎上した。NHKなど...

2015年08月06日 23:28

安保法制について

以下は、安全保障論にも憲法論にも全く素人の戯言である。 現政権は安保法制がどうしても必要だという。 その理由はいまいち明快に語られないのだが、おそらくは中国の領海拡張路線に対する強い警戒感があるのだろ...

2015年07月22日 09:54

憐れみが人を殺すとき

どうにも整理のつかない話というものがある。先日、ネットを見ていると、高齢の男性が長年連れ添った伴侶を殺害したという事件の記事がアクセスを集めていた。少し長いが、記事を引用してみたい。 ...

2015年06月26日 15:30

根拠なき自信も悪くない

根拠のない自信を持っているひとはバカにされやすい。典型的なのは、いわゆる「意識高い系」だ。仕事ができないくせになぜか根拠のない自信だけはあり、周囲に多大な迷惑をかけまくる、というのが典型的な意識高い系...

2015年06月05日 00:01

大阪を蝕むシニシズム

「既得権」をめぐる報道  時期を逸してしまったが、大阪都構想に関する話だ。 といっても、都構想の賛否について論じたいわけではない。その賛否に関する報道や文章にはそれなりに目を通しているものの、賛...

2015年05月21日 00:57

努力を「語る」流儀

学歴の話はなぜ荒れるのか  学歴というのはとても荒れやすいテーマだ。 ほとんどの人が学校教育を経て成人する現代社会において、それはやむを得ない部分もある。それぞれに様々な経験があり、それらから導...

2015年05月10日 20:09

メディア・リテラシーなるもの

ぼくは大学でメディアについて教えている。 メディアに関して学生の書いたものを読むと、かなりの割合で「メディア・リテラシーを身につけることが必要である」とか「マスメディアを鵜呑みにしてはいけない」という...

2015年04月25日 22:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。