赤松正雄の記事一覧

宿命的に困難さ伴う政治選択の具体的表現ー『見損なわれている中道主義の効用』4

この50年の日本の政治を概観したが、公明党という存在が一般的に理解されづらいのは、中道政党だからだともいえる。いわゆる右でもなく左でもないという政治選択。これは民主主義の展開が具体的な姿をとって現われるうえでは、どうしても分かりづらいものとならざるを得ない。政権側の一員として政治的構想や政治選択の是非を問われる場合、イエスかノーで迫られると、注文は多々あるにせよ、結局は政権側の構想にイエスとなりが...

2016年07月06日 09:59

50年前と本質的には変わらない政治的風景ー「見損なわれている中道主義の効用」➌

公明党が誕生して50年余り。目標とした理想は達成され。「物語」は完結したといえようか。残念ながら否である。右翼に位置付けられてきた自民党は、相対的により洗練された存在感のある政党であるとはいえ、依然と...

2016年06月30日 09:54

公明党が抱く「物語」を知っているか 『見損なわれている中道主義の効用』②

公明党が結党されたのは1964年。今の政党の中では共産、自民に次いで三番目に古い。今年で誕生して52年目になる。当初は日米安保条約の段階的解消などを掲げ、立派な「左翼政党」であった。しかし、1981年...

2016年06月21日 10:13

「申し訳ない」と「恥ずかしい」とのあいだ

舛添要一東京都知事がやっと辞任しました。一連の出来事を報道で見たり聞いたりしているなかで都民だけではなく全国民が様々なことを感じました。16日の朝刊各紙を見ると、同知事が辞任に追い込まれたことに対して...

2016年06月16日 10:10

あと4年ー25年パラダイム変換説の恐怖 『見損なわれている中道主義の効用』❶

今回から私が理事を務める一般社団法人「安全保障研究会」の安保研リポート11号に寄稿した『見損なわれている中道主義の効用』を五回に分けて転載する。一回目は「あと4年ー25年パラダイム変換説の恐怖」。 戦...

2016年06月12日 14:53

「安定か、不安定か」との究極の政権選択

衆参同日選挙があるかもしれないとの噂が飛び交う中、結局は衆議院解散はないままに国会は閉幕しました。最後の最後まで安倍首相はその機を窺っていたことは事実のようです。解散は首相の専権事項だとはいえ、庶民感...

2016年06月06日 06:01

「大衆」が姿を変えたという錯覚ー薬師寺克行『公明党』

広宣流布ー日蓮大聖人の仏法を世界中に広めて、個人の幸せと社会の繁栄が一致する社会を作ろうとの創価学会の壮大なビジョンに私が目覚めたのは、1964年19歳の年だった。大学在学中にしゃにむにその活動に取り...

2016年05月26日 05:54

自衛隊の存在や役割を憲法に明記すべきかどうかの議論をしよう

今年も憲法記念日がやってきました。私は現役のころに公明党の憲法調査会の座長をやっていました。その当時と今と憲法をめぐる状況は全くといっていいほど変わっていません。「改憲」をライフワークにするといった姿...

2016年05月04日 11:16

戸別訪問の解禁が政治変革に繋がる

熊本県を中心とする九州地域の大地震の連発が心底から気になります。中学、高校同期の親しい二人の友人や知人の安否を電話で訊くなど心重い日々です。21年前の阪神淡路の大震災以来、新潟、中越、東北、そして今回...

2016年04月19日 11:06

従来的な見方に安住してると怖いぞー野党共闘異聞

共産党の動向に強い興味を持ってる友人から先日、電話を頂きました。「野党共闘に熱心なこの党の昨今をどう思うか」が主たる内容でした。このところのメディアの関心事は、衆参同日選挙の有無にあり、それに伴う野党...

2016年04月16日 09:16

「第三の道」「中道」への無理解を解くための闘い

先日姫路市内北部の夢前町の友人の紹介先を訪問した折のことです。70歳代半ばの御主人は私が挨拶のあとに公明党の話をしだすやいなや「あんたがたは選挙が近づくと頼みに来るが、普段は音沙汰がない」「政権党にな...

2016年03月20日 09:41

日本人キリスト者の「幸福論」に何が足りないか

新しい友との出会いはいつもながら嬉しいものだ。その友から三度目に会った時に本を頂いた。三谷隆正『幸福論』である。同名のタイトルのものはヒルティやアランが書いている。それなりに読んだことがあるが、三谷隆...

2016年03月09日 15:02

今そこにある零細市場の危機を救うために

私の住む町の中に小さな市場があります。少し前にはあちこちにこうしたところはあったのですが、最近はすっかり姿を消しています。大型スーパーの進出で次々と店じまいをしていったのですが、うちの町内にあるこの「...

2016年03月04日 14:48

衆参ダブル選挙は認めるのかと問われて

先日都内で開かれたある研究会(元官僚やメディア関係OBの集い)に初めて参加しましたら、会合の終わり近くなって著名な政治評論家の方から「衆参ダブル選挙は創価学会としては許容出来るのでしょうか」との問いか...

2016年02月03日 08:46

北朝鮮の愚行に暴挙と反発しているだけでいいのか

北朝鮮が去る六日に三年ぶり四回目の「核実験」をやったとの報道が世界をかけめぐりました。これが「初の水爆」ではないかとの見方や、2000年以降に核爆発を伴う核実験を実施した国はこの国をおいてほかにないこ...

2016年01月11日 09:32

自公の違いの中にこそ中道政治の真骨頂が顔を出す

新しい年が明けた。新聞メディアの各社説を読み比べてみた。「朝日」は内外の政治が溝を深め、分断が進んでいると危惧する。「毎日」は日本社会が国家主導か、多様な国民の声が反映される社会かの岐路に立っていると...

2016年01月03日 14:49

世界宗教とは何かを思い知らされるー佐藤優、松岡幹夫『創価学会を語る』

先日、ある会合の席でその世界で高名な神社の宮司さんと話す機会があった。神道と創価学会ーお互いに過去に遡ると、相互に批判しあった経緯がよみがえるが、それも「今は昔」ということに思いが至った。宗教のグロー...

2015年12月30日 11:22

前議員の会で熱い論争や画期的提案をした後に……

14日から二泊三日で上京しました。顧問先の仕事をこなすことが主たる目的でしたが、偶々最後の日に、恒例の「前議員の会」が行われるとの案内がありました。これは年に二回開かれており、毎回、議員会館で学者の講...

2015年12月21日 07:35

共産と公明の熾烈な争いを予感させる世論調査結果

先月末に共同通信社が発表した世論調査結果が気になりました。政党支持率において、公明党が4.0%、共産が4.2%と、ほぼ同じに位置していることがです。このところは殆ど相手にならないと思い込んでいた同党で...

2015年12月05日 10:31

健やかに生きられる地域作りへ大競争の始まり

ウエルネスマネジメントー少子高齢化、人口減少が進む中で注目される事業分野です。健やかに生きることができる町づくりとでも言えましょうか。厚生労働省の仕事を7年前にしていらい、わたしも関心を強めてきたので...

2015年11月21日 07:09

現代社会を覆う不審、不安、不満を誰が払しょくするか

20年来の友人であるAKR共栄会(オール小売り連合=小売業に共同で仕入れ、配送し、保険をかける画期的な仕組みを進める一般社団法人)の河田正興専務理事と現今の政治、社会、経済をめぐって話し合いました。 ...

2015年11月16日 06:41

本当の日本を考える糸口にもー橋爪大三郎、植木雅俊『ほんとうの法華経』

今朝の神戸新聞に興味深い記事が掲載されていてむさぼり読んだ。「転換期を語るー戦後70年の視点」で、編集委員の「混迷の世界です」という問いかけに、社会学者の橋爪大三郎さんが冒頭にこう答えている。「西欧キ...

2015年11月13日 14:37

沖縄の前に必要な日本の独立ー松島泰勝『琉球独立宣言』

このところ沖縄に関するとても胸打つテレビ番組を見た。一つはNHKスペシャル「沖縄戦 全記録」であり、今一つはBSの「なぜペンをとるのかー沖縄の新聞記者たち」である。前者は先の大戦で唯一地上戦が展開され...

2015年10月23日 11:04

山口訪中が殆ど新聞報道されなかったのはなぜか

先日の山口公明党代表の訪中、訪韓のニュースはタイムリーな出来事でした。とくに訪中については、国際政治の動向に関心を持つ多くの真面目な人たちを爽快な気分にさせました。安保法制に対する「戦争法案」などとい...

2015年10月23日 10:36

なぜ10月初めの世論調査で公明の支持率だけ下がったのか

10月の7,8両日に行われた共同通信社の世論調査結果のうち、政党支持率の項目にはいささか驚きました。「あなたはどの政党を支持しますか?」との問いかけに、自民党から民主、維新、共産、社民党と主な政党が軒...

2015年10月19日 15:47

安保法制の説明に、日暮れて道遠しを実感

参議院での安全保障法制をめぐる採決の混乱ぶりは目を覆いたくなる。かつて幾度も見た風景なだけに、その進歩のなさには呆れるばかりだ。十分な審議が尽くされたか、いやまだ不十分だという分岐点をどこに置くか。質...

2015年09月18日 22:09

護憲派も改憲派も書かなかった真実ー長谷川三千子『9条を読もう!』

今回の安保法制をめぐる議論を通じて、浮かび上がってきたのは「憲法改正」をいったいどうするかという課題である。そんな折もおり、まことに適切な本が出た。長谷川三千子『九条を読もう!』である。わずかに91頁...

2015年09月18日 21:55

米国に代わって世界支配を目論むドイツーE・トッド『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる』

国会に席をおいていたころに海外に行く機会がたびたびあった。ヨーロッパでは圧倒的にドイツに行ったケースが多い。イギリス、フランス、スペイン、スイス、ノールウエー、ポーランド、オーストリア、イタリアなどそ...

2015年09月05日 13:09

病院に必要なもう一つの窓口とは?

代議士を辞めてふつうの市民に戻ってから約3年が経ちます。現役の頃と何が違うかといえば、最も大きいのは予算委員会を始めとする所属した委員会で、政府に対して質問をするという機会がなくなった事です。20年間...

2015年09月05日 09:34

自民党内のたった一人の反乱から、何が見えるか

八月最後の日曜日の昨30日における国会周辺は、10万人を超えるデモで大変な騒ぎとなったようです。地元での創価学会の座談会に出て会員の皆さんと懇談をしたり、自治会の活動に汗を流した私にとっては遠く離れた...

2015年08月31日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。