WEDGE Infinityの記事一覧

「クンロク大関」続出でも大相撲に公傷制度が復活しない理由 - 新田日明 (スポーツライター)

またしてもという感は否めない。大相撲の大関豪栄道が名古屋場所8日目から休場した。場所前から右肩を痛めており、強行出場した末に負傷箇所が悪化。日本相撲協会に「右肩腱板不全損傷で約1カ月間の休養加療を要する」との診断書を提出した。これで今場所は貴景勝、栃ノ心に続き3人目となる大関の休場で、3大関不在は2012年秋場所以来の異常事態だ。4大関のうち、残された1人、大関の高安は8日目も玉鷲を下して1敗を堅...

2019年07月15日 07:10

韓国の〝告げ口外交〟いまだ健在、輸出規制で米に泣きついたけれど… - 樫山幸夫 (元産經新聞論説委員長)

韓国得意の告げ口外交を久々にみた。以前にもまして派手、活発というべきか。康京和外相が7月11日、日本からの輸出規制に関連して、米国のポンペオ国務長官に電話で韓国の窮状を訴えた。米国に日本を説得させよう...

2019年07月15日 06:20

誤解がいっぱい、ゲノム編集食品の安全性と表示を解説する - 松永和紀(科学ジャーナリスト)

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)がゲノム編集技術を用いて研究、開発中の超多収イネ(提供:農研機構)ゲノム編集食品の安全性や表示をめぐり、ニュースが増えてきました。国も全国5カ所で説明会を開い...

2019年07月09日 14:00

中日の〝お前騒動〟を招いた与田監督誕生までの不可解な背景 - 新田日明 (スポーツライター)

一応の終止符が打たれたようだ。中日ドラゴンズが7日のヤクルト戦に7―1で大勝し、連敗を4でストップ。8回を1失点に抑え、ハーラートップタイの9勝目を飾ったヒーローの柳裕也投手がお立ち台で口にした次の言...

2019年07月08日 14:00

韓国の「日本」不買運動、不発の歴史 - 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

[画像をブログで見る]日本政府による化学製品の韓国向け輸出手続き厳格化に、韓国で反発が広がっている。それは不思議ではないが、反発ぶりを伝える報道には注意すべきものがある。市民団体による日本製品の不買運...

2019年07月08日 13:46

日本の財政が破綻しない数多くの理由 - 塚崎公義(久留米大学商学部教授)

今回は、久留米大学商学部教授の塚崎公義が、財政破綻の可能性と増税の必要性について考えます。消費税の増税が迫って来ました。「財政赤字が巨額だから増税しないと」という緊縮財政派の主張に基づくものでしょうが...

2019年07月08日 10:30

毎年2500万人口が増えるインドの苦悩 - 野瀬大樹 (公認会計士・税理士)

毎年オーストラリアの人口と同じ数の赤ちゃんが生まれる国、インド[画像をブログで見る] 6月7日、厚生労働省が発表した2018年の日本の「出生数」は衝撃的なものだった。 その数は91.8万人。史上最低を...

2019年07月04日 15:23

トップ同士で辛うじて命脈をつなぐ米朝外交- 岡崎研究所

2018年6月のシンガポールでの米朝首脳会談から1年が経つ。トランプ政権の北朝鮮外交は解決への道筋が見えないまま膠着状態に陥った。6月30日に、トランプと金正恩は板門店で劇的な再会を果たしたが、これに...

2019年07月04日 05:59

日本ラグビー界を揺るがす「コカイン」と「サンウルブズ」 - 新田日明 (スポーツライター)

日本ラグビー界にとっては大きなマイナスだ。トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツのFBイエーツ・スティーブン容疑者がコカインを所持していたとして27日、愛知県警に麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。(...

2019年07月01日 11:12

なぜトランプは対イラン戦争に踏み切れないか? - 斎藤 彰 (ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長)

[画像をブログで見る]タンカー攻撃、米軍無人機撃墜とイラン側の挑発が続く中で、トランプ大統領の対応が揺れ動いている。果たしてアメリカは、かつての対イラク戦争のようにイランへの本格的な軍事行動に踏み切れ...

2019年07月01日 08:50

シンゾー・ドナルドは本物か?疑念抱かせる大統領の安保廃棄発言 - 樫山幸夫 (元産經新聞論説委員長)

[画像をブログで見る]ここ1カ月で2回目となる日米首脳会談を前に、気になるニュースが伝えられた。トランプ米大統領が私的な席で、日米安全保障条約の破棄に言及したという。日本政府は波紋が広がらないよう〝火...

2019年06月27日 11:25

日産・ルノーの〝呉越同舟〟株主総会で見えたすれ違い - 永井隆 (ジャーナリスト)

ルノーとのせめぎ合いを経て、株主総会で統治(ガバナンス)改革に関わる定款変更が可決された日産自動車。しかし、経営の独立性を確保したい日産と、日産を経営統合したいルノーとの攻防は、これから激化していくの...

2019年06月27日 10:00

香港の若者が大阪でアピールを計画、G20で世界に「香港の声」を伝える - 野嶋 剛 (ジャーナリスト)

6月28−30日に開催される主要20カ国首脳会議(G20)を前に、逃亡犯条例改正に反対する香港の若者たちは、今度は会場となる大阪で日本や国際社会に向けて香港問題を訴えるため、集会やデモなどのアクション...

2019年06月26日 06:00

ホルムズ防衛作戦への参加要求か?トランプ、G20で日本に負担迫る - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

ペルシャ湾で米国とイランの軍事的緊張が続く中、米国が策定中のホルムズ海峡防衛構想「センチネル作戦(見張り作戦)」の概要が明らかになった。トランプ大統領は6月24日、同湾岸からの石油の恩恵に浴している国...

2019年06月25日 18:19

深刻な大気汚染の韓国、中国には文句が言えないのか? - 朴承珉 (在韓ジャーナリスト)

毎日の朝、微小粒子状物質「PM2.5」濃度の数値を確認することはもう日常的なこととなった。数年前からソウル市内では、多くの人がマスクをつけて歩いている姿をよく目にする。韓国で大気汚染は深刻な社会問題に...

2019年06月25日 08:16

「老後2000万円」報告書は、全く正しい - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

「老後2000万円」報告書には、当然のことしか書いていない金融審議会市場ワーキング・グループが「高齢社会における資産形成・管理」 という報告書を作成したところ、批判が殺到し、事実上の撤回に追い込まれた...

2019年06月24日 06:00

NBA入りの八村塁が『即戦力の日本人』として評価される理由 - 新田日明 (スポーツライター)

夢を叶えた。今年の米プロバスケットボールリーグNBAドラフト会議で八村塁選手が、あの「神様」マイケル・ジョーダン氏もかつて在籍したワシントン・ウィザーズから1巡目全体9位指名を受けた。日本人として初め...

2019年06月22日 10:05

呉服店が「ハーフの子を産みたい方に。」3年前の広告が炎上 - 網尾歩 (コラムニスト)

広告界、時代を読めるはずなのに。着物を着ると「ナンパしてくる人の年収は上がる」?「驚いた」「理解不能」「下品」そんなつぶやきがツイッター上にあふれた。6月19日夜から突如として炎上したのが、老舗呉服店...

2019年06月21日 11:49

大学受験に英語の「話す」は本当に必要か?開始前に大混乱の英語教育改革 阿部公彦・東大教授に聞く - 中西享・濱崎陽平

2020年度から、大学入試センター試験の後継となる「大学入試共通テスト」に、英語4技能を測る民間業者の資格・検定試験が本格導入される。大学受験に「話す」能力を測る項目も加わり、読む・書く・聞く・話す、...

2019年06月21日 08:51

本当の「強制連行」を忘却した韓国の本音 - 崔 碩栄 (ジャーナリスト)

(Favor_of_God/gettyimages)韓国の熟年層以上の人であれば誰でも知っている『断腸のミアリ峠(단장의 미아리 고개)』という歌がある。朝鮮戦争(1950-1953)から3年後の19...

2019年06月20日 06:00

アメリカ「有志連合艦隊」を模索、海自派遣に決断迫られる日本 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

ホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃をめぐり、米国とイランの緊張はさらに高まりを見せてきた。米国が日欧など同盟国との「有志連合艦隊」創設を模索し、国際的包囲網を一段と強化する姿勢を見せる一方、イランは6月...

2019年06月18日 13:20

相手国への印象、日本は「最低」韓国は「最高」、なぜ? - 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

言論NPOが韓国のシンクタンク・東アジア研究院と共同で5月に行った世論調査の結果が発表された。「相手国に対する印象」を聞く質問で、日本では「韓国に良い印象を持っている」という回答が過去最低の20%とな...

2019年06月18日 09:16

好調巨人を支える炭谷銀仁朗が〝FA逆風〟を跳ね返せた理由 - 新田日明 (スポーツライター)

巨人が好調だ。16日の日本ハム戦(札幌ドーム)は7―3で逆転勝ちし、連勝をもぎ取った。これで5カード連続勝ち越しを決め、交流戦でもたつくセ・リーグ首位の広島東洋カープに0・5ゲーム差にまで肉薄。ここま...

2019年06月17日 14:55

香港デモに沈黙する日本政府、習近平訪日にも配慮か? - 野嶋 剛 (ジャーナリスト)

[画像をブログで見る]米国や欧米の政府や議会が、香港政府が進める逃亡犯条例の改正に対する懸念を表明しているなか、日本政府は現時点まで沈黙を守っている。香港の学生運動活動家で来日中の政治組織「デモシスト...

2019年06月15日 13:09

なぜ日本でこれだけ引きこもりが増えたのか 『子育てが終わらない』小島貴子准教授インタビュー - 本多カツヒロ (ライター)

川崎市多摩区で起きた殺傷事件の容疑者が引きこもりであったことから、引きこもりがまるで犯罪予備軍であるかのような報道があった。これに対し当事者らでつくる団体は偏見を助長すると声明を発表した。今年3月に内...

2019年06月14日 17:42

「最後の戦い」 に向かう香港市民、警察は「散弾銃」で鎮圧 - 野嶋 剛(ジャーナリスト)

[画像を元記事で見る]香港情勢が急を告げている。中国への犯罪者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例の改正に反対する6月9日のデモは、香港返還後最大の103万人(主催者発表)に達した。しかし、香港政府と親北...

2019年06月13日 13:04

「働き過ぎ」の若者と「もらい過ぎ」の年長者 日本社会の「怪」を暴く - 立花 聡 (エリス・コンサルティング代表・法学博士)

「終身雇用」とはいえ、法律ではないし、何ら強制性もない以上、なぜここまで機能できたのだろうか。日本社会に普通に暮らす日本人なら、誰もが抵抗なく終身雇用というシステムの中にごく自然に組み込まれていく。抵...

2019年06月13日 10:18

金融庁「老後資金2000万円」報告書に目新しい事実はない - 島澤 諭 (中部圏社会経済研究所研究部長)

(itasun / iStock / Getty Images Plus)年金問題を巡って繰り返される与野党の争い金融庁の審議会が「公的年金だけでは老後の生活資金が2000万円不足する」「公的年金は今...

2019年06月13日 09:18

70歳以上の厚生年金加入に待った!企業頼みの社会保障改革は誤り シニア世代の助け合い強化が必要

厚生労働省は、一定額以上の収入などがある場合、70歳以上も年金保険料の支払いを義務付ける検討を始める、と報道されている。現在、70歳になると働いていても公的年金の保険料は支払わなくてよい。それを、70...

2019年06月10日 18:00

働くと年金が減る制度は廃止が当然 - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

今回は、久留米大学商学部教授の塚崎公義が、働くと年金が減る制度の廃止について考えます。(AndreyPopov/gettyimages)働くと年金が減る制度が存在在職老齢年金という制度があります。これ...

2019年06月10日 13:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。