WEDGE Infinityの記事一覧

なぜ日本メーカーにできなかった?中国TVメーカーのマケ戦略 - 多賀一晃(生活家電.com主宰)

中国 ハイセンス社。中国のテレビメーカーの中でも有名な一社です。FIFAワールドカップのメインスポンサーを行うなど、欧米でも名前が通っておりますし、東芝のテレビ会社、東芝映像ソリューションを傘下に収めました。ただし、東芝映像ソリューションは、東芝・レグザ(REGZA)ブランド映像商品、テレビ、BDレコーダー他は、自社開発・販売・修理を継続し、「今まで以上に強化していく」としてきました。 この11月...

2018年12月04日 19:11

「文在寅大統領は徴用工訴訟に熱心」という勘違い ~「反日」というよりも単なる日本軽視~ - 澤田克己(毎日新聞記者、元ソウル支局長)

韓国の最高裁が徴用工訴訟で原告勝訴を確定させた波紋が続いている。1965年の日韓国交正常化の土台を突き崩すような司法判断だから大騒ぎになるのは当然だが、日韓双方で勘違いや誤解も多いようだ。このコラムで...

2018年12月04日 19:03

「同性婚反対」に傾いた台湾社会の矛盾 統一地方選の「国民投票」が意味するもの - 栖来ひかり (台湾在住ライター)

11月23日の夜、台北市のランドマーク101ビルに光り輝いていた「記得投票(投票を忘れずに)」「公民權益(国民の権利と利益)」という文字をまぶしく見上げた。1987年の戒厳令解除以降に民主化が進んだ台...

2018年12月03日 16:28

カラスはいやしい仲間を嫌う?森林管理官が語る動物たちの豊かな内面 『動物たちの内なる生活』 - 東嶋和子 (科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師)

ペットを飼ったことのある人なら、あるいは家畜を育てたことのある人なら、当たり前じゃないかと一笑に付すような”発見”が、最近相次いで明らかにされている。 それは、動物に「感情」や「意識」があるとか、現在...

2018年12月03日 14:06

「1on1ミーティング」“わかっているつもり”の親子にこそ勧めたい - 小川大介

[ブログで画像を見る]ビジネスで注目されている1on1ミーティングその目的は? 近ごろ、多くの企業で取り入れられている「1on1ミーティング」。1on1ミーティングとは、上司と部下が週に1回など定期的...

2018年11月30日 20:30

欧州でサマータイム廃止か、市民の84%が制度に反対 - 宮下洋一 (ジャーナリスト)

10月28日未明、ヨーロッパでサマータイムが終わり、冬時間が訪れた。欧州連合(EU)加盟国からは、近々この制度を廃止すべきとの声が上がっている。今年7月から約6週間、欧州委員会がEU市民を対象に行った...

2018年11月28日 20:30

太平洋島嶼国への中国の進出と警戒する豪州 -岡崎研究所

太平洋の島嶼国をめぐっては、潤沢な資金援助を梃子に影響力の強化を図る中国と、それに対する警戒感を強める豪州との関係は、日米豪等が協力して推進するインド太平洋戦略にもかかわることであり、注視されている。...

2018年11月28日 15:06

ドローンが臓器移植の未来を変える - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

[ブログで画像を見る] ドローンの有効利用の方法の一つとして、米国の医学研究者が移植用臓器の搬送に世界で初めてドローンを採用する実験を行った。ドローン搬送実験を行ったのはメリーランド大学のジョセフ・ス...

2018年11月27日 22:26

貴景勝が優勝しても、白鵬が高笑いしている理由 - 新田日明 (スポーツライター)

相撲界に久々の新風が吹き込んだ。小結・貴景勝が九州場所で初優勝。13勝2敗で賜杯を手にし、2014年秋場所の初土俵から26場所での幕内最高優勝は元横綱・曙に並んで史上4位タイのスピード記録となった。ま...

2018年11月27日 21:27

北方領土、日本の「一本勝ち」であるべき - 樫山幸夫 (産經新聞元論説委員長)

[画像をブログで見る] マルクス、エンゲルスの「共産党宣言」を模倣して「北方領土問題の現状を形容すると、こうなるだろう。「妖怪が日本国内を徘徊している。2島返還論という妖怪が」―。 11月14日にシン...

2018年11月27日 20:22

トランプがサウジ皇太子を擁護する本当の理由 - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

今回のテーマは「なぜトランプはムハンマド皇太子を擁護するのか」です。サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が10月2日、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館に入った後、殺害されました。カショギ...

2018年11月27日 06:00

支持率低下のプーチン、「小さな戦争」画策か? - 岡崎研究所

ロシアの独立系テレビネットワークRTVIのジャーナリストTihon Dzyadko が、Project Syndicateのサイトに「不人気なプーチンの危険」という論説を10月31日付けで寄せ、プーチ...

2018年11月21日 15:00

正しいことがベストではない、人はなぜ間違えた選択をするのか? - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

先日、「人はなぜ間違えた選択をするのか」という講演をしたので、エッセンスを御紹介します。[画像をブログで見る]黙っている人の声を聞くのは難しい 聞こえて来る声だけを頼りに判断すると誤ることがあります。...

2018年11月20日 21:00

世界中で捨てられる再エネからの電気 - 山本隆三 (常葉大学経営学部教授)

[画像をブログで見る] 9月に起こった北海道大停電により、電力供給では常に需要と供給が一致しなければ、停電することを多くの人が学んだ。通常の品物と異なり電気は大量に安価に貯めることができないため瞬時に...

2018年11月20日 14:50

外国人労働力の受け入れは2025年からでも間に合う 拙速な議論は将来に禍根を残す - 島澤 諭 (中部圏社会経済研究所研究部長)

[画像をブログで見る]強まる企業の人手不足感 日本銀行が先月1日に発表した9月の「全国企業短期経済観測調査(日銀短観)」によれば、中小企業を中心に企業の人手不足感が深刻化している。実際、企業の従業員の...

2018年11月20日 14:24

「徴用工」問題、解決策を見つけられない文政権 - 岡崎研究所

韓国大法院(最高裁)は10月30日、日本統治時代に動員された韓国人の元「徴用工」4人が新日鉄住金に対し損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審において、新日鉄住金側の上告を棄却、1人あたり1億ウォン(約1...

2018年11月19日 17:46

「特別な関係」を築いていくであろう日本とインド - 岡崎研究所

10月29日、東京を訪問中のインドのモディ首相は、安倍総理と首脳会談を行い、その後、両首脳は、日印共同声明‛Japan-India Vision Statement’に署名した。同声明文は全6頁、25...

2018年11月16日 14:39

ZOZOのビジネスモデルの「落とし穴」とは? 実店舗が持つ“強み” - 塚越健司 (拓殖大学非常勤講師)

前回は人工胎盤や人工子宮といった、近未来の生殖について考察を行った。技術環境の変化によって、急速に我々の「常識」が変化する中で、軸となる考えや、それを動かす技術環境のあり方が問われている。昨今は賛成と...

2018年11月16日 14:13

20年前のデジャブ?韓国経済不振で日本叩きが始まる - パスカル・ヤン (著述家)

[画像をブログで見る] 日韓関係の混乱はとどまるところを知らない。およそ20年前の今頃も収拾がつかないのでないかと思われる事件が起きた。実際、大統領就任予定の金大中氏が国のことを思うと心配で夜も寝られ...

2018年11月16日 14:08

AIにはできない「接客」のサポートをネットでする「OK SKY」とは? - 杉浦佳浩 (代表世話人株式会社代表)

EC市場が2020年にはおよそ2.6兆円になろうとしている中で、リアル店舗の売上は年々減少し、閉店も多数見かける厳しい状況になっています。小売業界においてブランド価値を高めるためになくてはならない店舗...

2018年11月14日 22:49

公的年金は破綻しないから、しっかり頼ろう - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

今回は『老後破産しないためのお金の教科書』の著者である塚崎が、公的年金は破綻しないから頼りにしよう、と説きます。 「年金なんて、どうせ将来はもらえないから、年金保険料を払うのはバカバカしい」と考えてい...

2018年11月14日 21:45

トランプに対抗できるのは?次期大統領選、元副大統領、女優、ケネディ・ファミリーらの名が - 樫山幸夫 (産經新聞元論説委員長)

中間選挙を受けて、米国ではちょうど2年後に行われる次期大統領選への動きがにわかに活発化しそうだ。中間選挙が終わったばかりなのにと思いたくもなろうが、むしろ終わったからなのだ。次のリーダー選びに名乗りを...

2018年11月14日 18:45

ビールを避けても痛風は予防できない - 佐藤達夫 (食生活ジャーナリスト)

痛風は「おじさん=中高年の男性」に多い病気だが、近年、若い男性や女性にも増えてきているようだ【https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0052/G0000210/00...

2018年11月13日 16:41

中国のシャープパワー、「経済協力」に抗えない世界 批判され始めた中国のパブリック・ディプロマシー(後編) - 桒原響子 (PD・国際公共政策研究者)

中国の「シャープパワー」が、米国をはじめ国際社会で話題となり、日本でも注目されるようになってきた。米国の危機感の高まりは、中国のパブリック・ディプロマシー(PD)を、ソフトパワーではなく、プロパガンダ...

2018年11月06日 22:10

マイケル・ジョーダンも参入、人気沸騰のeスポーツ - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

eスポーツとは家庭で遊ばれているようなビデオゲームを世界中のプロゲーマーが競い、それをショーとして見せる、というものだ。現在ではコミコンなどの会場でeスポーツのトーナメントが行われたり、ビデオ配信を通...

2018年11月06日 21:11

遺体を薬品で溶解処理か?サウジ記者殺害、さらに陰惨に - 佐々木伸(星槎大学大学院教授)

反政府サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件で、同氏の遺体がサウジから派遣された暗殺チームによって強い酸系の薬品で溶解処理されていた疑いが浮上した。事件の謎の1つは遺体がどこにあるのか分か...

2018年11月06日 20:38

中国のシャープパワーに翻弄され続けた世界 批判され始めた中国のパブリック・ディプロマシー(前編) - 桒原響子 (PD・国際公共政策研究者)

「シャープパワー」という言葉がちょっとした流行語になっている。米シンクタンク全米民主主義基金(NED:National Endowment for Democracy)が2017年11月に開催したシャ...

2018年11月06日 15:53

確定判決でも終わらぬ「徴用工訴訟問題」 - 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

韓国大法院(最高裁)が、戦争中に日本企業で働かされた韓国人の元徴用工らへの賠償を日本企業に命じる判決を下した。最高裁まで争うような訴訟はどれでも同じだが、提訴から10年以上の年月を経ての判決確定である...

2018年11月06日 14:01

トヨタが本格的なMaaSを小さく始めたわけ - 川手恭輔 (コンセプトデザイン・サイエンティスト)

[画像をブログで見る] トヨタ自動車と西日本鉄道(西鉄)は、11月1日から福岡市およびその周辺地域において、トヨタが提供するmy route(マイルート)というスマホアプリを使ったマルチモダールモビリ...

2018年11月06日 06:00

「ブラックスキャンダル」は深夜帯の秀作、妖しい魅力の山口紗弥加の復讐劇 - 田部康喜 (東日本国際大学客員教授)

[画像をブログで見る] 「一滴残らず、地球から干されて、消えて!」 山口紗弥加が演じる元女優の芸能マネージャーが、復讐を果たして敵役に放つ最後の決め台詞は痛快である。 日テレ系の読売テレビ制作「ブラッ...

2018年11月01日 22:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。