WEDGE Infinityの記事一覧

自走式スーツケースは流行するのか - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

昨年のCESでコンセプトとして発表されたFowardXという、AIを使って使用者の後を自動的に追尾する、というスーツケースが、今年製品として発表された。ForwardX社によるOVISというスーツケースで、米国で799ドルで発売が始まる。OVISはリストバンドとセットになっており、リストバンドからの信号を感知して持ち主の横を適度な距離で並走する。AIが組み込まれており、向かってくる人や障害物を自動...

2020年01月19日 06:00

蔡英文総統の李登輝訪問、日本人秘書が明かすその一部始終 - 早川友久 (李登輝 元台湾総統 秘書)

蔡英文総統が李登輝さんのもとへ勝利報告に訪れた際の一部始終を、日本人秘書である早川友久さんが明かします。李登輝と蔡英文を結びつけるもの総統選挙の喧騒が一段落し、世間が徐々に落ち着きを取り戻し始めた1月...

2020年01月18日 14:00

民進党に「塩を送った」習近平の失敗、台湾総統選でさらに虚構化する中国の台湾政策 - 野嶋 剛 (ジャーナリスト)

[画像をブログで見る]中国の台湾政策において、大きな挫折だと言っていい。1月11日の台湾総統選で、蔡英文総統は817万票を集め、再選を果たした。立法委員選でも、民進党は過半数を上回る61議席を獲得。2...

2020年01月14日 06:01

過剰な白鵬バッシングが大相撲の新時代到来を遅らせている実情 - 新田日明 (スポーツライター)

雪辱を果たした。大相撲初場所が12日、東京・両国国技館で初日を迎え、横綱白鵬は小結大栄翔を寄り切りで下し、白星発進となった。43回目の優勝を果たした昨年11月場所で唯一黒星を喫した相手だが、右上手で左...

2020年01月13日 07:30

五輪で増える訪日外国人が戸惑わない〝おもてなし〟とは 在米40年のライターが見た日本独特の社会習慣 - 田村明子 (ジャーナリスト)

2020年も明け、いよいよ夏には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。アメリカに移住して40年以上になる筆者は、12月に2週間ほど一時帰国した。その滞在中、オリンピックを機会に日本を初めて訪れ...

2020年01月13日 06:00

米の「標的殺害」、イエメンでは失敗、ソレイマニ暗殺は広範な作戦の一環 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

イラン革命防衛のソレイマニ司令官の殺害をめぐる米イランの緊張は双方がひとまず矛を収め、全面戦争の危機は回避された。この間、明らかになったのは司令官暗殺が米国のより広範な「標的殺害」の一環だったことだ。...

2020年01月12日 17:48

トランプがイラン司令官を殺害した本当の理由 - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

[画像をブログで見る]今回のテーマは、「トランプのイラン司令官殺害の動機」です。ドナルド・トランプ米大統領は2020年1月3日、イランの英雄ガセム・ソレイマニ司令官をイラクで無人機攻撃により殺害しまし...

2020年01月08日 12:25

イラン革命防衛隊司令官の暗殺で不安定化する中東情勢 - 畑中美樹 (国際開発センター エネルギー・環境室研究顧問)

イラク軍報道官は1月3日、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官と、イラクのシーア派武装組織の連合体「人民動員隊」のアブ・マフディ・ムハンディス副司令官が前夜遅...

2020年01月08日 06:00

カルロス・ゴーンが大統領になる日、「逃げ」の損得勘定と本質 - 立花 聡(エリス・コンサルティング代表・法学博士)

ついに逃げた。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告はプライベートジェットに乗ってレバノンに逃亡した。大手メディアから個人SNSまで世間は騒然とした。嵐のような報道を眺めていると、やはり「逃げ」という...

2020年01月07日 08:14

イラン司令官殺害で一変 2020年の世界経済が抱えるリスク - 滝田洋一 (日本経済新聞社編集委員・テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』解説キャスター)

2020年代の幕開けとなる正月、メディアの新年企画を吹き飛ばす事件が相次いだ。カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡劇はそのひとつ。そんなニュースを吹き飛ばしたのが、米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害...

2020年01月06日 17:00

J1王者マリノスが気を揉む「ゴーン逃亡」と「IR汚職」 - 新田日明 (スポーツライター)

思わぬとばっちりと言えそうだ。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が会社法違反(特別背任)罪などで起訴されたものの、保釈中に国籍のあるレバノンへ逃亡。日本のみならず世界中に大きな衝撃を与えた前代未聞...

2020年01月06日 07:15

異例の「新年演説なし」に見られる金正恩の苦悩 - 礒﨑敦仁 (慶應義塾大学准教授) / 澤田克己 (毎日新聞記者、元ソウル支局長)

今年の北朝鮮は元日から小さなサプライズを演出した。金正恩国務委員長による恒例の「新年の辞」演説が行われなかったのだ。その代わり、1月1日の朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は昨年末に開かれた党中央委員会第7...

2020年01月06日 06:00

”ハラールお好み焼き”が生む付加価値とは? - 磯山友幸 (経済ジャーナリスト)

「世界では4割近い人たちが豚肉は食べません。こうした人たちをお客様として取り込みたいのか、取り込みたくないのかという問題なんです」【守護彰浩(しゅご・あきひろ)】千葉大を卒業後、2007年楽天に入社。...

2020年01月05日 06:00

ギリギリの賭けだった攻撃作戦、イラン、ソレイマニ司令官の抹殺の内幕 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

イラク当局者が一緒なら中止、いなければ決行―。米ニューヨーク・タイムズなどが伝えるところによると、米軍のイラン革命防衛隊「コッズ」のカセム・ソレイマニ司令官の攻撃作戦は土壇場まで確認作業が必要な危険な...

2020年01月04日 16:48

来年の景気は薄曇りだが、突然の嵐に要注意 - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

2020年の景気は、良くも悪くもない状況が続くだろうが、リスクシナリオには要注意だ、と久留米大学商学部の塚崎公義教授は考えています。(oatawa/gettyimages)景気の現状は「薄曇り」今年の...

2019年12月30日 06:00

30万円のイヤホンを生むソニーが誇る職人たち - 磯山友幸 (経済ジャーナリスト)

一人ひとり違う耳の形に合わせて、テイラーメイドで作られるイヤホンをご存じだろうか。ソニーの「Just ear(ジャスト イヤー)」。究極の装着性を追求して最高の音質にたどり着くことを狙った逸品は、当然...

2019年12月29日 06:00

GAFAはどうなる?独禁法適用、巨大IT企業の個人情報利用 巨大プラットフォーマーの台頭と個人情報保護に向けた課題 - 河本秀介 (弁護士)

近年、GAFA(Google Apple Facebook Amazon)に代表される、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業が台頭しており、2018年時点の全世界の企業時価総額の上位10社のう...

2019年12月27日 05:59

北方領土、不法占拠者との「引き分け」ありえぬ - 樫山幸夫 (元産經新聞論説委員長)

(Belus/gettyimages)「盗人にも三分の理」ということわざがあるが、この発言だけは笑止千万と言わざるを得ない。北方領土問題について、ロシアのプーチン大統領があらためて「引き分け」に言及し...

2019年12月27日 05:59

北朝鮮女子サッカー、謎の東京五輪辞退は韓国・文政権への最後通告か - 新田日明 (スポーツライター)

一体、何が起こっているのか。韓国の聯合ニュースが25日に報じたところによれば、サッカー女子の北朝鮮代表が、来年2月に韓国の済州島で開催される東京五輪アジア最終予選の出場を取りやめたという。アジア・サッ...

2019年12月26日 11:50

あまりに酷い中国のウイグル政策に米国が人権法案可決 - 岡崎研究所

今年1年を通じて、米国第116回議会では、「2019年ウイグル人権政策法案」が審議されてきた。法案の正式名は、「新疆におけるトルク族ムスリムの人達に対する酷い人権侵害を非難し中国内外でのこれらの人達へ...

2019年12月25日 05:59

韓国に笑われ、テレビ局も煙たがるサッカー・森保Jの窮状 - 新田日明 (スポーツライター)

拍子抜けするほど〝無風〟だ。サッカー日本代表・森保一監督の去就についてである。今月18日に韓国・釜山で行われたサッカー・E―1選手権の最終戦で日本代表は韓国代表に0―1で完敗。スコアだけ見れば確かに僅...

2019年12月23日 06:47

不名誉リストに名を連ねることになったトランプ 米下院、トランプ大統領を弾劾訴追、史上3人目、「対立と分断」浮き彫り - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

米下院本会議は18日、トランプ大統領のウクライナ疑惑について、「権力の乱用」と「議会妨害」があったとして、賛成多数で大統領を弾劾訴追した。表決は賛成反対が民主、共和両党でくっきり色分けされており、深刻...

2019年12月19日 15:00

体脂肪は「少なければ少ないほどいい」わけではない - 佐藤達夫 (食生活ジャーナリスト)

お知らせ:本連載をまとめた書籍『外食もお酒もやめたくない人の「せめてこれだけ」食事術』(佐藤達夫 著)が2020年1月18日より発売予定です。詳細はこちらから(sefa ozel / iStock /...

2019年12月19日 06:00

「ザキトワ引退騒動」に垣間見えるロシアの闇 - 新田日明 (スポーツライター)

フィギュア界に衝撃が走った。フィギュアスケート女子で2018年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザキトワが事実上、競技活動の休止を表明したからだ。母国ロシアはもちろんのこと日本でも人気は高く、世界中の人...

2019年12月16日 06:25

WTO機能停止を世界が止められないわけ - 岡崎研究所

WTOの紛争解決機能を担う上級委員会が機能を停止し、貿易の世界は無秩序な事態となりうる。WTOの上級委員会(定員は7名であるが、目下在籍するのは3名)のインドと米国の委員が12月10日に任期満了で退任...

2019年12月16日 05:59

軋みが見える米韓同盟 - 岡崎研究所

11月24日付米ワシントン・ポスト紙の社説は、トランプ大統領が韓国に対して、在韓米軍経費の負担を、今年の9.23億ドルから5倍の50億ドル(47億ドルとの説もある)へ増額するよう要求している対韓交渉の...

2019年12月13日 05:59

日本が直面している最大の危機は温暖化ではなく人口減少 - 山本隆三 (常葉大学経営学部教授)

スペイン・マドリードで気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が12月2日開幕した。アントニオ・グテーレス国連事務総長は、開幕式典で気候変動は長期的な課題ではなく、いまそこにある危機とスピー...

2019年12月10日 06:00

10月の消費の落込みは、消費増税の影響の深刻さを意味せず - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

10月の消費が落ち込んだ、という報道 がなされていますが、それを「消費増税の影響は深刻だ」と理解してはいけない、と久留米大学商学部の塚崎公義教授は説きます。10月の消費が落ち込んだのは事実だが…家計調...

2019年12月09日 06:10

中村さんを殺害したのは何者か?タリバン否定、IS犯行説も - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

[画像をブログで見る]アフガニスタンで4日、同国の農業支援などに長年取り組んできた福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師(73)が銃撃されて死亡するテロ事件が起きた。何者の...

2019年12月05日 07:33

「香港デモ」で明らかになった「どちらの側につくのかを決める」時代 - 立花 聡 (エリス・コンサルティング代表・法学博士)

[画像をブログで見る]「日本共産党からの香港民主運動への支援に感謝する」。11月28日夜、香港の中心部・中環で行われた、米「香港人権・民主主義法」の成立に感謝する大規模市民集会で発表された感謝リスト。...

2019年12月03日 15:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。