学校リスク研究所 内田良の記事一覧

部活動 「全員顧問制度」に異議あり

画像を見る 中学校教員における部活動顧問担当の割合(文部科学省調査)。ほとんど全員が担当。 ■「全員顧問制度」に立ち向かった先生たち昨夜、とある現役教師のツイートが流れてきた(一部編集)。異動初日、部活は運動部3つも割り当てがあって、「もう決まっちゃったから」と言われました。主顧問が1つ、副顧問が2です。帰ってから不安で泣きました。仕事を続けられるかどうか、不安です。調べてみると、同様のツ...

2015年04月03日 06:10

部活動 外部指導者の導入に「待った」―― 子どもの安全・安心を考える

画像を見る 運動部活動における一週間あたりの適切な活動日数[神奈川県調査] ■多岐にわたる部活動問題部活動改革のうねりを感じる。27日にYahoo!ニュース「個人」に投稿したエントリ「部...

2015年03月29日 07:24

部活動顧問の過重負担 声をあげた先生たち 「顧問拒否」から制度設計を考える

■「部活動」の地殻変動長年、「あって当たり前」のこととして、とくに大きな話題にのぼることもなく存続してきた学校の「部活動」に、いま地殻変動が起きている。昨日、NHKの「おはよう日本」では、特集「部活動...

2015年03月27日 06:43

「気絶」以上に「復帰」に関心を ボールが顔面直撃でGK倒れる スポーツ批評サイトのオーサーが苦言

■顔面にボールを受けてKO昨日(10日)の21時頃、Yahoo!のトップページに、「シュートが顔に 独GKが気絶」という記事が配信された。ドイツのサッカーリーグ(ブンデスリーガ)において、試合中にゴー...

2015年03月11日 06:30

騎馬戦のリスク――ぶっつけ本番で首を骨折 騎手の事故防止が最優先

画像を見る 騎手の安全をいかに確保するかが最重要課題である。■騎馬戦の事故――乏しい情報昨日(3日)、福岡地裁で注目すべき判決が下りた。高校の体育祭の騎馬戦で落下し、首より下が完全麻痺となった重度障...

2015年03月04日 06:56

「名前の由来」「昔の写真」必要か? 2分の1成人式

Yahoo!知恵袋 「小4の娘(夫の連れ子)のことについて。」■「感動」「涙」 その陰で・・・「2分の1成人式」の開催を祝う報道が、増えてきている。まさにこの時期、全国各地の小学校で「2分の1成人式」...

2015年02月19日 06:00

体罰には甘い処分 「懲戒免職」はゼロ 処分件数の多さに目を奪われるな

■処分件数の多さに目を奪われてはならない文部科学省が、30日、2013年度の全国公立学校における教員の懲戒処分状況を発表した。そのなかで注目されたのが「体罰」であり、マスコミは一斉に「過去最多」「大幅...

2015年01月31日 07:45

考え直してほしい「2分の1成人式」――家族の多様化、被虐待児のケアに逆行する学校行事が大流行

画像を見る母親からの虐待で死亡した女児が、かつて「2分の1成人式」で書いた「感謝の手紙」■新しい学校行事「2分の1成人式」いま小学校で、新たな学校行事「2分の1成人式」が大流行している。10歳(4年生...

2015年01月19日 06:00

部活動の負担感が大きいワケ――土日の部活動は日額3000円 未経験でも顧問(内田良)

画像を見る 日本体育協会「学校運動部活動指導者の実態に関する調査報告書」(2014)より引用 ■もし、あなたの身に「部活動顧問」の仕事が降りかかってきたなら・・・もしあなたが、上司から突然に「今日...

2015年01月04日 07:30

お正月休みも部活動? 教員の負担感 保護者には伝わっていない(内田良)

画像を見る ■元旦から部活動 「悲しい」2015年が始まった。始まったとはいっても、いまはお正月「休み」である。それにもかかわらず、ツイッター上で...

2015年01月01日 07:37

部活動 先生も生徒も 本音は「休みたい」――「みんなやりたいと思っている」勘違い(内田良)

■年末年始の運動部活動世間はすっかり年末年始の休日モードだ。だが、いまだに休日が訪れない世界がある。学校の部活動である。ツイッターを検索すると、大晦日や元旦を除いてすべて部活動が入っているとか、それど...

2014年12月30日 07:08

柔道の死亡 なぜ減ったのか――「頭部外傷」への関心が重大事故防止のカナメ

■なぜ死亡事故が減ったのか――「頭部外傷」という視点昨日に発表した記事「柔道事故 死亡ゼロが続いていた」が大きな反響を呼んだ。柔道で重大事故が起きてきたことはすでに知られていても、この数年の「死亡ゼロ...

2014年12月08日 06:32

柔道事故 死亡ゼロが続いていた――マスコミが報じない柔道事故問題「改善」の事実

「ファンタスティック!」国際柔道連盟主催の柔道グランドスラム大会が、5日から7日にかけて東京で開催され、熱戦が繰り広げられている。若手からベテランまで、日本選手の活躍が続々と伝えられている。そんななか...

2014年12月07日 06:25

しずちゃんの脳に「影」があったこと 繰り返しの脳損傷は致命傷になりうる

忘れ去られた脳の「影」南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代選手が、アマチュアボクシングの全日本選手権ミドル級で優勝し、四連覇を成し遂げた。お笑いのときとはまるで別人の「ボクシング選手」として...

2014年12月05日 05:41

児童虐待 本当は増えていない――減っていても「減らしたい」と言える世の中へ

画像を見る 「児童虐待防止推進月間」も起き続けた虐待事件「児童虐待防止推進月間」の11月が過ぎ去った。今年の11月もまた「虐待防止」の願いむなしく、残酷な虐待事案の報道が続いた。20日には新...

2014年12月01日 06:44

羽生選手に「感動」するだけでよいのか? 誤ったスポーツ観が選手「生命」を奪う 脳震盪後、1日は安静に

羽生選手の姿に「感動」の問題点この週末(11/8-9)、スポーツ医学の中核を担う「日本臨床スポーツ医学会」の学術集会が東京で開かれている。脳震盪(のうしんとう)に関する調査研究がいくつも発表され、日本...

2014年11月09日 06:00

「いじめゼロ」宣言は、いじめを温存する――「虐待ゼロ」「体罰ゼロ」 教育の世界にあふれるゼロ信仰

「いじめゼロ」宣言は、いじめを増加させる先月、文部科学省が発表した「いじめ」の全国統計。財務省がその統計を用いて、「40人学級の復活」を文部科学省に要請したこともあって(詳しくは、Yahoo!ニュース...

2014年11月03日 06:00

財務省に異議あり いじめ増加で35人学級から40人学級へ? 教員数削減の危うい統計

財務省のデータ解釈に異議あり教育界に激震が走った。財務省が、「公立校の35人学級を40人学級に戻すべき」との方針を打ち出したからである。(47NEWS,ハフィントンポスト,TBS News)そしてその...

2014年10月24日 07:17

いじめの都道府県格差――「小学校で過去最多 11万件」の何が問題なのか? 自治体間で200倍の開き

「小学校で過去最多」今年もまた、いじめをめぐって、大きな数字が目に飛び込んできた。文部科学省がいじめや不登校等の事項に関して、2013年度の調査結果を発表した。メディアも同日、一斉に結果を報道した。各...

2014年10月17日 06:40

組体操、正反対の「安全」指導 「安全な方法」がじつは「危険な方法」?! 運動会シーズン、情報の共有を

正反対の「安全」指導組体操のリスクを懸念する声が、日に日に高まっている。全国紙(新聞)や全国ネット(テレビ)での報道が、連日続いている。昨日はついに、The Japan Timesより、英字で情報が発...

2014年09月26日 06:42

四人同時骨折 それでも続く大ピラミッド 巨大化ストップの決断を

やることが前提組体操は運動会の花形種目である。それゆえ組体操は、やることが前提となってしまう、派手にして感動を呼ぶことが目的となってしまう。このとき、もはやリスクは考慮されず、いかに見栄えのよい組体操...

2014年09月19日 06:00

組体操 高さ7m、1人の生徒に200kg超の負荷 10段・11段…それでも巨大化を目指しますか?

巨大化する組体操運動会の季節がやってきた。感動のクライマックスは、組体操である。今日の組体操を見て、保護者世代は、自分たちの頃とちがったものを感じるのではないだろうか。組体操はいま、見世物としての性格...

2014年09月16日 06:45

炎天下の部活動 「みんないっしょ」という危険因子――熱中症対策:肥満傾向の生徒に特別な配慮を!

知られざる熱中症と肥満との関係この炎天下のなか、今日もまた学校では運動部活動に子どもたちが参加する。多くの人たちが子どもの熱中症に神経をとがらせている。誰もが知っている「熱中症」。気温と湿度が高いなか...

2014年08月08日 06:00

「児童虐待7万件超 過去最悪」のウソ――減少する虐待死、煽られる危機感

繰り返される壮大なウソ今夏もまた、壮大なウソが報じられた。「虐待増加」「過去最悪」の報道である。4日、厚生労働省は2013年度に全国の児童相談所に寄せられた虐待相談の対応件数(以下、相談件数)を発表し...

2014年08月05日 06:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。