工藤まおりの記事一覧

AV女優、引退後どうしてる?夏目ミュウさんインタビュー

「性」を扱う職業は、周囲から偏見の目で見られることがある。筆者自身も前職はアダルトグッズを扱う企業で働いていたのだが、当時「次に雇ってくれる会社なんてないよ」「その後どうするの?」等一切相談していないのにもかかわらず、周囲から勝手によく心配された。「大切な仕事をしている」という自負はあるものの、性産業に対する周囲からの視線はずっと鋭く、そして痛い。そんな数ある「性」を扱うコンテンツの中でも、「AV...

2020年06月27日 07:00

「キャリアのため」未婚女性の卵子凍結はありなのか?産婦人科医に聞いた

「とりあえず、卵子凍結しておくわ」新卒入社した会社の同期の結婚式で、隣の席にたまたま座った未婚の女友達と今後のキャリアプランについて話していたとき、彼女がこの言葉を発した。28歳で転職を決意し、これか...

2020年05月29日 10:04

28歳独身女性の卵巣年齢が43歳。これからどうするべき?

キーボードを打つ手が少し震える。PCの画面を見ながら、目が涙でいっぱいになった。私はほんの数分前に、自宅で卵巣の年齢をチェックできる検査キット「F check(エフチェック)」の診断結果を見た。28歳...

2020年03月15日 07:50

高齢者や要介護者だってお酒を飲みたい!そんなニーズに答える介護スナック「竜宮城」とは?(工藤まおり)

人生100年時代と言われている今。我々は100歳まで何を娯楽にして生きていくのだろうか。筆者の両親はもうすぐ還暦を迎えるが、100歳まで生きるとしたら後40年ある。まだ長い人生の中で、もし彼らに介護が...

2019年12月23日 09:58

百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は?

ほとんどの成人女性に月に一度訪れる「生理」。女性の日常生活において当たり前のものであり、最近では企業で有給の生理休暇制度を導入しているケースも珍しくない。一方で、生理は“触れてはいけないもの”という意...

2019年11月27日 07:05

精子情報を提供する婚活パーティーが大盛況 参加男女に直撃

みなさんは、結婚相手を選ぶとき精子や卵子の「生殖能力」を事前に知りたいだろうか――?晩婚化や女性の社会進出が進むにつれ、出産年齢も上がった。それにともない不妊に悩む人も増え、不妊検査や治療したことがあ...

2019年10月30日 11:46

「もし、自分の子供が性に目覚めたら?」家庭でできる性教育 子どもの興味を否定すると逆効果になることも

「そんなことしたら、駄目!」幼少期、デリケートゾーンを触ったら親から怒鳴られた記憶がある。私のマスターベーション行為に対して、親は「駄目」の一点張りで、何が駄目なのか、なんで駄目なのかについて親はもち...

2019年07月25日 07:19

彼女の生理日把握はありか 共有アプリから生まれる男女の優しいコミュニケーション

「タブー(禁忌)」という言葉。調べてみると、ポリネシア語で「タプ(tapu)」という言葉が語源のようだ。「tapu」は、聖と俗、清浄と不浄などを区別し規制する行為を意味する。ポリネシア地方では、「ta...

2019年06月26日 11:27

アダルトコンテンツで素顔を晒すこと。

TwitterのDMにこんな相談が寄せられた。(本人の個人情報保護のため、一部修正してます。)*********************************現在、わたしはアダルトコンテンツを扱う会...

2019年06月25日 17:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。