新潮社フォーサイトの記事一覧

「皇室」が守り続けた「正倉院宝物」という奇跡 - フォーサイト編集部

奈良時代以降およそ1260年もの間、世界でも類を見ない貴重な宝物を襲蔵している「正倉院」。その由来は、天平勝宝8歳(756年)、光明(こうみょう)皇太后(701~760年)が聖武(しょうむ)天皇(701~756年)の御冥福を祈念して、御遺愛品などの品々を東大寺本尊盧舎那仏(大仏)に献納されたことに始まる。 正倉院が「シルクロードの終着点」と言われるように、納められた宝物は遠く大陸から伝わった国際色...

2019年11月12日 21:30

「普遍性」と「革新性」を併せ持つ「カルティエ デザイン」の現在 - フォーサイト編集部

[画像をサイトで見る] 私たちをエントランスで出迎えるのは、杉本博司氏の《逆行時計》(2018年、個人蔵)。作家の手で修復された1908年製造のタワークロックは、なぜか時を遡り、針は逆方向に進んでいる...

2019年11月08日 15:56

伝統と文化豊かな「東欧」で医学を学ぶ意味 - 上昌広

東欧の医学部が関心を集めている。ハンガリー、スロバキア、チェコなどの医学部に約600人程度の日本人が学んでいる。 最も多いのは、ハンガリーで約500人だ。2006年から受け入れが始まり、2018年まで...

2019年11月07日 13:12

「バグダディ急襲作戦」知りながら米軍撤収:トランプ大統領の戦略に強い疑問 - 春名幹男

シリア北西部のイドリブで、米陸軍特殊部隊「デルタフォース」による鮮やかな急襲作戦に追い詰められ、自爆装置を爆破させて自殺したと伝えられる過激派組織「イスラーム国」(IS)指導者アブバクル・バグダディ容...

2019年10月30日 08:25

「エコは人間のエゴ」という悟り:岩明均『寄生獣』 - 高井浩章

16歳の少女の “How dare you”という火を吹くような糾弾が世界の注目を集めたかと思えば、日本では国会議員の公党党首が世界的な人口増について、「あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよ...

2019年10月24日 15:49

ラグビーW杯「決勝トーナメント進出」で注目の「韓国人選手」 - 塚本壮一

ラグビーワールドカップで日本が史上初のベスト8進出を果たした。日本の快進撃でラグビー人気が高まり、外国出身の選手も日本代表として活躍できるというラグビー独特の仕組みを初めて知った「にわかファン」も少な...

2019年10月16日 13:29

「地下言説」を弄ぶトランプ:「ウクライナ疑惑」もう1つの闇 - 杉田弘毅

ドナルド・トランプ米大統領に対する下院の弾劾調査が始まった。 ウォロディミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領との電話会談で、民主党のジョー・バイデン前副大統領と息子のハンター氏についての捜査を要求した...

2019年10月10日 16:36

「日本」と「大相撲」を愛しフランスに愛されたシラク元大統領 - 軍司泰史

フランスのジャック・シラク元大統領が9月26日、死去した。享年86。 2011年に認知症を患っていることが報道されて以降、公の場にはほとんど姿を見せなかったため、日本では忘れかけられていたかもしれない...

2019年09月30日 15:06

嵌められた日本企業:「金正恩のベンツ」不正輸出事件を追う - 古川勝久

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が使用する高級乗用車「メルセデス・マイバッハS600ロングバージョン」は、ドイツで製造された後、オランダのロッテルダムに輸送され、その後、中国の大連、...

2019年09月26日 11:43

西川社長「解任」も「後任選び」も社内抗争という日産の暗部 - 磯山友幸

「誰も火中の栗を拾わないどころか、社長をやりたい幹部が暗闘を続けているのが、あの会社の最大の問題なんだ」 経済産業省の大物OBはそう言って眉をひそめた。 あの会社とは日産自動車のことである。 西川廣人...

2019年09月18日 14:32

ボルトンの「情報クッキング」でイラン情勢「一触即発」:トランプ大統領「怒り」の理由とは - 春名幹男

「クッキング」と言っても、料理のことではない。インテリジェンスの世界では、情報をねじ曲げて利用する工作のことを言う。 米海軍空母や戦略爆撃機のペルシャ湾への派遣が伝えられ、米国とイランの間で「一触即発...

2019年09月11日 15:08

香港デモ「中国」武力鎮圧「これだけの可能性」 - 野口東秀

習近平政権は10月1日(中国の国慶節)の建国70周年を最重視している。香港情勢はその前後、どう変わっていくのだろうか。 本稿の趣旨は、今後、香港の反政府デモの情勢次第で中国共産党が「武装力量」(中国の...

2019年09月11日 14:44

天職をみつけた「紛争地の看護師」が挑む究極の「対症療法」 - 高井浩章

「国境なき医師団(MSF)」の看護師としてシリア、イエメン、イラクなど内戦による人道危機の現場に何度も足を踏み入れた白川優子氏(45)。自身の半生と戦地での経験をつづった『紛争地の看護師』(小学館)は...

2019年09月06日 17:15

含羞を帯びた痛切な鎮魂歌:山田参助『あれよ星屑』 - 高井浩章

英語に「brothers in arms」という表現がある。ともに武器をとった仲間、戦友を指す言葉だ。一定年齢以上の読者なら、ダイアー・ストレイツの名盤のタイトルを思いだすかもしれない。戦場という極限...

2019年08月15日 17:03

【短期集中連載】日韓「亀裂」の行方(3)不透明さを増す「交渉」「対韓輸出」 - 平井久志

日韓関係の重要な節目として、6月末のG20大阪サミットで安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の日韓首脳会談が実現するかどうかが浮上した。ここで首脳会談が実現しなければ、元徴用工訴訟での日本...

2019年08月02日 16:45

「フィンランド独立」の歴史とともに歩んだ「7人の女性芸術家」 - フォーサイト編集部

[画像をブログで見る]「もっとも内的な情熱を描こうとすると、女性であるがゆえにそれができずに恥ずかしい思いをするのです」 フィンランドの国民的画家の1人、ヘレン・シャルフベック(1862~1946)は...

2019年07月30日 18:38

「北極海」「バレンツ地域」が鍵「フィンランド」を視る「5つのポイント」篠田研次・元フィンランド大使インタビュー - フォーサイト編集部

2019年が日本との外交樹立100周年に当たるフィンランドは、1917年にロシア帝国から独立を果たして100年あまりという「若い」国だ。しかし、その歴史は劇的で、独立後の内戦に始まり、第2次世界大戦で...

2019年07月26日 13:29

「EU委員長」決定で見えた「メルケル敗北」と「マクロン勝利」 - 熊谷徹

[画像をブログで見る] 7月16日、ドイツのウルズラ・フォン・デア・ライエン国防大臣が、欧州議会によって次期EU(欧州連合)欧州委員会委員長として承認された。欧州議会選挙では候補になっていなかったダー...

2019年07月22日 15:08

民衆信仰「修験道」の過去・現在・未来(上) - 森休快

修験道あるいは山伏というと、ほら貝を吹きながら白装束で山道を駆け巡る、という光景を思い描くかもしれない。 そのイメージは決して間違いではない。けれどもその奥には、日本人の深層に流れる自然信仰があり、そ...

2019年07月18日 14:32

「鉄不足大国ニッポン」の「貧血対策」の貧困ぶり - 上昌広

「貧血」が社会の関心を集めている。 新聞記事データベースの『日経テレコン』を用いて2018年に主要全国紙5紙に掲載された「貧血」という単語を含む記事を調べたところ、その数は386件だった。2016年の...

2019年07月09日 19:12

「絶望」の中にも「光」は必ずある - フォーサイト編集部

パリのごくありふれた日常。ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)はアパート管理や木の剪定の仕事をしながら、シングルマザーで英語教師として働く姉サンドリーヌ(オフェリア・コルブ)の娘アマンダ(イゾール・ミュ...

2019年07月03日 17:11

「育てにくさ」を解毒するMANGA:あずまきよひこ『よつばと!』『YOTSUBA&!』 - 高井浩章

「日本人なのに、『NARUTO』も『BLEACH』も読んでないの!?」 ロンドンに駐在していたころ、旅行でパリに向かうユーロスターで隣り合ったパリジェンヌと雑談していたら、軽い非難まじりでこんなことを...

2019年06月21日 21:39

ビル・エモット氏が語る「日本の運命――少子高齢化社会における幸福」 - フォーサイト編集部

いまや少子高齢化は世界が直面する喫緊の課題だ。国連の統計によれば、2015年の段階で総人口約73億8000万人のうち8.3%を占める65歳以上の高齢者は、2060年には17.8%に達する。労働人口の減...

2019年06月13日 15:48

再び「虚偽」「間違い」記事を掲載した悪質『毎日新聞』に告ぐ - 原英史

6月11日の『毎日新聞』記事について、昨日、反論文を掲載した(『「虚偽」「根本的な間違い」の『毎日新聞』記事に強く抗議する』参照)。 しかし再び12日の朝刊1面(29面にも)で、虚偽と間違いに基づく記...

2019年06月12日 18:08

香港雨傘運動「女神」が語る「103万人デモ」の現場 - 野嶋剛

6月9日、香港で湧き上がった逃亡犯条例改正案に反対するデモの巨大な人波。香港返還後、最大規模というその盛り上がりが、世界を驚かせた。2014年に行政長官の民主選挙を求めて学生が立ち上がった「雨傘運動」...

2019年06月11日 17:55

「虚偽」「根本的な間違い」の『毎日新聞』記事に強く抗議する - 原英史

[画像をブログで見る]【編集部】フォーサイトの常連筆者である原英史氏について、『毎日新聞』が6月11日、事実を捻じ曲げた悪質な記事を掲載した。 これまで様々な規制改革に真摯かつ熱意をもって取り組んでこ...

2019年06月11日 16:35

【特別講演】イスラエルの「政治」「安全保障」はどう変遷してきたか(中) - 池田明史

[画像をブログで見る] ここまで説明してきたような、常に国家の存亡がかかっているような状態では、国民はみんなびくびくしているわけです。私が最初にイスラエルに行ったのは1970年代なのですが、当時はバス...

2019年06月05日 22:17

タイ「民主制度」を支えた最後の砦「プレム元首相」 - 樋泉克夫

5月26日午前9時過ぎ、タイ国民から敬愛の念を込めて「パパ・プレム」と呼ばれていたプレム・ティンスラーノン陸軍大将(1920年8月26日生まれ、享年98)がバンコクの病院で亡くなった。前日まで親しい軍...

2019年05月30日 22:13

ドロップアウトと「子どもの貧困」のリアル:古谷実『僕といっしょ』 - 高井浩章

ネットに教育コンテンツがあふれる時代に、子どもを学校に行かせる必要があるのか。小学生YouTuberの不登校を巡って議論が巻き起こっている。画一的で旧態依然とした日本の教育への失望もあり、賛否は割れて...

2019年05月28日 22:19

WTOで韓国に敗訴:禁輸解除が遠のいた宮城県産「ホヤ」の命運 - 寺島英弥

かつてない大型連休というのに、4月末の牡鹿半島の道には車もまばらだった。石巻市内から東南の海に突き出した半島は、東日本大震災の津波で全域の町や漁村が流され、人口は現在2500人弱(牡鹿総合支署管内)と...

2019年05月15日 14:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。