青山まさゆきの記事一覧

野党惨敗は必然。2050年に向けて日本の政治は一度灰になるべき

参議院選挙、開票が始まったばかり(7月21日午後8時50分現在)だが、予想していたとおり、野党は惨敗の様相。残念だが当たり前の結果だろう。日本の抱える困難に対し、糾弾型の批判ばかりで、本質を突こうとしない。そして、ポピュリズム合戦、アイドル・格闘家・消費税廃止の異種格闘技戦を繰り広げられたのでは、普通の国民はしらけるというか呆れるばかり、維新が伸びたのもよくわかる。この結果を踏まえて、本当に日本の...

2019年07月21日 21:31

各国政府がリブラを恐れる本当の理由

今朝のBSニュースでは、facebookが提唱する暗号資産Libra(リブラ)について、世界各国で懸念が広がっていると伝えている。表向きは過去に情報流出の既往があるfacebookへの懸念や、マネーロ...

2019年07月17日 12:50

国が苦しくなると・・・

どこの国でも、国が苦境に立つと現れるのがポピュリズム。もっとも典型的なのは、第一次大戦後のドイツ。ちょっと前のイタリア、ベネズエラ、ギリシャもそう。アメリカもやはりポピュリズムが理性を制している状況だ...

2019年07月11日 08:00

力では技術の優位性に勝てない

今朝のBS1。HUAWEI18万人の従業員のうち、なんと8万人が技術者。研究開発費は1兆6千億円だという。アメリカは自国産業保護のため5Gでトップを突っ走る同社を力づくで排除しようとしており、日本もこ...

2019年07月09日 10:34

今の時代の利益誘導

参院選真っ只中。それにしても、与野党問わず利益誘導型政策の宣伝ばかり。財源なんてどこにもないのに。その中でも一番目立とうとしたところが狙い通りネットでは共感を呼んでいるよう。今の利益誘導は、減税と奨学...

2019年07月07日 10:10

選挙における選択

日経の記事によれば、今度の参議院選、自民党が大勝する傾向になってきているようだ。周囲の政治にあまり関心のない方々に聞いてみても、候補者選びのやり方に「どうなの?」と感じてる方がかなり多い。話題のれいわ...

2019年07月06日 15:42

大学入学共通テストをバイト学生が採点?

NHKの報道によれば、文科省は、再来年から始まる大学入学共通テストで「バイト学生」による採点を認める方針だという。記述式の分については機械的な採点ができないので、業者に委託して採点をする予定だが、短期...

2019年07月05日 09:52

トレードオフ

日本はこのままで本当に大丈夫か,と思ってしまう時がある。それは,政党だけでなく,政治に強い関心を持つ層が,トレードオフの関係を受け入れようとしないから。例えば,アメリカでは税を安く,と主張する立場の者...

2019年07月04日 17:12

なぜ消費税10%にすべきと考えるのか。

私は,SNSなどに寄せられたコメントについて,議論させていただくことがよくある。それは,議論を通じて,お互いの知見が高まり,自分にとっても勉強になり,相手の方にとっても違う見方を知って頂けるからだ。先...

2019年07月03日 17:54

消費増税反対で本当にいいのか?

今度の参院選,主要野党は共通して消費増税反対を訴えている。自民党からも消費税率上げ凍結を理由として衆参同時選挙を,との声が絶えなかった。しかし,既に使途(子育て支援,高等教育無償化,社会保障など)が決...

2019年07月02日 17:42

安倍内閣,5つの大罪

参議院での問責決議案審議において,三原じゅん子議員が激しい口調(「常識はずれ、愚か者の所業,恥を知りなさい。」)で野党攻撃をした反対演説が話題となった。しかし,問題は野党云々ではなく安倍首相に問責,あ...

2019年06月28日 14:15

新しい政治の胎動・医療の民主化改革

新しい政治の胎動が見えてきた。国会での論戦を見ても,高齢化社会が益々亢進する一方で,経済成長は縮小過程にあるこれからの日本に対応した社会保障制度の改革に,正面から取り組もうとしている政党は与野党共にな...

2019年06月27日 15:26

内閣不信任案と新しい政治への期待

本日、衆院本会議で内閣不信任案が否決された。内閣不信任案の提出については賛否があり、個人的にはここぞと言う時にとも思うが、野党というか政党の存在意義は政権奪取。その意味では参院選前での提出は自然な流れ...

2019年06月25日 18:34

急がば回れ。野党が政権を取るために。

最近の政治に関する話題で気になっているのが、候補者選考において、与野党共に話題性のある候補が重視されていること。特に比例代表は花盛りだ。擁立理由として、多様性確保がよく言われているところ。多様性は大事...

2019年06月25日 14:43

今の日本の行き詰まりはMMTやバラマキ財政政策では解決できない。

参院選で注目しているのが、れいわ新撰組の帰趨。その拡張的財政政策と財政事情を無視した減税政策に私は反対ですが、立憲民主党に代わってコアな左翼層の支持を集めているように思われます。その理論的支柱はおそら...

2019年06月20日 16:38

2000万円年金問題は参院選の争点とは成り得ない。今は、本腰を入れた政策提案を準備すべき時だ。

本日行われた党首討論。丁々発止のやり取りとなり、興味深いものとなったが、やはり「2000万円年金問題」では政権、安倍首相を攻めるのは無理であったことがはっきりした。今回の討論でメインテーマとなった年金...

2019年06月19日 21:03

レジュームチェンジをもたらす野党を。国民が待ち望んでいるのはそこである。

時事通信社の世論調査によれば、自民党の支持率は27.7%に上る一方、野党は立憲民主党でも3.3%、国民民主党は0.6%と惨憺たる状況。この政党支持率の結果はきちんと受け止める必要がある。最近の安易な電...

2019年06月15日 22:41

年金2000万円問題とはそもそも何だったのか?議論されるべきはどこか。

今日の衆議院財務金融委員会で「年金2000万円問題」の集中審議が行われた。審議を通して、この問題についてだいぶ整理がついてきたと感じた。元々、この問題についてはマスコミと与野党のミスリードで火がついて...

2019年06月15日 09:03

金融庁は称賛されるべきだ。政治の真の姿を炙り出したのだから。

連日、金融庁の報告書「2000万円」問題が話題となっている。この問題について、今までと変わらず与党支持・野党支持のそれぞれの立場から一方的かつ非理性的な批判が行われる一方、冷静にしかも客観的にこれを論...

2019年06月12日 22:46

不都合な真実から目をそらすな

弁護士の経験で,事実を直視できない方を何人も見てきた。債務が膨れ上がり,到底返済の見込もないのに破産などの法的処理に前向きになれず,自分や家族を苦しめ続けるのだ。「保証人に迷惑を掛けられない」という方...

2019年06月11日 14:34

「年金では暮らせない」は、正直な事実。与野党共に国民に真実を告白すべき時が来ている。

金融庁が年金について取りまとめた報告書が波紋を広げている。「人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約...

2019年06月07日 13:57

ポピュリズムは伝染する

消費税ゼロを訴えるポピュリズムには反対する。れいわ新撰組が「選挙で勝つため」を認めた上で消費税廃止を訴えている。同じ訴えをする立憲民主党の参院選候補者も現れたらしい。民主主義、自由主義の世の中である以...

2019年06月05日 07:10

政策に関する正確な説明は与野党問わず必要。扇動はやめよう。

消費税撤廃を訴える新党を応援する一部ジャーナリストが、立憲民主党と国民民主党を批判している。誰もが自分の主張を自由に行い意見を戦わせるのが民主主義なので、批判についてとやかく言うつもりは一切ない。ただ...

2019年06月04日 13:23

先から眼を逸らすな

ロイターによれば麻生財務大臣が、自民党の委員の消費税上げ凍結を求める質問に答えて「国債の格付けに影響が出る可能性があり、格下げの覚悟も必要」と答弁したという。世の中にポピュリスト的な論調が多い中、この...

2019年06月03日 19:58

消費税率上げ延期や消費税廃止は国民生活を救わない

10月に迫った消費税上げ。米中貿易摩擦による景気動向への懸念もあり,賛否が未だに喧しい。そして,延期にとどまらず廃止まで訴える新勢力もあり,その新勢力の集いに生活苦を訴える国民の声が幾つも寄せられたと...

2019年05月23日 17:12

夜に想う

日が変わって、目が覚めて軽くお酒を嗜みながらapple musicが勝手にチョイスしてくれるfavorite songsを聴いて物想いに耽る。政治に携わり、色々なことがあり、今がある。色々な方と巡り合...

2019年05月22日 07:12

内閣支持率48%解散はありえない。報道の質の劣化

今朝のNHKニュースは,「内閣支持率堅調 与野党から「衆参同日選」との見方」と題して,世論調査で内閣支持率が48%と好調だったことを理由として解散が強まったと繰り返し報じていた。しかし,その好調さとい...

2019年05月15日 06:46

長期停滞は金融政策、財政出動では抜け出せない。活路は教育と労働市場の流動化にある。

ローレンス・サマーズとベン・バーナンキらが長期停滞論争について語った「景気の回復を感じられないのはなぜか」を読んでいて、ふと気づいたことがあった。彼らは、アメリカの経済学者らしく客観的な数字を挙げて、...

2019年05月10日 18:02

人類の進歩,時代の変革に合わせた防衛力整備を。そして,9条,徴兵制を巡る議論について

ずっと考え,悩んでいる問題がある。防衛-国防を巡る諸問題だ。個人的な思いを述べれば,人が戦争の場に駆り立てられ,そこで死んだり障害を負うようなことは絶対に受け入れられない。だが,世界に紛争が絶えない現...

2019年05月08日 17:51

転換期を迎えた日本の社会にふさわしい政治勢力を

今の日本には政治的に動かしがたい事実がある。政治に関する年齢階層別グラデーションのような関心の低下、そしてこれを背景とした国政・地方を問わない選挙における投票率低下である。 その理由は、本当は一つ。転...

2019年05月04日 14:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。