記事

【速報・書き起こし】公示日の0時に合わせ、各党代表がネット上で「第一声」

1/2
衆議院の解散にともなう総選挙がきょう公示される。各党党首は街頭演説に先駆け、午前0時の日付変更にあわせニコニコ生放送で「第一声」を放送、ネットユーザに支持を呼びかけた。

自由民主党:安倍晋三総裁

ニコ動ユーザの皆さん、安倍晋三です。
日頃から自民党を、そして私、安倍晋三を応援していただき、心より感謝申し上げます。
実は私、ニコ動ユーザの皆さんと触れ合うのが楽しみなんです。リップサービスではありませんよ。

私は幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議」に、本年・昨年と、2年連続で参加させていただきましたが、会場内に足を踏み入れた途端、なんとも言えない熱気に包まれ気持ちが高揚し、元気な気持ちになりました。
そして、こうやって寄せられる、皆さんのコメントのひとつひとつが、私の背中を押してくれるパワーになると思うからです。

さあ、いよいよ衆院選がスタートします。
日本は15年苦しんだデフレから今まさに脱却しようとしています。このチャンスを手放すわけにはいきません。だからこそ、私は消費税引き上げの延期を決断しました。

この2年間、雇用は100万人増え、賃金の上昇率も過去15年間で最高となりました。企業の収益が増え、それが雇用を増やし、賃金を増やし、消費が拡大し、さらに景気が回復していく、景気の好循環が生まれ始めています。
「まだ実感がない」、そういう皆さん声は十分に認識しております。
さらにアベノミクスを前に進め、皆さんひとりひとりの生活を豊かにしていきます。まさにこれからが正念場です。 たとえ困難な道であろうとも、この道しかない。景気回復はこの道しかありません。

安全保障では、7月に集団的自衛権の行使の一部容認を含む、切れ目のない安全保障法制について閣議決定を行いました。いかなる事態になっても、国民の命と平和な暮らしは守りぬく。目的はただひとつです。安全保障でも、この道しかありません。

ニコ動ユーザの皆さん、自民党はインターネットを駆使して、毎日、情報を発信しています。是非SNSのシェアやTweetで応援の気持ちを表して下さい。

この道を前に進むのか、それとも2年前の、あの暗く混迷した時代に後戻りしてしまうのか。日本の未来は、今あなたの手に委ねられています。
一緒に誇りある日本、世界の中心で輝く日本を、取り戻そうではありませんか。
ありがとうございました。

【ネット第一声】自由民主党 安倍晋三総裁「国民へのメッセージ」 - ニコニコ生放送

民主党:海江田万里代表

ニコニコ生放送をご覧の皆様、民主党代表・海江田万里です。
さて、いよいよ選挙が始まります。

安倍総理は、アベノミクスを問う選挙だ、ということを言っています。もちろん、アベノミクスを問う選挙でもあります。しかしそれだけではありません。やっぱり、これまでの、安倍総理がやってきたこと、あるいは実際にはできなかったけれども、やろうとしたこと。こういうことを全部改めて考えてもらいたいんです。

安倍総理は、口を開けば「雇用、100万人働く人たちの数が増えた」ということを言ってますけれども、そのほとんどは、これは非正規の労働者です。147万人、この2年の間に非正規の人達は増えています。そして、正規雇用の人たちは9万人減っています。

なんでもとにかく働ければ良いんだと、本当に果たしてそれでいいんでしょうか。
やっぱり働いて賃金をもらう、だけどその賃金が物価の上昇に追いついていかなければ、これは生活は苦しいんです。

民主党は、特に若い世代、子育て中の世代、こうした世代にしっかり手当を行っていくつもりであります。
それから働き方も、非正規の働き方から正規の働き方に移れるように誠治で後押ししていくつもりであります。

それから、これまで2年のことを考えてください、と申し上げましたけれども、安倍総理、最初にやろうとしたのは憲法96条の改正の企てなんですね。
憲法を改正するのには、国会議員の3分の2以上の賛成で、国民投票にかけるということですけど、これ2分の1にしようとしている。だけどこれは許されるものではないということで、これはとりあえず諦めたようであります。ただ、いつまたでてくるかわかりません。

特定秘密保護法、それから集団的自衛権の行使容認。みんな若い人たちが実は狙われているんですよ。
若い人たちの生活が厳しくなって、そして若い人たちの命がこれからどうなるかわからないということで、私たちは、そうした安倍政権にしっかりとブレーキをかけていく。

特に民主党は野党の第一党として、やはり自民党に対峙できるのは、正面からしっかりがっぷり4つに組んで、そして自民党を土俵際に追い詰める、そして土俵から下に突き落とす、そのことができるのは民主党しかない、そう確信をしています。

【ネット第一声】民主党 海江田万里代表「国民へのメッセージ」 - ニコニコ生放送

維新の党:橋下徹共同代表

維新の党・共同代表の橋下徹です。
今回の選挙のですね、争点は国会議員が身を切る改革をやるかどうかです。もうその一点です。

皆さんに増税を求める、消費税の増税を求める、というそういう政治家は判断をしたわけですけれども、その前にですね、国会議員自らが身を切る改革をやってるのかということですよ。
これ国会議員が身を切る改革をやらずに、国民の皆さんに増税を求めるなんていうのは、これはね、とんでもないことですよ。もっと国民の皆さん怒らなきゃいけないですよ。
ニコ生のね、視聴者の皆さんもね、もっと怒らなきゃいけないです。

まず国会議員が身を切る改革、自分の報酬を削減できるかどうかですよ。こんなのね、やろうと思ったらすぐできるんですよ。自民党なんか、衆議院・参議院、圧倒的多数を得てるんですから、今日でも明日でも法律作ってですね、自分たちの給料の3割カット、これやったらいいじゃないですか。
しかし自民党この2年間、その身を切る改革やりませんでした。しかし選挙の前になったらね、身を切る改革をやる、身を切る改革をやる、と言うんですね。

対して民主党。民主党の方もね、自民党じゃできない、改革はできない、身を切る改革を断行できるのは民主党だと言ってますけども、じゃあ彼らは5年前に政権交代を果たして衆議院・参議院で過半数を得た時に、身を切る改革やったらいいじゃないですか。ところが自分の報酬を削る話になったらね、もうこれ自民党も、民主党も、公明党も、誰もやらないわけです。

それからあの文書通信交通滞在費ですよ。給料の他に、年間1200万円のお金を国会議員はもらってるわけです。1200万円ですよ?
僕はね、この1200万円のお金、政治活動に必要なんだったらそれはしょうがないけども、でも使い道についてはね、領収書くらいはネットに公開しろと言ってるわけです。

ところが自民党も民主党も公明党もね、ネットでの領収書の公開、みんな反対ですよ。やらないんですよ。こんなのやましいことがあるから領収書出せないわけじゃないですか。やましいことがあるから公開できない。何も問題ないんだったらね、領収書出せばいいわけです。

これ都道府県議会、兵庫の方のどうしようもない議員がですね、城崎温泉に行ったとかなんとかで色んな批判を受けましけれども、あれも領収書を全部オープンにしてるから批判を受けたんです。

維新の党はやってきました。大阪府議会では定数を2割削減。109から88まで削減。大阪維新の会で過半数を取ったらすぐにやりました。府議会議員の報酬、3割カットです。大阪市長の報酬は41%カットです。退職金は82%カットです。大阪府知事の給料、3割削減です。

徹底して身を切る改革をやる、その姿勢を示してこそね、はじめて日本の改革はできると思うんですね。
自分たちの身を切る改革をできない政治家が日本の改革なんかできません。自分たちの身を切る改革が出来ない政治家がね、日本のね、行政の無駄遣い、これを止めることなんかできませんよ。
役人の、また行政の無駄遣いを止めて、国民の皆さんにね、税金を還元する。これが今やらなきゃいけないことですよ。

地方公務員の給料25兆円、国家公務員の給料2兆円。合わせて27兆。2割削減すればね、5兆浮いてくるんですよ。消費税なんかね、増税しなくてもね、国民の皆さんにね、税金を還元することができます。

身を切る改革ができるのは維新の党だけ。自民党、民主党、公明党ではできません。
ぜひ、この維新の党の本気さ、これを理解してもらいたいと思います。維新の党・共同代表の橋下徹でした。

【ネット第一声】維新の党 橋下徹共同代表「国民へのメッセージ」 - ニコニコ生放送

公明党:山口那津男代表

ニコニコ生放送をご覧の皆さん、公明党代表・山口那津男です。
この度の衆議院選挙は、政権選択の選挙です。経済再生、デフレ脱却へ、自公政権の経済政策、いわゆるアベノミクスを継続するのか、それとも政策がバラバラの野党に委ねるのかを選ぶ選挙です。

自公政権は消費税率10%を1年半延期し、その間、景気回復の流れを、家計、中小企業、地方へ、確実に波及させていきます。
さらに公明党は、2017年4月の消費税率10%引き上げと同時に、食料品を中心に税率を低く押さえる軽減税率の導入を目指します。
そこで今回、公明党は、軽減税率の特設サイトを作りました。その名前が"みんなでひとオシ「軽減税率」"です。軽減税率導入に賛成していただける方に、ボタンを押して"ひとオシ"してもらう、というものです。開設3日目で、すでに約4万人の方が"ひとオシ"してくれました。ぜひ皆さんも"ひとオシ"をお願い致します。

軽減税率の導入を一貫して訴えてきたのが公明党です。公明党を勝たせていただき、必ず実現させます。

また、公明党はこの2年間、東日本大震災からの復興加速、経済再生、社会保障と税の一体改革を着実に前へ進めてきました。
私たち公明党には、幅広い民意を吸収する力、合意を作り出す力、政権運営や政策にバランスを取る力があります。公明党を勝たせていただき、引き続き政権の舵取りを担わせていただきたいと思います。

【ネット第一声】公明党 山口那津男代表「国民へのメッセージ」 - ニコニコ生放送

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  9. 9

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

  10. 10

    紳助さん登場したYouTubeの緩さ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。