記事

「テレビ報道に文句をつけた安倍自民党」の暴露が意味するもの 

 安倍自民党が衆院解散を正式に発表する前日11月20日に、在京のテレビキー局各社に対し、衆院選の報道にあたって、「公平中立、公正の確保」を求める文書を送っていたという。

 このことが今頃になって明らかにされ、きょう11月28日の東京新聞や朝日新聞が書いている。

 それに対し、東京新聞などはすかさず田島泰彦・上智大教授(メディア論)の、権力の介入があってはならない、とする批判的コメントを掲載している。

 それはその通りだ。

 しかし、この安倍自民党のTV局に対する介入暴露が意味する、もっと重要なことがある。

 それは、一つは、安倍自民党政権がはからずも露呈したみずからの脆弱さである。

 あれほどテレビ各局に持ち上げられてきた安倍自民党だ。

 公平中立どころか、すべてのTV局は安倍ヨイショの偏向報道を繰り返してきた。

 それにも拘わらず、少しでも安倍自民党に不利な報道がなされると、公平中立ではないと文句を言う。

 それは安倍自民党政権が今度の選挙で勝つ自信がない証拠だ。

 それほど安倍自民党政権は弱く、もろいということだ。

 ふたつめは、それでも、そんな安倍自民党を倒せない野党の体たらくだ。

 これだけ行き詰まった安倍自民党政権であるのに、国民の不満の受け皿になりえない。

 考えられれない野党の惨状だ。

 そして三つめは、やはり何といっても、メディアの不甲斐なさである。

 安倍自民党がテレビ各局に文書を配ったのは11月20日だ。

 それなのに、なぜそのことがいまごろ記事になるのか。

 それはその文書を受け取ったテレビ各局が沈黙してきたからだ。

 おそらく安倍自民党から口止めされたに違いない。

 本来ならば、このような文書を受け取ったなら、その時点で各テレビ局は結束して反発しなければウソだ。

 それどころか新聞が書き立てても、そのような文書を受け取ったかそうか答えない。

 そして、このような権力介入を、いまごろになって報道する新聞も情けない。

 しかも、それがわかったのが、独自の取材というより、自民党筋からのリークであるという。

 これを要するに、野党もメディアも、安倍自民党政権以上に不甲斐ないといういことだ。

 安倍政権が強いのではない。

 ほかが皆、弱すぎるだけである。

 どうしようもない今の日本である(了)

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。