記事

変わるクリスマスプレゼント事情!ソーシャルギフトの一般化はすでに始まっている?

こんにちは。アクトゼロのプランナーズブログ、木曜日は山田がお届けします。

来週から早いもので、もう12月…。すでに街中では、ツリーなんかがお目見えしており、クリスマスムードが漂い始めています。
このブログを読まれている方は、ほとんどが大人のみなさまだと思いますので、プレゼントをもらうよりも、贈る方が多いのではないでしょうか?

もちろん大切な人へ贈るものなら、考えに考え抜いてプレゼントを決め、クリスマスに手渡しするというのが一般的だと思いますが、もしかしたら、そうしたプレゼント事情も徐々に変わってくるかもしれません。

一般化してきたソーシャルギフト

プレゼント事情を変える要因として、注目されているのがソーシャルギフトと呼ばれる、ソーシャルメディア上での繋がりを元に、相手にプレゼントを贈ることができるサービスになります。
各ソーシャルギフトを提供しているサービスごとに色々な特徴はありますが、共通して注目を集める理由として、2つの点が挙げられると言えます。

①自分のSNSアカウントとその繋がりが使える
既に自分が持っているSNSアカウントで利用できるものが多く、その繋がりを元に相手に送ることができます。
SNS上での繋がりがベースであれば、相手も当然アカウントを持っているため、簡単に利用を開始することができます。

②相手の住所を知らなくてもOK
ECサイトで誰かに贈り物をしようとすると、相手の住所を入力する必要があります。
しかし、ソーシャルコマースでは相手がSNSアカウントやメールなどでギフトを受け取ることができるため、相手の住所を必ずしも知っている必要はありません。
そこまで仲良の良くない相手や、いきなり住所を聞くことに抵抗がある相手に贈る場合には、とても重要なポイントとなります。

女性向けのブランドも取り組み始めている

ソーシャルメディアが当たり前になった今、新しめのサービスとは言え、すでに女性向けブランドでも独自での取り組みを始めています。
このクリスマスシーズン向けにサービスを開始したのが、人気のブランド「L’OCCITANE(ロクシタン)」です。

画像を見る

「L’OCCITANE」は「e-Gift」と呼ばれるソーシャルギフトサービスを提供しており、Twitter・LINE・Facebook等を使って、相手にプレゼントを贈ることができます。
サービスサイト上には、贈る側と送られる側、それぞれの行動が示されているのですが、非常にシンプルで分かりやすい仕組みになっています。

画像を見る

この「e-Gift」の最大の強みは、「L’OCCITANE」というブランドであり、国内に多くの店舗を構えているところです。
そのため、贈る側にとってはお馴染みのブランド(お店)であることから、安心して贈ることができますし、贈られた側にとっても、ショッピングのついでに受け取ることができます。
スマートフォンの普及によって、SNSとリアル店舗との連携が容易になったこともあり、ここまで簡単に利用できるようになったことも、取り組みやすくなった一因だと思います。
また、ブランドが直接サービスしているという点で、第三者が提供するサービスにはない安心感や信頼感を抱きやすいのもポイントとも言えます。

こうした、すでに認知されているメジャーブランドが取り組み始めたことで、このソーシャルギフト分野の成長は一気に加速することも考えられます。
ソーシャル上での繋がりを軸とした新たなコマースの形として、現在のECの延長線上で新たな可能性を秘めているかもしれません。

アクトゼロ / 山田

あわせて読みたい

「クリスマス商戦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  10. 10

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。