記事

「潮目」の変化を生み出した第二次安倍改造内閣―反転攻勢の第三段階が始まった(その1)

〔以下の論攷は、『学習の友』No.736、2014年12月号、に掲載されたものです。2回に分けてアップします。〕

 「潮目」が変わったのではないか。小渕優子経済産業相と松島みどり法相のダブル辞任を見て、誰もがそう思ったことでしょう。「一強多弱」と言われて、野党も自民党内の非主流派も文句を言えなかった状況に、大きな変化が生じたからです。

 しかも、閣僚の「政治とカネ」をめぐる問題や疑惑はその後も取りざたされています。ダブル辞任で「幕引き」を図った安倍首相の思惑通りにはなりませんでした。安倍政権への支持率も下がり始め、野党にとっては反転攻勢の新しい段階が始まったようです。

 本当はやりたくなかった内閣改造

 安倍首相は、本当は内閣を改造したくなかったにちがいありません。第2次政権が発足して以来、誰も辞任などで交代することがなかったのですから。新内閣が発足してアッという間にダブル辞任となってしまった今、なおさらそう思っていることでしょう。

 しかし、これまでであれば1年ほどで大臣が交代してきたのに、第2次政権が発足してから1年9か月近くも経過しました。また、衆院で当選5回、参院で当選3回という経歴を持つ「入閣適齢期」の議員は約60人にも上ります。「そろそろ内閣を改造してもらいたい」という自民党内の声を抑えることが難しくなったわけです。

 こうして、安倍首相は内閣改造に踏み切りましたが、基本的な骨格は維持しようとしたようです。菅官房長官、麻生副首相兼財務大臣、岸田外相、甘利経済財政相、下村文部科学相と公明党から出ている太田国土交通相の6人を留任させましたから……。

 そのほかの閣僚は交代しました。その際、「どうせ代えるなら」ということで、「安倍カラー」を強め、イメージアップを図り、党内基盤を安定させ、総裁選に向けての布石を打つための機会として、この改造を利用しようとしました。それが新内閣の顔ぶれです(付表1―略)。
 
 改造内閣を蝕む右傾化と金権化

 自民党には生まれついての「持病」があります。それは右傾化と金権化です。第2次安倍改造内閣も、この「持病」に深く取りつかれてしまいました。
 右傾化という点では、超タカ派極右改憲内閣としての危険性が一段と強まっています。超タカ派で極右改憲勢力の「日本会議国会議員懇談会」(日本会議議連)に所属する大臣は改造前の13人から15人に2人増えたからです。

 首相を含む19人の閣僚のうち、日本会議議連に加わっていないのはたったの4人だけでした。うち1人は公明党の太田国交相ですから、自民党所属議員で属していないのは、小渕経産相、松島法相、西川農水相の3人だけという凄まじさです。

 もう一つの金権化ですが、これは「政治とカネ」の問題として急浮上しました。小渕経産相も松島法相も、ともに政治資金の使い方に問題があったとしての辞任です。私的流用や利益供与の疑いありというわけですが、名前入りのワインや「うちわ」の配布などが政治活動だと言えるはずがありません。

 小渕さんの後任となった宮沢さんにも「SMバー」への支払いや経産省が所管する東電株の所有など「利益相反」の問題が指摘されています。その他にも、塩崎厚労相、西川農水相、望月環境相、江渡防衛相、宮沢経産相、有村女性活躍担当相などの名前が挙がり(付表2―略)、一部では安倍首相や麻生副総理による政治資金のデタラメな支出ぶりも報じられています。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。