記事

中国のネット経済が世界に商機をもたらす

中国の「双11」(11月11日、中国の独身の日)商戦は今では世界最大のオンラインショッピング・デーになり、米国の「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」を超えた。マッキンゼー・アンド・カンパニーの作成した調査報告書によると、2013年、中国のネット経済がGDP(国内総生産)に占める割合は4.4%と米国とドイツの水準を上回った。中国のネット経済の繁栄は消費モデルの革新を促進しただけでなく、より多くの外国企業と市場にも新たな商機をもたらしている。

2014年の「双11」販促キャンペーンでスペイン系衣料品会社2社が初めての▼だったが、目覚しい収益をあげた。これをきっかけに、スペインの商業界は中国市場への進出を速める近道を見つけた。スペインの在中国企業家協会の関係責任者によると、スペインの多くの大手小売企業は中国の各都市に販売店を設けているが、これらの企業の売上高は中国の電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)の「双11」販促キャンペーン期間の売上高を遥かに下回っている。従って、スペインの企業は中国市場に立脚しようとすれば、必ず電子商取引分野に積極的に携わらなければならない。

ECサイトの「天猫国際」(Tモール・グローバル)に出店した「オーストラリア国家館」は2014年11月18-21日の3日間に11トンの生乳、10.6トンの粉ミルクの販売業績を遂げた。オーストラリア国家館の趙栄君CEOによると、2014年2月8日、「オーストラリア国家館」は「天猫国際」に本格的に出店して以来、何度も売り上げ最高を記録し、乳製品も含めたオーストラリア産の農産物の価格も関税撤廃後には、これまでの価格から10%前後下落する見通しだ。これは中国人消費者にとってのよいニュースになるだけでなく、オーストラリアにもより多くの雇用を創出すると見られる。

スペイン紙「エル・パイス」によると、インターネットの普及に伴い、商品はグローバル化し始め、消費者もグローバル化している。このようなネット経済の飛躍的発展を背景に、スペインは中国ならではの「双11」商戦を受け、グローバルなネットショッピング商戦に参入するとしている。

「淘宝網」(タオバオ)の販促キャンペーンとして、「双11」商戦は2009年から始まり、今では世界最大のオンラインショッピングデーになり、米国の「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」も超えた。

ロイター通信は「これは中国人消費者の強大な購買力を示している。同時に『双11』の重要性も浮上している」と伝えた。

(翻訳 劉英)

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。