記事

ホンダに何が起こっているのか!?

ホンダにまたしても、問題発生である。

24日、ホンダは2003年7月から14年6月までの11年間にわたり、 米国で死傷事故などの報告を怠っていたことを公表しました。 申告漏れはじつに1729件に上り、 本来であれば申告すべき件数の6割が未報告だったというのです。 もし、そうだとすれば”経営の品質”が問われます。

ホンダによれば、原因は、コンピュータのプログラム上のミスや データの入力ミス、法律の誤解にあったという。 これらについては、すでに修正済みと説明してはいるものの、 第三者機関による調査によれば、社員は11年にすでに問題の存在を把握。 12年1月には米国運輸省高速道路交通安全局によって報告漏れを指摘されながらも、 本格的な社内調査を始めたのは14年9月からだったというのです。

情報管理体制の杜撰さを非難されても仕方がないような事態です。 今日になって、日本の国土交通省は、リコールの見直しを指示しました。

ホンダは、13年9月に発売した3代目フィットについて、 5度のリコールを実施、 同年12月発売のヴェゼルについても3度のリコールを実施するなど、 この1年間、リコール連発状態になっています。

ただ、タカタのエアバッグ問題については、 ホンダは販売店にリコールを正確に伝えなかった責任があるとして 米国議会の公聴会で追及されましたが、 エアバッグのリコール自体はホンダの技術的な問題ではないし、 リコール費用は、タカタの有償対象となる公算がつよいといわれています。

今回の報告漏れは、これらとは次元の違う話だと思います。 企業のコンプライアンスに直結する問題だからです。 万が一でも、報告漏れが意図的なものであることがわかれば、 ブランドイメージの失墜はもとより、一気に信頼を失い、 企業の存亡を左右する事態にも陥りかねないのではないでしょうか。

振り返ってみれば、 ホンダは2000年代初頭、いまより深刻な品質問題に悩んでいました。 そこで2002年、当時社長を務めていた吉野浩一さんが、 “桁違い品質”すなわち“ケタヒン”のコンセプトを打ち出し、 品質改善活動に取り組みました。

開発部門は機能や性能だけでなく、 製造時の「つくりやすさ」「バラツキを抑える」ことを考慮した図面設計を行う。 生産部門は、図面に基づき「バラツキ発生を基準内に抑える」ための製造管理を実施する。 一言でいえば、設計と製造の両面から品質保証体制を強化してきたんですね。 ケタヒンの結果、ホンダの品質は急速に高まったといわれています。

いったい、ホンダの内部で何かが起こっているのか……
考えざるを得ませんよね。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。