記事

国会にもう一度、送りたい政治家を紹介します -前衆議院議員・三谷英弘-

今さら言うまでもありませんが、衆議員選挙は12月2日公示、14日(日)が投票日です。

皆さん、必ず選挙では投票に行きましょう!最悪、白票だっていいんです(どこかに入れた方が良いけど)。特に若い世代の投票率は向上するだけで、政治に大きな影響があるのですから。

期せずして無所属になってしまったので、このブログでは今後、衆院選の様々な争点についても解説していく予定です。

しかしその前に、どうしても紹介しておきたい国政選挙の予定挑戦者がいます。東京5区(目黒・世田谷区の一部)、三谷英弘前衆議院議員(現・みんなの党)です。

リンク先を見る
(写真は以前にご一緒した富士火力演習にて)

東大を経て弁護士になり、米国でも勤務経験のある国際派。そのまま前職に留まっていれば、約束された未来があり、何不自由なく暮らすことができた人材です。

しかし彼は、この世界に飛び込みました。政治を変えるために。誰もが夢を語れる社会を創るために。

政界に足を踏み入れなければ、その闇に触れることも、政争の狭間に巻き込まれるような事態もなかったことでしょう。今回の解党劇の中での立ち回りも、決して器用なものではなかったかもしれません。

「意地を貫けるところまで、貫いてみよう」
「国会にこんな馬鹿が一人くらいいたって、いいじゃないか」

そう自嘲気味につぶやく彼は、間違いなくこの政界で信頼に足る、数少ない政治家の一人です。

リンク先を見る

ちゃらんぽらんで軽薄な私は、一本気で真面目な性格の三谷さんからは、都議選候補者時代に何度もご指導をいただいたことがありました(苦笑)。そんなことも、今となっては良い想い出です…。

正直、明日にはお互いがどんな立場になるかわかりません。本人は嬉しくないかもしれませんが、どうしてもそうなる前に、この記事を書き記しておきたいと思います。

三谷英弘オフィシャルサイト
http://mitani-h.net/
三谷英弘Facebookページアカウント
https://www.facebook.com/mitani.office?fref=ts
三谷英弘Twitter
https://twitter.com/mitani_h

皆さま、特に目黒区・世田谷区にお住まいの皆さま。ぜひ、三谷英弘という政治家を知ってください。

そして街頭で見かけたら、ほんの少しだけ足を止めて、彼の言葉に耳を傾けてみてください。

「どうせ政治なんか、変わらない」
「誰がやっても同じだろう」

2年間、この世界で本気を貫いてきた男の言葉は、そんな諦めの感情を吹き飛ばし、心に火を付けてくれるかもしれません。



口だけではなく、私自身も動かなければなりませんね。

しかし毎日、目まぐるしく入る情報と情勢の変化。吹き飛ばされないようにするだけで必死なことも確かです。

私がどんな道を選択するとしても、そのときは自分自身の言葉で、皆さまに説明を尽くさせてもらいます。

それでは、また明日。

画像を見る

◼︎おときた駿プロフィール
みんなの党 東京都議会議員(北区選出)/北区出身 31歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。

twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。