記事

バズフィード、WHO(世界保健機関)のブラックリスト入り?

画像を見る

バズフィードがWHO(世界保健機関)のブラックリスト入りだった、ということをワシントンポストなど海外メディアが報道していました。

WHOのコミュニケーションチーム内部のメールのやりとりに、バズフィードの記者が入っていたことで明るみになったことです。

記者はWHOスタッフにエボラ出血熱に関するメールレポートのリストにバズフィードが加われないことを聞くためにメールを投げたところ、上記のようなメールが返されました。

バズフィードの直近の3つの動き:発行人交代と記事フォーマット・ニュースアプリ開発」という記事でも少し触れましたが、保守からもリベラルからも支持がいちばん少ないことがわかっているバズフィード。硬派なニュースに力をいれているものの、軽い印象が抜けないのでしょうか。

WHO広報によれば、ナイロビで活動するバズフィード記者で、人権やアフリカのトピックを報道するJina Moore氏の不正確な報道をめぐって衝突があったそうで、彼女については拒絶するものの、バズフィードというメディア全体をブラックリストに入れているということではないとのこと。

情報源と新興メディアの関係性について考えさせる出来事でした。バズフィードについては、以下の記事も参考にしてみてください。

BuzzFeed、Upworthyのこれまでと現在(キュレーションメディアサミット) from Sato Keiichi

あわせて読みたい

「BuzzFeed」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。