記事

「大義なき解散」を「意味ある選択」に

解散で問うべきは、国民や国会で賛否の別れるテーマです。増税先延ばしを理由に解散するのは、ポピュリズムの極みです。

総選挙には700億円という税金が投じられます。それだけの金額があれば、小中学校の全ての学年で35人学級を実現できます。35人学級は民主党政権で小学校1年生、2年生まで実現し、順番に学年を上げていく予定でしたが、安倍政権の誕生でストップしています。それどころか、政府は、民主党政権で実現した小学校1年生の35人学級を40人に戻すことを検討しています。情けない現状を見るに度に、700億円あればとの思いが募ります。

被災地の復興、米価の下落に苦しむ農業者の支援、円安による物価高に苦しむ中小企業や生活者の支援など、年の瀬に予算をかけるべき項目を挙げれば、きりがありません。

今日の解散に大義はありません。しかし、総理が解散を決断した以上、国民の皆さんに選択肢を提示することで、国民の皆さんに意味ある選択をしていただきたいと思います。

・経済政策のあり方

・定数削減などの政治家が身を切る改革

・年金、子育てなどの社会保障制度のあり方

消費増税に関わるものだけでも、多くの争点が考えられます。野党の役割は、政権の問題点を指摘し、対案を提示することです。

国会を無視した集団的自衛権の閣議決定、特定秘密保護法により危機にさらされる国民の知る権利、臨時国会で見られた強行採決。自民党が勝利を収めると、安倍首相はさらに4年間、権力を行使することができます。

野党の役割は、政権が暴走した時にブレーキをかけ、対案を提示し、常に政権交代に備えることです。今、この国に必要なのは野党の力です。

賽は投げられた。死力を尽くして戦います。

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。