記事

【全文】「この解散はアベノミクス解散」衆議院解散を受け、安倍首相が会見

1/2
21日、衆議院が解散した。これに伴う衆議院総選挙が12月2日に公示、14日に投開票が予定されている。 解散を受け、安倍総理大臣が会見を行った。

niconico 写真一覧

冒頭発言

本日、衆議院を解散いたしました。
この解散は「アベノミクス解散」であります。アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか。それを問う選挙であります。

連日、野党は「アベノミクスは失敗した」と、批判ばかりを繰り返しています。
私は今回の選挙戦を通じて、私たちの経済政策が間違っているのか、正しいのか。本当に他に選択肢はあるのか。国民の皆さまに伺いたいと思います。

2年前を思い出していただきたいと思います。リーマン・ショックから4年も経ち、世界経済は立ち直ろうとしていたにも関わらず、日本だけはデフレに苦しみ、3四半期連続のマイナス成長となっていました。
行き過ぎた円高は多くの企業を海外へと追いやり、空洞化が進みました。私の地元・山口県でも、若者たちを500人以上雇用していた大きな工場が行き過ぎた円高のために、工場を閉めざるをえなくなりました。

どんなに頑張っても、どんなに汗を流しても、どんなにいいアイデアを出しても、行き過ぎた円高のために競争に勝てない。そして多くの雇用が失われていたんです。失業者は増え、下請け企業は雇用がなくなり、「連鎖倒産」という言葉が日本中を覆っていました。
当時私は野党の党首でありましたが、何処へ行っても「安倍さん、この景気をなんとかしてくれよ」、と言われたことを今でも忘れません。

その日本全体を覆っていた強い危機感が、私たちへの政権交代へとつながりました。「強い経済を取り戻せ」。これこそが総選挙で示された国民の皆さまの公意であると信じ、三本の矢の政策を打ち続け、経済最優先で政権運営にあたってきました。
その結果、雇用は100万人以上増え、高校生の就職内定率は10%アップしました。9月末の時点ですでに半分以上の学生が内定をもらっている。15年ぶりの出来事です。
今年の春は、過去15年間で過去最高の賃上げが実現しました。
企業がしっかりと収益を上げれば、雇用を増やし、賃金を上げることができる。その好循環を回していく、これがアベノミクスはなんです。

アベノミクスの成功を確かなものとするために、私は消費税10%への引き上げを18ヶ月延期する決断をいたしました。
消費税引き上げを延期する以上、社会保障を充実させるスケジュールの見直しも必要です。
しかし、子育て世代の皆さんを応援する、その決意は揺らぎません。子ども子育て支援新制度は来年7月から予定通り実施します。2年間で20万人、5年間で40万人分の保育の受け皿を整備し、待機児童を無くしてまいります。さらに「小1の壁」を突き破り、学童保育についても待機児童をゼロにする、そのスケジュールは全く変わりません。

「女性の輝く社会を実現する」この安倍内閣が掲げた旗は高く掲げてまいります。
こお臨時国会では、女性活躍推進法案は、残念ながら野党の協力が得られず、廃案となってしまいました。しかし私は必ずや実現させます。来年の通常国会では確実に法律を成立させるその決意であります。

「消費税の引き上げ延期は野党がみんな同意している、だから選挙の争点では無い」といった声があります。
しかし、それは違います。野党の人たちは、ではいつから10%へ引き上げるのでしょうか。その時期を明確にしているという話を私は聞いたことがありません。
そこは極めて大切な点であります。財政を立て直し、世界に誇る社会保障制度を次世代へと引き渡していく責任が私たちにはあります。
私たち自民党・公明党、連立与党はその責任をしっかり果たしてまいります。そのために平成29年4月から確実に消費税を引き上げることと致します。今回のような、景気による延期を可能とする、景気判断条項は削除いたします。

本当にあと3年で景気が良くなるのか。
それをやり抜くのが、私たちの使命であり、私たちの経済政策であります。
今週、経団連の会長が「経済界は来年も賃金を上げて、経済の好循環に貢献していきたい」と宣言してくれました。
さらには再来年、その翌年と、賃金をあげていく。アベノミクスを続けることができれば、必ずや実現できると確信しています。

良い話は大企業ばかりで、アベノミクスの風なんて中小企業には届いてない。という方がたくさんいらっしゃることも私は承知しております。
円安によってガソリンや原材料が騰がって困っている。これについては今度の経済対策でしっかり対策してまいります。

しかしアベノミクスが始まって、行き過ぎた円高が是正されました。そうした中で空洞化の時代が終わり、仕事がいよいよ国内へと戻ってまいりました。
日産はアメリカの工場に移そうとしていたエンジン生産を福島県のいわき市で行うことを決めました。600人近い雇用が守られたんです。キヤノンはこの2年間の変化を見て国内生産比率を半分の5割まで戻すことを決めました。アジアに出て行ってしまったプリンタの生産を茨城や滋賀で行うそうです。

海外へ逃げていった投資が国内で動き始めたんです。大企業が国内で投資すれば、部品や材料を作る中小企業の仕事が生まれます。
足元では企業の倒産件数は民主党政権時代から2割も減りました。倒産が少ないのは24年ぶりのことです。

もし、あの行き過ぎた円高に逆戻りしてしまうようなことがあれば、また空洞化、根こそぎ仕事がなくなってしまいます。
仕事がある、これが皆さん、一番大切なんです。
この臨時国会では地方創生のための基本法案が成立し、大きな一歩を踏み出すことが出来ました。

中山間地や離島を始め、地方にお住まいの皆さんが、伝統ある故郷を守り、美しい日本を支えています。まだまだ厳しい地方経済へと景気回復の暖かい風を送り届けてこそ、アベノミクスは完成する。私はそう考えています。

地方の皆さんの生活を豊かにしていく。これも必ずやり抜いてまいります。
都市と地方の格差が拡大し、大企業ばかりが恩恵を被っている。そうした声があることも私は十分、承知しています。
それでは、日本の企業がしっかりと収益を上げるよりも前に、皆さんの懐から温まるような、手品のような経済政策が果たしてあるんでしょうか。またバラマキを復活させるんでしょうか。その給付を行うにも、その原資は税金です。
企業が収益を増やさず給料も上がらなければ、どうやって税収を確保していくのでしょうか。それこそが2年前までの風景じゃありませんか。

私たちは違います。 私たちは、景気を回復させて、企業が収益を上げる状況をつくり、そしてそれが皆さんの懐へと回っていく。この経済の好循環を力強く回し続ける事で、全国津々浦々にいたるまで景気回復を実感できる。
この道しかないんです。景気回復、この道しかありません。
そのことを、この選挙戦を通じて、皆さんにしっかりと訴え続けていきたいと考えています。

そして国民の皆さまの信頼と協力を得て、賛否両論、抵抗も大きいこの成長戦略をしっかりと前に進め、国民生活を豊かにしていく。その決意であります。
私からは以上であります。

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。