記事

公明党山口代表からの回答(生活保護や低所得者支援について)

1/2

11月19日(水)、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(平日夜10時~)に公明党の山口那津男代表が生出演しました。

ちょうど解散のタイミングが重なったこの時期に、直接、各政策についての意見をうかがえるとのことで、僕もメールで参加し、山口代表に生活保護や低所得者支援について質問しました。

ここでは、僕が送ったメールの内容、そして、スタジオで繰り広げられた山口代表とパーソナリティーの荻上チキさんのやりとりをご紹介します。ポッドキャスティングでも聴けるようなのでぜひ。(僕からの質問メールは20分くらいからです)

2014年11月19日(水)「総選挙に向け、各党代表と生セッション!今夜は、公明党・山口那津男代表」(会見モード)をポッドキャスティングで聴く

僕からの質問メール

公明党のホームページの政策集などを拝見すると、セーフティネットの強化がうたわれ、歴史的にも福祉施策の充実を訴えてこられています。しかし、近年、日本社会では、相対的貧困率や子どもの貧困率は、上昇傾向にあり、月額、およそ10万円しか使えるお金がない人が6人に1人います。

貧困層を支えるための制度である生活保護制度は、公明党も賛成して、2013年8月より段階的におよそ1000億円のカットがはじまり、2013年末には60年ぶりに生活保護法が改正され、より家族扶養が強調されたものになりました。

そして、今年の4月の消費税の増税は、低所得者の家計を圧迫しています。公明党は軽減税率を提言されていますが、軽減税率は、高所得者にとっても負担減となるものでもあり、低所得者向けには給付措置の方が適切だと思います。

貧困層には仕事に就くのが難しい人も多く、そういった人たちを支えている生活保護のような給付型の社会保障を削減して、一体、どのように彼ら・彼女らを支援していく方針なのでしょうか。

公明党の皆さんには、与党のなかでの社会保障の最後の砦として、日本の貧困率の上昇に歯止めをかける役割を担っていただければと、強く願っていますが、今回の総選挙では、低所得者向けの給付型の施策などを検討されていますでしょうか。(質問メール終わり)

山口代表と荻上チキさんのスタジオでのやりとり

以下、山口代表と荻上さんのやりとりを書き起こしました。生活保護にかかわる部分のみ抜粋しています&あくまで僕個人でおこなったものなので、誤り等がありましたらご容赦ください。また、文章にする際に字句や文言は修正しています。あしからず。

山口さん:生活保護は非常に大事な制度。日本では長くデフレが続いていたが、これまで水準を維持してきた。しかし、年金や最低賃金とのずれがでてきたので是正した。制度自体は重視している。生活保護の改正は過去の積み重ねの清算。物価に応じて、生活保護基準はあげさげしていく。

今回、消費増税と物価上昇と重なってしまったのはタイミングのずれであり、徐々に修正されていく。

チキさん:その短期間のずれでも困っている人には非常に打撃。

山口さん:ただちにそうはならないと思う。消費税増税にあたり一定程度の配慮はしている。生活保護に依存する、他のセーフティネットより得だから、ということよりは、就労を支援して生活保護からうつっていくというインセンティブは大事。

ただ、今回、低所得者への配慮は必要。8%のときに簡素な給付措置をおこなったが、それを土台にしてもっと上乗せする、厚みを増す、そういうようなことを検討していきたい。

あわせて読みたい

「生活保護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。