記事

みんなの党解党決定に「志を同じくする方とは一緒にやっていきたい」枝野幹事長

画像を見る

 枝野幸男幹事長は19日夕、みんなの党が解党を決定したことを受けて国会内で記者の取材に応じた。

 枝野幹事長は「他党のことであり、あまり触れる立場ではないが、それぞれ志を持った皆さんが苦渋の決断をされたのではないかと拝察する。党対党で連携・協力の話をしてきたが、解党されたなかで、志を同じくし、野党としてしっかりと政権批判の受け皿をつくっていこうという思いの方から話があれば、ぜひ一緒にやっていく方向で柔軟に対応していきたい」と述べた。

 みんなの党との間で選挙区調整や共通政策の作成に向けた協議を進めてきたことから、今後の扱いを問われ、「これまで進んでいたものをこちらから変える意識はない」とし、「民主党と深い協力や一体化を希望される方がいれば、地域の事情や、その方の政策・思想・信条を踏まえつつ、柔軟に対応していく」と繰り返した。

 また記者からは、昨日18日、安倍総理が「勝敗ラインは自公で過半数」と発言したことについて受け止めを問われ、「2年の任期を残して自ら解散されるというのに、現状の議席を増やす意欲なしに解散をする意味が分からない」と切り捨てた。

 さらに安倍総理の発言について、18日の会見では「(消費増税の)再延期はない」「景気条項を付すことなく確実に実施する」と断言したにもかかわらず、その後出演したTV番組では「天変地異や金融危機があれば再延期もありうる」と発言を翻したことについて見解を問われ、「そもそも景気条項は、リーマンショックや震災などが起こった場合を考えて(民主・自民・公明)の3党で合意して入れた条項であり、そのような考えであるならば景気条項をはずす理由はまったくない」と指摘した上で、「(記者会見では)意味のないことを気合や精神論で『外す』と言ったのか、あるいは、そもそも景気条項の意味を知らずに『外す』と言って慌てて修正したのか」と苦言を呈した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    なぜ朝日新聞は誤報を繰り返すか

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。