記事

やっぱり!解散、総選挙

昨日、安倍総理から【衆議院解散総選挙】と【消費税増税延期】が伝えられた。

解散総選挙については、先月10月27日のブログ 「大臣辞任、またか!もうやめてくれ!」 で記載したとおりのことが起こってしまった。

政治のスキャンダル(大臣のスキャンダル・不祥事)にマスコミが騒ぐと、政治が停滞する懸念がでてくると話した。国会内での話し合いが進まずに、与野党間で「お前が悪い!」「おまえは辞めろ!」の中傷誹謗合戦が繰り広げられる。

そのマイナスはすべて私たち国民に降りかかってくる(「何も決まらない政治」の始まりである。

このコラムでもよく書いているように、先のことは誰にも分からない、頭の良い政治家の先生だって先のことは読めないのである、だからこそ良くも悪くも政治は前に進んでいくことが重要だと私は考えている。日本の政治には本当にスピード感が無いと思う)。

消費税の延期についても11月17日に発表された今年の7月~9月期のGDP(国内総生産)の伸び率(経済成長率)が、専門家たちの予想(プラス1~2%)を大きく裏切り、マイナス1,6%になってしまった。

政府が考えていた以上に春の消費税増税が景気回復の重しになっているとの判断から、安倍総理がそのように決断したのだろう。

国の借金は日に日に膨らみ続けている(今や1000兆円オーバー、多くの国民に実感は無いだろうが、とてつもない借金である)。借金があるならば、それを返さなければならない。当然、今の子供たちやこれから生まれてくる子供たちにその借金返済を肩代わりしてもらうわけにはいかない。

おそらくそのことは日本人全員の一致した見解だろう(「自分たちで作った借金は、自分たちで返済すべき!」という考え方を否定する人はいないだろう)。となれば、収入増やし、支出削るしか方法は無いのである。

現状の我が国の支出で一番大きいものは【社会保障費(医療、介護、年金など)】。これを削る!

そして収入で一番期待できるのは【消費税】。

これを引き上げる!

答えはもう出ている。実施のタイミングや方法論は、国民の生活、景気・経済の状態でさまざまな議論がつくされているが、結論が出るまでに時間がかかりすぎで、本当に、本当に、本当にスピード感が無い。

私個人的な意見を恐れずに言うと
『将来のことは誰にもわからへんのやから、ちゃっちゃと一気にやることやって、成功したら儲けもん。失敗してハードランディング(国民生活が破綻)したら、日本人みんなでもう一度やり直せばいい!』

『日本人の強さがあれば、どんな結論が出ようが、きっと復活する!(明治維新もそうだった、第二次世界大戦敗戦もそうだった、過去の歴史がそれを物語る)』
と強く感じている。

1989年に消費税3%が導入され、1997年に消費税を3%から5%へ引き上げるまでに【8年】、そして2014年このたび5%から8%へ更に引き上げるのに【17年】。

クライアントの皆さん、どう思う? なんぼなんでも時間かかりすぎやと思えへん?

今回のクライアントセミナーではこのあたりの詳細を語ろうと思う。

解散総選挙でも、消費税増税先送りでも結構だが、兎に角、スピーディに事を運んで欲しいと思うのは、きっと私だけではないだろう。

政治家の先生方、安倍総理 ほんまに頼みますよ!!!

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  4. 4

    和田政宗氏 文春記事に抗戦宣言

    和田政宗

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  8. 8

    韓国が日韓企業の徴用工賠償提案

    ロイター

  9. 9

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    長文ビジネスメールに外国人困惑

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。