記事

日中首脳会談は本当にやるべきだったのか - 富坂 聰

11月10日に開かれた日中首脳会談について、識者の評価は割れている。積極的な評価を下す石平氏。小谷哲男氏は、会談によって日中がスタート地点に立ったと一定の評価をしながらも、今後対話を進めていくうえでの不安要素を指摘する。また、佐々木智弘氏は会談実現に至った中国側の事情を、『人民日報』をもとに解説する。本稿では、「本当にやるべきだったのか」と疑問を呈し、その理由とあるべきタイミングについて考える。そのうえで、今回のAPECでは、中国があげた外交成果に注目すべきだという。

 11月11日、北京の保養地「雁栖湖」で行われてきたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が首脳宣言を採択して閉幕した。

 日本の報道機関は、10日、日中首脳会談――中国側は会見と表現していたが――がおよそ2年半ぶりに行われたとあって盛り上がり、紙面を大きく割いて報じたのだった。試みにいくつかの新聞の11日付の見出しを並べて見ると、

〈日中 関係改善へ一歩〉(読売新聞)
〈海上連絡の早期運用合意〉(毎日新聞)
〈日中 互恵関係を再構築〉(産経新聞)

 と一様に日中が関係改善に動き出したことを強調する見出しとなっている。

 だが、現実はすでに多くのテレビが映像を伝えたように、習近平主席は安倍晋三総理と目を合わせようとはしないという冷ややかな態度で応じたのである。新聞がどんな見出しで煽ろうと、この会談が日中関係の画期になると考える日本人は少なかったに違いない。

「日本から譲歩を引き出した」と大々的に報道

 私自身、事前の取材では好感触が何もなく「首脳会談の可能性は40%」と言い続けてきたこともあって、会談実現には驚きを感じたのだが、ふたを開けて見ると「やるべきだったのか」と疑問になるような内容だった。

 事実、北京の外交関係者はこう語りため息をつく。

 「外交部ルートでは会談実現を後押しするために奔走していました。ですが党内にはまだ抵抗する勢力がありギリギリまで会見を見送るという選択を残していました。そのことは会見するとの決定を日本側に伝えるのが直前になったことでも分かるでしょう」

 取材の頭撮りでは習近平主席が険しい表情のまま、安倍総理が語りかけた言葉を通訳が説明するのを無視して横を向いてしまい観る者を驚かせた。

 このほか、安倍総理を待たせるという演出や握手の場面でもバックに両国の国旗が置かれていないなど気になったことは多々あったが、要するに中国が日本の首相を歓迎していないことがよく伝わる会談であった。

 相変わらず対日外交では国民の目を意識した言動が目立ったが、事前に基本合意を取り付け、懸案である尖閣諸島問題と靖国参拝問題で日本側から譲歩を引き出し大々的に国内で報じたのもその一環である。

 基本合意が公表された直後、CCTV(中国中央テレビ)は人民ネットの記事を引用し、〈(日本が)初めて尖閣諸島問題で争いを明文化した意義は重大だ〉と評し、会談後には「日本の求めに応じて会見した」と報じている点にもそれは表れている。

 ホストがニコリともしない会談の映像は、こうして生まれたのだが、日本側も習氏の子供っぽさばかりを責めるわけにはいかない。

日本側のビジョンが見えない

 そもそも「今回の会談はAPECのホスト国だから(日本の首相と)会談せざるを得ない」といった中国の事情につけ込んだ形で実現したもので、中国側には不満の残るものであった。

 加えて日本側の意図をはかりかねる事情も働いていた。

 「日本側は、はたしてどんな関係を中国と築きたいのか。はっきり示さないまま、とにかく首脳会談だけやりたいと迫ってくることに対し、不信感があったのは間違いありません。党の一部には、最悪、安倍政権の間は日本との関係を改善しなくても良いという考えさえありましたからね。われわれとの関係をどうするのか具体的なビジョンもないのに、『会えた。良かった』とはしゃぐことに対し冷や水を浴びせたい気持ちになるのも当然でしょう」(同前)

 戦後レジームの転換に言及し、村山談話に疑問を投げかけ中国を挑発しただけでなく、中国包囲網とも受け止れる地球儀外交を展開したうえで「常に対話のドアは開いている」と首脳会談ができないのは中国のせいだといわんばかりの対応をしてきたというのが中国側の安倍外交に対する評価だ。

 それなのに首脳会談をするためとなれば、「歴代内閣の歴史認識を引き継ぐ」と大きくトーンダウンさせる。そうであれば、また平気で「心の問題だから」と靖国神社に参拝するのではないか。ならば中国にとって首脳会談はリスクでしかないことになる。

今回、会談を行うに先立ち中国が基本合意を求め公表したのは、恐らく予防措置の一つだろう。基本合意は多くの海外メディアも好意的に受け止められ記事にもされたが、なかでも『ニューヨーク・タイムズ』を筆頭にいくつかの欧米メディアは、「今後の日中関係が進展するか否かは安倍総理の行動次第」といったトーンで書いていたのが特徴的だった。つまり、歴史認識を揺るがす行為――靖国参拝など――に対しては今後は中国だけではなく欧米メディアも厳しい目を向けるといった環境を安倍政権は自ら作り出したということができるのだ。

 それを考慮すれば、無理に会談をするのが良かったのか、疑問を禁じ得ない。

 日中首脳会談を仕掛けるのであれば、来年の秋以降まで時間をかけてゆっくり準備しても良かったのではないだろうか。来年は中国とロシアが「戦勝70周年」イベントを大々的に行い、日本に対し“歴史認識”が厳しく突き付けられる場面が続くことが予想されるのだ。それが一段落したタイミングでも決して遅くはなかったはずだ。

アメリカ、ロシア、インドネシアへの関心

 さて、APECで見るべき点は日中間ではない。逆に外交的に大きな収穫を得た中国の動きだ。

 特筆すべきはアメリカの急接近である。

 2014年11月4日、米ジョンホプキンス大学で米中関係について講演を行ったケリー国務長官は、「米中は建設的に2つの国の間にある意見の違いを乗り越えられていて、協力ができている」とした上で、「米中が協力できれば、いま世界が直面している危機や脅威の多くは解決できるだろう」とまで言ったのである。オバマの大統領のAPEC訪問を控え、リップサービスをしたとも考えられるが、それを割り引いてもアメリカが従来とは違う対中観に傾きつつあることをうかがわせる発言であった。この講演ではさらに、米中関係を「今この時代にとても重要な2カ国間関係」とし、「21世紀の世界の発展を決定する要因」とも語り、CCTV(11月5日放送)が嬉々として伝えたのである。

 同様に中国との関係をアピールしたのはロシアである。プーチン大統領は、「中国との関係強化はロシア外交の最優先課題の一つ」とし、「ロシアと中国のパートナーシップや戦略的関係は歴史上最も強い状態にある」と言い切ったのだ。

 今回のAPECで中国の関心が一にアメリカ、二と三にロシアとインドネシアにあったことはさまざまな点からも見ることができるが、この3カ国とは相思相愛であった印象を残した。

 ロシアとはすでに4000億ドル規模のガスが2017年から中国に供給されることが決まっているが、その後毎年380億立方メートルの天然ガスを30年供給するという関係に入る。10年に及んだ価格交渉では、やはり中国との関係を重視したロシアが妥協したと考えられている。

 APEC開催前にはCCTVがロシアのプーチン大統領とインドネシアのジョコ大統領の2人をインタビューして放映したが、インドネシアのジョコ大統領は、「海上高速道路を建設するというわが国の構想は、21世紀の海上シルクロード構築を目指すという中国の考え方とマッチしている。この分野での協力は双方にとって有益だ」と応じ、海の協力関係が両国間で進むことをにおわせた。

 首脳宣言の採択では、中国を抜きに進められるTPPの不協和音に反し、FTAAPの存在感が強調されたが、その裏ではこうした慌ただしい動きも見られたのだ。

 日々流動する国際社会にあって、中国だけをターゲットにした地球儀外交がどれほど効力をハックするのかは、もはや語るまでもないことだろう。

[特集]日中首脳会談

関連記事
日中首脳会談 追いつめられた習近平、主導権を握った安倍首相
首脳会談でようやくスタート地点に立った日中 中国国内情勢を見極めて対話を進めよ
日中首脳会談はなぜ開かれたのか APECホスト国としての中国のこだわり
中国・訪日ブームの陰で気づいた対日認識の根本的な欠陥
講談社『中国の歴史』が中国で大ヒット 日中のソフトパワーに圧倒的な差

あわせて読みたい

「日中首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。