記事

FCVをめぐるホンダ対トヨタの闘い

ホンダは17日、新型の燃料電池自動車(FCV)のコンセプトカーと外部給電器のコンセプトモデルを初披露しました。じつは、トヨタは明18日、世界初の市販FCVを発表します。これにぶつけるように、ホンダはFCVのコンセプトカーを発表したわけです。
リンク先を見る
ホンダは、水素を次世代の有望なエネルギーととらえ、FCVを究極の環境車と位置づけて、80年代後半から研究開発を進め、99年には実験車両を公開しました。その後、改良が加えられ、02年には「FCX」と名づけられて、日米の官公庁向けに納入されました。

私は、この燃料電池車に試乗したことがあります。思いのほか、加速性はよく、静粛でスピードが出るのに驚いた記憶があります。さらに、08年には、「FCXクラリティ」という名称で進化したFCVがこれまた官公庁向けにリース販売されました。

一方、トヨタもまた、FCVを究極の環境車と位置づけ、開発を進めてきました。開発に着手したのは、90年代初めです。トヨタは02年に「トヨタFCHV」を日本とアメリカで限定販売したのを皮切りに、08年には、「トヨタFCHV-adv」を特定ユーザー向けに発売し、課題だった1回の水素充填の航続距離を約330キロから830キロへと向上させました。

当時、FCVの価格は1台あたり1億円といわれ、一般の消費者が手を出せるようなものではありませんでした。いかに生産コストを削減するかが普及におけるポイントといわれてきました。

また、ユーザーにとって気になるのは、水素の価格です。ガソリンと同等に近い価格でなければ、燃料電池車が一般に普及するのはむずかしいばかりか、航続距離も課題とされてきました。

ホンダが08年に販売した「FCXクラリティ」は、約5分で再充電でき、およそ500キロの走行が可能となりました。満タン充電にかかる費用は、5000円から7000円と想定されました。ざっくりいって、ガソリン車と同等といえるでしょうね。

そして、今日発表された「Honda FCV CONCEPT」は、さらなる性能向上とコストダウンを目指しています。搭載された燃料電池スタックは、従来型より33%の小型化を図りながら、出力は100kW以上、出力密度は3.1kW/Lと従来比で約60%向上。また、700Mpaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、700km以上の航続距離を実現。水素タンクの再充電は、約3分程度で完了します。

一方、トヨタは明日、2014年内に市販するFCV「ミライ」を正式発表します。価格は700万円程度といわれていますが、政府が検討している補助金を含めれば、実質的な負担は500万円程度になると見られています。そこまで価格が下がれば、一定の台数は出るでしょうね。

振り返ってみれば、ホンダは、アメリカで1970年に設けられた排気ガス規制法(マスキー法)を、新開発のCVCCによって世界で最初にクリアしました。つまり、環境対応車の先鞭をつけたのは、ホンダです。いまなお、ホンダにはその自負がありますね。実際、その後も、ソーラーカーレースで何度も優勝するなど、環境技術で世界をリードし、ホンダと環境は切り離せないものになりました。そうした流れのなかで、ホンダはハイブリッドの開発に邁進してきました。

にもかかわらず、思い起こせば、ハイブリッドの開発において、ホンダはトヨタのリードを許したんですよね。97年3月、トヨタが世界初の量産ハイブリッドカー「プリウス」を発表した。ホンダは、ハイブリッド車「インサイト」の開発を進め、発売を直近に控えていました。ホンダの技術者たちは、大いにくやしがりました。そして、今回のFCVでまたしても、ホンダはトヨタに先を越されたわけです。

ホンダは、これまでFCVの市販をトヨタと同様に2015年中としていました。ところが、トヨタが市販を前倒しするなか、ホンダは市販を2015年度中と訂正したんですね。

「先般からいろいろな課題があったので、念には念を入れて開発を進めるため、若干時間をいただきたい」ホンダ社長の伊東孝紳さんは、記者会見の席上、語りました。つまり、「フィット」のリコールがFCVの市販を遅らせ、足を引っ張ったわけですよ。ホンダは、相次ぐリコールで大変なダメージを受けたということですね。思わぬところに魔物が潜んでいたといわざるを得ませんね。巻き返しが期待されるところです。ホンダとトヨタが環境対応車をめぐって、ツバ競り合いすることで日本の自動車産業は、世界をリードするパワーをもち続けることができるわけですからね。

あわせて読みたい

「ハイブリッドカー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  9. 9

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

  10. 10

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。