記事

李登輝元総統「日本人に誇りを。。。」

訪台2日目(23日)は午前9時に自民党、民主党、国民新党、無所属の超党派で総統府を訪れ馬英九総統と会談しました。部屋に入ってくる馬総統の姿はハンサムな映画スターが現れたような感じで、総統選で女性の人気が高かったことが分かります。

リンク先を見る
                      馬総統を表敬  

馬総統は「日本は台湾にとって第二位の貿易相手国であり、台湾は日本にとって第4位の貿易相手国である。昨年は台日特別パ―トナーシップ促進年と定め、北海道に札幌事務所を設置した。今年の秋に台北松山空港と羽田空港間のチャーター便が就航する。今後より一層の経済貿易協力関係の強化を望む。」発言されました。

「台湾と中国の経済協力枠組み(ECFA)では中国から大きな譲歩を得たのでは?」との質問に対しては、「農業分野では大陸(中国)は善意を示したが他の分野はもともとアンバランスが大きかったのが是正されただけだ。」と答えました。米海兵隊の沖縄以外への移転については「日米安保は東アジアの安全に重要、この地域にはアメリカの軍事力が必要であり、我われ(台湾)も米国と軍事的に協力したい。」と米海兵隊の沖縄駐留の重要性を強調しました。

リンク先を見る
                      李登輝先生と

午後は日本でも人気の高い李登輝元総統を表敬訪問しました。李元総統は話し出すと止まらないそうで予め1時間程度お話を伺い、その後質疑をお願いしました。初めに「指導者の条件」について「指導者は人民を愛することが重要だ。しかし中国大陸の歴史は皇帝とその親族による統治であり公私の区別がない。台湾の主権は未解決の状態であり中国は香港をイギリスから手に入れたように台湾を取り込もうとしている。馬総統は見た目はかっこがいいが指導者としてのリーダーシップに欠けている。」と厳しく論評しました。

また日本の指導者に対しては「自立的独立した日本を創り、日本人に誇りを持たせるべきだ!そのためには憲法改正が不可欠なのになぜそれを選挙のテーマに掲げないのか?」とわが意を得た発言をされました。最後に「日本は戦争に負けた後、自己批判ばかりで閉鎖的になっている日本精神を取り戻さなければ駄目だ!」と気合を入れられました。気がつくを1時間40分ほとんど李登輝先生が話され、噂通りの展開でした。

つづく



トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  8. 8

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  9. 9

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。