記事

みんなは、やはり解党するしかなさそうだ

民主党とみんなの党だけが合併してもまず展望は開けないだろう。

どうやら浅尾氏は自分だけの生き残りを考え始めたようだ。

いくら何でも民主党とみんなの党の合併は筋違いだと思う。

民主党もみんなの党も解体して新しい政党を立ち上げるという展望があるのならともかく、民主党をそのまま残してみんなの党のメンバーが民主党に吸収されるというのでは、何のためにみんなの党を立ち上げたのか分からなくなる。

創業者の渡辺喜美氏が絶対に阻止すると息巻くのは当然である。絶対に対等合併になどならない。

これでみんなの党が消滅するのはほぼ必至の状況になった。

みんなの党には、かつての私の仲間もいるから、実に気の毒である。

ボタンを掛け違えると、どんどん迷走するものだ。これは余りにも酷い。実に痛々しい。

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。