記事

SpotifyとUber、タクシー乗客が自由に音楽再生できる画期的な新機能を発表へ

リンク先を見る

サブスクリプション型音楽ストリーミングサーヴィス「Spotify」と、日本や世界に広がる高級タクシー配車サーヴィス「Uber」が間もなく車内音楽サーヴィスで提携を発表することが明らかになりました。

ニューヨーク・タイムズが複数のソースからの情報をレポートして、その後TechCrunchが詳細にレポートしています。Uberは17日(月)にプレス向けに電話カンファレンスをするとメディアに招待状を配布、そこにはUberのCEO、トラビス・カラニック氏と「special partner guest」とあり、五線譜のビジュアルが施されています。

リンク先を見る

レポートによると、UberはSpotifyのオンデマンド型ストリーミング音楽再生機能を車内で利用者に提供していくと言われています。UberとSpotifyがどのように連携して利用者に音楽再生を実現するのか詳しくは分かっていませんが、TechCrunchによると運転手はUberアプリでカーステレオがAUX端子(音声入力端子)対応かどうかの情報を入力する必要があり、Uberから支給されたスマホをカーステレオに接続すると、乗客が音楽を再生できるようになるとのことです。

またTechCrunchが入手した別のスクリーンショットでは、乗客用Uberアプリには音楽再生用のボタンが表示され、移動中に音楽を選択し再生、スキップ、一時停止、巻き戻し、プレイリストからシャッフルできるようになる模様です。



TechCrunchが発見した動画

Spotifyはこれまでに自動車メーカーと提携してきました。フォードやボルボなどのモデルには、ダッシュボードや音声制御で操作する車載システムにSpotifyの音楽再生機能が組み込まれています。しかし音楽サーヴィスが、リムジンやタクシーで乗客に楽曲を選ばせて再生できる機能を提供するのは今回が初めてになる予定です。

ソース
Uber Said to Announce Music Partnership With Spotify (11/14 NYTimes.com)
Uber Integrates With Spotify To Let Passengers Become Backseat DJs (11/14 TechCrunch)

あわせて読みたい

「Spotify」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  10. 10

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。