記事

「次期衆院選に向け候補者調整を進めていく」民主・みんな党首会談で確認

画像を見る

 民主党の海江田万里代表とみんなの党の浅尾慶一郎代表が14日夕、国会内で会談し、次期衆院総選挙に向けて候補者調整を進めていくことを確認した。会談はみんなの党からの呼びかけで開催されたもの。枝野幸男幹事長が陪席した。

 会談後に枝野幹事長は記者団に対し、みんなの党側から「衆院解散がほぼ確実な状況のなか、この国の政治にしっかりと責任を持つ勢力がこうしたおかしな解散を経てしっかりと議席を伸ばしていくことが必要だ」「特に、自民・公明、共産党以外の候補者が立っていない空白区を何らかの形で埋めていくことが国民に対しても必要であり、各党が努力するとともに情報交換をしながら協力して進めていこう」との話があったと報告。あわせて、候補者が重複する選挙区の調整と安倍政権の問題について認識が共通する事項の取りまとめについてもできるだけ加速して進めていきたいとの話があったとした。

 これに対して海江田代表も基本的に同様の認識を示し、社会保障と税の一体改革についての考え方をあらためて提示。空白区の解消や候補者が重複する選挙区の調整などを進めていくに当たっては、国政選挙担当の岡田克也代表代行とみんなの党の水野賢一幹事長とで相談していくことになった。みんなの党からは「野党第1党の民主党として他の野党にも呼びかけ協力をしていくべき」との趣旨の話があり、海江田代表も「そうした努力は当然必要だ」と述べたと報告した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    ゲームストップ株暴騰 市場の宴

    ヒロ

  6. 6

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  7. 7

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

  8. 8

    韓国の対日訴訟 事実認めず迷走

    文春オンライン

  9. 9

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。