記事

完全復活! トヨタが挑んだ「働き方改革」の衝撃

1/2

「国道248号線の“見えない壁”が壊れた」

トヨタ自動車では、経営層をはじめ多くの社員がこう話している。というのも、研究・開発の技術者と生産技術の技術者とが、13年春に完成した「パワートレーン共同開発棟」で一緒に働くようになったからだ。

トヨタではこれを「働き方改革」(加藤光久副社長)と位置づけている。

名鉄・豊田市駅から岡崎市に向かって国道248号線を15分ほど車を走らせると、広大なトヨタの施設群が見えてくる。左側には技術部門(研究・開発)の総本山があり、右には生産部門の拠点が広がる。

両者を2つに区切るのが国道248号線であり、見えない壁とは技術部門と生産部門とを隔てる“障壁”を意味する。

技術や生産、調達といった機能別の強さはトヨタの特徴だ。だが、機能別の強さは半面で強烈なセクショナリズムを生む。縦割りの関係性は強く、横のつながりは希薄。国道を挟んだ左右の両者は、これまでほとんど相容れなかったのである。

「働き方改革」の現場であるパワートレーン共同開発棟は、右サイドの本社工場内に建設されたが、ここはトヨタ創業の地でもある。ちなみに、パワートレーンとはエンジンやトランスミッションなど駆動系部品を指す。

カメラ付き携帯、ノートPC、一切持ち込み禁止

画像を見る 図を拡大
強みの機能別体制に4つの横軸を刺す

トヨタは13年4月、「事業ユニット」と呼ぶ4部門を設置する大幅な組織改編を実行した。4部門は、高級車「レクサス」事業の「レクサス・インターナショナル」、先進国を担当する「第1トヨタ」、中国を含めた新興国担当の「第2トヨタ」、そして部品開発と製品化を担当する「ユニットセンター」。研究・開発、調達、生産、販売など機能別に分かれていた従来の体制に、4つの横串が刺さった形である。

「働き方改革」は、新組織であるユニットセンターの設置に対応し、研究・開発と生産技術の技術者を集約してスタートさせた。これまで開発と生産技術のやりとりには、多くの時間がかかっていた。たとえば、研究・開発の設計者がエンジン部品を新たに設計したとする。完成した図面に対し、生産技術チームがコストや品質、量産のやりやすさといった視点から検討を加える。「こうしたほうが、工場ではつくりやすい」と研究・開発に戻され、国道248号線を挟んで図面は行き来するのだ。両機能が自分たちのベストを追求して、ラグビーのスクラムのように押し合うが、ささいなことで必要以上に時間が費やされることもあった。これを、最初から設計者と生産技術者とが一緒に働くことで、開発スピードのアップ、さらに新技術の創出を目指す。いわゆるトヨタの「もっといいクルマづくり」を加速させる狙いがある。

共同開発棟は、地上12階、延べ床面積は約10万平方メートルの建物。将来的には約2800人を勤務させる計画だ。増員されているわけではないのに、「トヨタが、新施設を建設するのは珍しい」とトヨタ幹部は話す。

研究・開発と生産技術のエンジニアが一緒に働いているのは、7階から9階の一体開発オフィス(これ以外の階は、部品や試作品、製品などの評価エリア)。

エレベーターは1階と7階にしか止まらない。その7階にはセキュリティーが厳重なゲートがある。運転免許証や保険証など身分を証明するものの提示が求められ、カメラ付き携帯電話(スマホ含む)やノートPC、ICレコーダーなどは一切持ち込めない。ゲートの外側と内側には会議室がいくつもあり、内側には小さなコンビニのような売店がある。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。