記事

フリーのクリエイターがジリ貧になり食えなくなる4つのパターンとその対策

ここ5~6年前ぐらいからだろうか。今まで食えていたのに仕事が急減し、生活が苦しいというフリーランスのクリエイターの悩みをよく聞く。
一方で仕事を頼みたくても常時仕事がいっぱいある、売れっ子クリエイターも多い。
その差は何か。
私のこれまでの経験をもとに4つのパターンに分類してみた。

<ジリ貧になるクリエイター1:特定の仕事に依存>

例えば、ずっとある雑誌の仕事をしていて、今まではそれだけやっていれば十分食べていけたのに、雑誌が休刊・廃刊になってしまったといったパターン。

もしくは、ほとんどの収入を特定の出版社に依存し、そこの仕事ばかりをやっていたが、その出版社の業績が悪化し、どんどん仕事が減っていったというパターン。

意外とフリーのクリエイターって前職の兼ね合いなんかで、特定の媒体や特定の会社からの仕事で収入の8~9割を依存している人は多い。
定期的に仕事をもらえているし、慣れた仕事だからこなせるし、それで安定して暮らせていたけど、それがなくなってしまったらぜんぜん仕事がなくて、困ってしまうという人、結構いる。

*対策
できるだけ仕事や取引先は分散させること。
特定の仕事だけで8~9割収入があるのは危険すぎる。できれば最も多い仕事でも収入の3~5割ぐらいにして、その他は別の仕事を増やしたい。

<ジリ貧になるクリエイター2:時間とお金をかけないとできない>

年齢高めのクリエイターに多いのが、「いいものを作るには金がかかる」「いいものを作るには時間がかかる」と思い込んでいること。
もちろん、お金と時間があったことに越したことはない。

しかしもうそんな時代じゃない。クライアントや取引先がかつてのように、じゃぶじゃぶ予算を持っている時代ではなくなった。

少ない予算と限られた時間でいかにいいクリエイティブを作るか。
それが今の時代の命題なのに、「そんな予算じゃできないっすよ!」「それ作るには1ヵ月かかります」
みたいなことを昔の感覚で平然と言ってしまう。だからどんどん仕事がなくなっていく。

*対策
意識を変えないとダメ。
少ない予算と限られた時間しかないのが当たり前の時代、と思って仕事にのぞまないと淘汰される。
予算と時間がない分、完璧な作品ができなくても割り切ること。

<ジリ貧になるクリエイター3:請け負い仕事しかしていない>

出版社や広告代理店、プロダクションなど、企業から頼まれた仕事しかしていないクリエイターは、仕事の幅がどんどん狭くなり、やがてはジリ貧になっていく。
請け負い仕事だけでなく、自分で仕事を作り出すこともしないとダメ。

*対策
仕事の依頼がなくても、自腹で作品を作るなりして、発表したり営業をしたりして、自ら仕事を生み出す努力を継続的にしておくこと。
また対企業相手の仕事だけでなく、対個人相手の仕事も増やす努力をすること。
例えば、雑誌の撮影しかしないんじゃなく、個人からの依頼のプロフィール撮影もしますよとか。
自分の技能を活かして、個人向けに教室もやりますよとか。BtoBは単価が高いがなくなるとダメージが大きい。
BtoCは単価は低いがマーケットは大きいので、個人相手のビジネスも少しずつ増やしていく。

<ジリ貧になるクリエイター4:ネットをまるで活用していない>

クリエイター系で多いのは、仕事の大半をこれまでの人脈に頼っているケース。
だからネットで自分の活動を宣伝する必要がなく、過去のコネクションに頼って仕事をしていれば、かつては安定的に仕事が入ってきた。

しかしこの5~6年で時代は様変わりした。紙からWebへの移行による紙媒体の売上減。紙、Web問わずギャラ単価の減少。
デジタル化によりプロアマの境界が少なくなったこと。デジタルネイティブの若者に技術で負ける。
などがあり、これまでの人脈だけではじり貧になってしまう。

まして仲良くしていた担当者が会社を退職したり、部署が異動になったら、そこで仕事が途切れてしまうことも多い。人脈の高齢化などにもより、どんどん仕事が減っていき、食えなくなっている人が多い。

*対策
人脈だけで仕事をもらうのは危険すぎる。
ホームページ、ブログ、SNSなどネットを活用し、ネット経由で仕事を獲得できるようネットツールをそろえるべき。

・・・・
以上がフリーのクリエイターがジリ貧になるパターン。
言われただけの依頼仕事だけしていれば食える時代は終わった。過去の人脈だけで食える時代は終わった。
ネットをフル活用し、自ら発信、宣伝、営業し、仕事の幅を広げていけば、逆に今までと違い、コネがなくても仕事が入ってくる可能性が高まると思う。

ぜひネットの活用を。

あわせて読みたい

「フリーランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。