記事

原子力規制委員会田中俊一委員長の悲しい変貌 - 鈴木耕

1/3

田中俊一氏という人がいる。
 原子力規制委員会の委員長だ。柔和な顔と穏やかな話し方で、いかにも学者然とした風貌の人である。その田中委員長の物言いが、このところ妙に乱暴になってきている。どうしたのだろう?

 2011年3月11日の東日本大震災と、それに続く福島第一原発の過酷事故。その事故の反省の上にたって作られた(はずの)原子力規制委員会委員長に、田中俊一氏が就任したのは、2012年9月のことだった。
 それまで、日本の原子力発電所の“規制”は、原子力安全・保安院という組織が行ってきた(ことになっていた)。だが、保安院という組織は、実は、原発推進まっしぐらの資源エネルギー庁内の一機関に過ぎなかった。つまり、経済産業省の管轄。“推進”する側の下に組み込まれている“規制組織”という、どう考えてもおかしな存在だった。

 事実、事故直後の原子力安全・保安院の対応は、悲劇を通り越して喜劇(むろん、笑っている場合ではなかったが)とでも言わなければならないほどの失態ばかり。情報をほとんど持っていなかったし、会見等で公表した情報はしばしば錯綜し、隠蔽・捏造も疑われ、保安院の責任者(この人も、後に女性スキャンダルで更迭されるという惨状)が記者の質問に立ち往生する場面も日常茶飯事だった。
 さらに、この時の寺坂信昭・保安院院長が責任を問われ「私は文系なので…」と言い訳したことは、今でもお笑い種となっているほどだ。これが、日本の原子力規制委機関の原子力安全・保安院の実態だったのだ。
 さすがに批判が噴出し、その後、政府から独立した機関としての原子力規制機関を設けるべきだということになり、ようやく設置されたのが前述した原子力規制委員会とその事務局の原子力規制庁である。
 そしてこの組織の長に任命されたのが、田中俊一氏だった。

 田中氏は、いわゆる“原子力ムラ”の有力な住民のひとりである。1945年、福島市生まれ。東北大学工学部で原子力工学を学び、日本原子力研究開発機構等を経て日本原子力学会の第28代会長を務め、内閣府原子力委員会委員長代理や内閣官房参与などを歴任するなど、その経歴はまさに原子力一筋の有力学者である。
 そんな原子力ムラの住民に“原発規制”を任せていいのか、という批判が田中氏の委員長就任時には大きかった。ぼくも批判の声を挙げたひとりだったけれど、実はほんのわずかだが田中氏の良心に期待していた部分もあったのだ。

 事故から20日ほどが過ぎた2011年4月1日、16名の有力な原子力関連学者たちが連名で、ある提言を発表した。
 「福島原発事故についての緊急提言」という文書だった。冒頭で、彼らは次のような謝罪の意を示していた。

 はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします。

 同文書は、事故の経過の悪化を危惧しつつ、炉心溶融や環境汚染、さらなる火災や爆発の危険性、事故に立ち向かう作業者たちの被曝などを指摘。そして、環境へ放散される放射能塵や高レベル放射能水の抑制が困難なことを認めた上で、次のように結ばれていた。

 事態をこれ以上悪化させずに、当面の難局を乗り切り、長期的に危機を増大させないためには、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、関係省庁に加えて、日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、産業界、大学等を結集し、我が国が持つ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である。
 私達は、国を挙げた福島原発事故に対処する強力な体制を緊急に構築することを強く政府に求めるものである。

 かなり切羽つまった息づかいの文章だ。
 事故後、まるで責任などなかったかのようにTVに出て安全性を強調したり、大したことはないと根拠薄弱な楽観論を述べたり、ひっそりと口をつぐんで風をやり過ごそうとする“原子力ムラ住人”が多かった中で、とにかく謝罪を述べ、国に対しできる限りの提言をしようとするこの16人の学者たちは、それなりの良心を持った人たちだったと思う。
 田中俊一氏も、実は、その提言に名前を連ねていたのである。ぼくが田中氏にかすかな期待を持っていた…というのは、こういう事情があったからだ。

 確かに、初期のころの規制委は、5人の委員のうちの地震学者の島崎邦彦氏が、かなり厳しい意見を電力会社に浴びせるなど、ある程度の“原発抑止力”を発揮しようとする姿勢が見えたようにも思われた。

あわせて読みたい

「原子力規制委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本海呼称 韓国の要求は理不尽

    赤池 まさあき

  2. 2

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非正規は時給1000円 ZOZOの欠陥

    藤田孝典

  4. 4

    三浦瑠麗氏がポリコレの問題指摘

    AbemaTIMES

  5. 5

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    眞子さまの恋に終止符 英で波紋

    NEWSポストセブン

  7. 7

    経験多い女性をヤリマンと蔑むな

    文化通信特報版

  8. 8

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  9. 9

    沖縄県民投票の実施日に違和感

    コクバ幸之助

  10. 10

    松本人志 問題発言は昭和の老害?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。