記事

臨床医学論文数に見る国立大学間の格差拡大(国大協報告書草案23)

1/3

一昨日は、鈴鹿医療科学大学のFD講演会で、授業評価の分析結果を先生方にお話しました。非常に興味あるデータが得られましたが、またの機会に皆さんにお話することにして、早く国大協報告書を完成しないと、年度内に完成させられなくなってしまいます。どんどん仕事が入ってきますが、何とかがんばらなくっちゃ。

****************************************************************

2)臨床医学分野の論文数の推移

 前項の国立大学における分野別論文数の推移において、臨床医学分野の論文数は最も早く停滞を示したものの、最近では他分野に比較して増加に転じており、特徴的な推移を示しているので、その推移を少しく検討した。

  まず、世界全体および日本全体の臨床医学および臨床医学以外の論文数の推移を比較した。図表III-31では推移が比較しやすいように日本の論文数を10倍してプロットした。図表III-32は2000年を基点とする比率で表したが、前項でも示したように、臨床医学以外の論文数が2004年頃から停滞を示しているのに対し、臨床医学論文数は2000年以降早期に停滞し、最近上昇傾向にあることがわかる。

 画像を見る

画像を見る

 また、国立大学について、臨床医学論文数と臨床医学以外の論文数の推移を図表III-33に、2000年を基点とする推移を図表Ⅲ―34に示した。日本全体の論文数の推移と同様に、国立大学においても臨床医学以外の論文数は2004年以降減少から停滞を示しているのに対して、臨床医学は、より早期に停滞を示し、最近は上昇傾向を示している。

あわせて読みたい

「国立大学法人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  7. 7

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。