記事

羽生結弦選手の決断

11月8日に上海で行われた、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦中国杯で、羽生結弦選手は、直前の練習で、中国の選手と衝突し、負傷しながら競技に挑み2位になりました。

衝突の後、しばらく立ち上がることもできなかったのに、応急治療をした後、頭、顎、足などを負傷しながら、驚異的な精神力で、5回転倒しましたが、4回転はまわりきっていて、2位の成績でした。

私は中継を見ていて、もう無理だと思ったのに出場し、あれだけがんばったことに、心から感動しました。

会場で見ていた人からも、多くの花束が投げ込まれて、感動を呼んだ様子が、わかりました。確かに、将来ある選手が負傷しながら滑ったのは無謀、という意見があるのも、わかります。

それでも、オリンピックチャンピオンとして、人一倍責任感が強い羽生選手が決断し、コーチも、体が一番大切だ、ヒーローになる必要はない、と話しても、本人が出場すると決断したら支えるしかない、と話していて、そのとおりだと思います。

この決断で、羽生選手やコーチを非難するのは、酷だと思います。

議論されているように、これを契機に、フィギュアでは決まりがない、どの程度の負傷であれば出場を禁止する、といった、ラグビーなどではある規則を作ることは必要でしょう。

また、4回転が普通のことになり、以前よりスピードが出ている中で、6人が一緒に滑る直前練習のあり方の検討も必要でしょう。

今回は、アメリカの医師が治療をしてくれたということですが、医師の帯同も、検討されているということです。このように、今回の事故を、前向きにルール改正などをする機会にしてほしいと思います。

羽生選手には、さらに心労を重ねるようなことは避けて、大事な体を、しっかり治療してほしいと願っています。

あわせて読みたい

「羽生結弦」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  5. 5

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  6. 6

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  7. 7

    共産との共闘隠ぺいする大阪自民

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  9. 9

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  10. 10

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。