記事

Facebook、記事を「非表示」ではなく「少なくする」という選択肢が新規追加

アクトゼロの藤村です。火曜日のプランナーズブログをお届けします。

米時間の今月7日、独自アルゴリズムで制御されているFacebookのニュースフィードで、新たなユーザーカスタマイズ項目が追加されたことが発表されました。

Facebookのニュースフィード上に情報を出しわけるアルゴリズムは、アカウント同士の接触頻度や、「ともだち」たちのアクティビティを総合的に判断し、情報の優劣を決定しています。

いいね!やコメントが多い(または新規についた)ポストは時系列に反してフィードを溯ってくることがあり、同じ投稿を複数回目にすることも珍しくありません。

大切であろう情報をなるべく確実にユーザーに伝えていくためのアルゴリズムではあるものの、膨大な情報の海の中で、本当に見逃したくない投稿が押し流されてしまうことをストレスに感じることも…。

今回発表された表示調整機能では、「表示」「非表示」の2択だったこれまでの選択肢に、「少なくする」というチョイスが追加されました。

「特定の友達ともだちの投稿の表示を少なくする」

スマホアプリからFacebookにアクセスし、該当投稿の右上にある下矢印アイコンをタップ。

アップデート前の場合、下記のようなライトボックスが立ち上がります。(こちらのスクリーンショットは本エントリーで触れているカスタマイズ機能が反映される前のものです)

選択肢は「非表示」と、「フォローをやめる(ともだち状態継続のまま投稿を非表示とする)」の二種類です。

リンク先を見る

従来であれば、「非表示にする」を選択した時点で該当ユーザーの投稿は全て除外される仕組みになっていましたが、新機能追加後にはさらに「○○さんからの投稿の表示を減らす」という選択肢が出現するようです。

どのような基準で、該当アカウントの投稿を取捨し表示させていくのかについて明確なアルゴリズムの解説はありませんでしたが、恐らく従来同様、リーチやエンゲージメント率に紐づいた解釈で選別が行われていく筈です。

さいごに

完全時系列を貫くTwitterのタイムラインのように、情報の並び替え廃止を求める声が絶えず訴えられ続けているFacebook。

ザッカーバーグCEOは、膨大な投稿数を調整するためにアルゴリズムでの制御は必須であると説明してきました。

とはいえ、投稿内容の優劣をアルゴリズムだけで判断することには限界があります。
今回のようなユーザーによる選択肢の細分化を繰り返すことで、Facebookが目指す「ユーザーにとって関連性の高い情報を優先的に届ける」フィールドの精度が、向上していくのかもしれません。

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。