記事

コラム「北斗七星」

江戸時代末期の日本列島では、各所で大地震が連続して発生し、多数の犠牲者を生じていた。総称して「安政の大地震」と呼ばれているが、紀伊半島沖を震源とする「安政南海地震」もその一つ。そこには感動的なドラマがあった◆地震が発生したのは安政元年(1854年)11月5日の夕刻だった。この時、「村民の大切な命を守るために」と、大切な稲むら(収穫した稲束を積み重ねたもの)に火を点けた男がいた。和歌山県広村(現在の広川町)に住む浜口梧陵である◆梧陵は機転を利かせ、稲むらの炎の明かりを、村を襲った津波から暗闇の中で逃げ遅れた村人たちを誘導するための目印にしたのだ。こうした梧陵の“稲むらの火”の救出劇は、小泉八雲が『ア・リビング・ゴッド(生ける神)』というタイトルで小説にしたが、梧陵の活躍はこれだけでは終わらなかった◆家や家財を失い悄然とする被災者のための住宅建設、堤防工事を行い被災者への日当を支給することによる村人の離散防止策まで行っている。そして4年の歳月が流れると、そこには高さ5メートル、長さ600メートルの堤防が完成していたのである◆この堤防は1946年の昭和南海地震の大津波からも広村の大部分を守ったという。なるほど、きょう11月5日が「津波防災の日」と制定されたのも頷ける。(流)

あわせて読みたい

「地震」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。