記事

消費税増税延期法案を提出

本日、「維新の党」「みんなの党」「生活の党」の3党が消費税増税延期法案を共同提出を致しました。

私が素案の作成から担当しておりましたので、筆頭提出者になっています。

下記法律案の要綱です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案要綱

第一 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律の一部改正(第1条関係)
1 消費税の税率を6.3%から7.8%に引き上げる規定の施行期日(平成27年10月1日)を、別に法律で定める日とすること。
(附則第1条関係)

2 消費税率の引上げに当たっては、国会議員の定数削減、国会議員の歳費及び期末手当の削減、国家公務員の給与の削減、歳入庁の設置、特別会計の見直し、国の不要な資産の売却その他歳出の削減及び歳入の増加を図るための必要な措置を講ずること。       (附則第18条第2項関係)

3 消費税率を引き上げる日を別に法律で定める際の確認対象となる経済指標として、名目及び実質の賃金上昇率及び完全失業率を加えるとともに、勘案事項として、歳出の削減及び歳入の増加の成果を加えること。
(附則第18条第4項関係)

第二 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律の一部改正 (第2条関係)
 1 地方消費税の税率を63分の17(消費税率換算1.7%)から78分の22(消費税率換算2.2%)に引き上げる規定の施行期日(平成27年10月1日)を、別に法律で定める日とすること。 (附則第1条関係)

 2 地方消費税率の引上げに当たっては、国会議員の定数削減、国会議員の歳費及び期末手当の削減、国家公務員の給与の削減、歳入庁の設置、特別会計の見直し、国の不要な資産の売却その他歳出の削減及び歳入の増加を図るための必要な措置を講ずること。(附則第19条第2項関係)

 3 地方消費税率を引き上げる日を別に法律で定める際の確認対象となる経済指標として、名目及び実質の賃金上昇率及び完全失業率を加えるとともに、勘案事項として、歳出の削減及び歳入の増加の成果を加えること。(附則第19条第4項関係)

第三 施行期日等
1 この法律は、公布の日から施行すること。  (改正法附則第1条関係)

2 次に掲げる法律のうち、消費税率の引上げを踏まえ施行期日が定められている規定については、消費税率の引上げの実施日にかかわらず、当初の予定どおり施行すること。(改正法附則第3条から第5条まで関係)
① 公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律(平成24年法律第62号)

② 子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)

③ 年金生活者支援給付金の支給に関する法律(平成24年法律第102号)

3 その他所要の規定の整備を行うこと。
リンク先を見る
リンク先を見る

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  10. 10

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。