記事
  • 宋美玄
  • 2014年11月04日 08:09

週刊誌がひどい

立て続いて男性週刊誌が女性の健康についてむちゃくちゃなことを書く、ということが起こりました。
二つとも、おつきあいのある雑誌、よくお仕事をさせていただく出版社ですが、ここは名指しで書きたいと思います。

光文社FLASH がんは放置しろと言い続けている近藤誠医師が、子宮がん検診は意味がなくて子宮がんの治療もお金を儲けたいだけだと言っているもの

小学館週刊ポスト 産婦人科医の久保田医師が早期母子接触(俗に言うカンガルーケア)と完全母乳のせいで発達障害が増えていると言っているもの

前者に関しては完全に問題外の内容で、日本産婦人科学会から抗議が行くとききました。
後者については、赤ちゃんとお母さんほったらかし状態での早期母子接触が危険なこと、完全母乳にこだわるあまり赤ちゃんが低血糖になったりするケースがあることから、問題意識を持つこと自体は分かる部分もありますが、発達障害との関連に関しては論理が完全にむちゃくちゃで、煽っているだけの記事になっています。

両方とも、「医療界の巨悪と戦う孤高のヒーロー」みたいな書き方になってますが、単に一つの取材源から得られたものを裏を取らずに垂れ流してるだけ。編集者のリテラシーとモラルを疑います。しかも、その裏には同じ出版社から本を出版するのでそのプロモーションというからくりにもなっております。

いずれも、私の周囲の日々患者さんのために診療している医師や医療スタッフたちは激怒しています。
いつからか、「医者というものは本当は患者のためにならないことを行って金儲けをしている」という記事を書いてれば「ペンで巨悪と戦う」みたいになってるようですが、私たち、そんなお金だけで動きませんよ。なんでも金儲けにこじつけるあなたこそ、お金で動くんですねと言いたい。

ほんま、風邪に抗生剤を出している医者や、要求する患者でも叩いててくださいよ。

私は普段、あまりセンセーショナルじゃないかもしれないけれど、根拠のあることを、なるべく興味を持ってもらえるように情報発信をするという地味な努力を続けています。
子宮頸がん検診だって、内診への反発や偏見が強い中、なんとか女性に自分の健康を守ってもらおうと思って、啓発しています。

それを子宮がんの苦しさのなんたるかをおそらく全く知らない書き手によって、有害な情報を大媒体を使ってまき散らされたんじゃ、心も折れようと言うものです。

もう一度、雑誌に関わる人たちには目先の部数よりも、出版物の社会的使命をとは何かを問い直してほしいです。

あわせて読みたい

「マスメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  3. 3

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  4. 4

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  5. 5

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  9. 9

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。